ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    一日一食

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 一日一食 あとで読む
    水泳をやっていた頃は、余計な贅肉がなくて、逆三角形の筋肉質だった。
    近年は体重が増えて、メタボリック気味になっていたので、無駄な体脂肪を減らしたいと思っていた。

    ウォーキングやジョギング等、適度な運動をしても、体重はあまり変わらなかった。
    しかし、食事管理をして、一日一食にしてみたら、2ヶ月ほどで10キロやせた。
    ウエストも締まって、キツキツになっていたズボンが楽にはけるようになった。
    毎日体重計で体重を量っていたが、体重計に乗るのが楽しくなった。

    体重の増減は、体内へ入ってくる物質量と、体外へ出て行く物質量の総和で決まる。
    出て行く量が一定だったとしても、入ってくる量を減らせば、やせるのは当然であると言わざるを得ない。

    一日一食にしたら、栄養失調になるのではないか?とか、不健康になるのではないか?とか、死ぬんじゃないか?とか、心配する人もいるかもしれない。
    しかし、自分の実体験から言うならば、一日一食にしても、別に栄養失調になるわけでもないし、不健康になるわけでもないし、死ぬわけでもない。
    全然問題がないどころか、メリットがたくさんあることに気付いた。

    ●一日一食のメリット
    ・太らない=体が軽くなって、日々を軽快に過ごせる。
    ・食事の時間、食物について考えている時間を、他のことに使える。
    ・食後は眠くなるが、食わなければ鮮明な意識状態で仕事や勉強に取り組める。
    ・食費が減る。

    人は皆、糞尿製造機だ。
    メシを食えば、クソが出る。
    人間とはウンチの源~食欲に翻弄され、糞尿を垂れ流すだけの存在でしかないのか?
    =極端な言い方をすれば、ちょっと腹が減ったぐらいでガタガタ言う奴は、自ら「私はウンチです」と証しているようなもんだ。
    「人はパンのみに生きるにあらず」と喝破するぐらいの気概が欲しいものである。

    昔の江戸時代の日本人は、一日二食だったという。
    一日三食、四食、五食と過食気味の現代人は、カロリーオーバー~食い過ぎだと言えなくもない。
    生命維持、健康のためだと言いながら多食して、早死にしてれば世話はない。

    一日一食でOKな人々
    一日一食にするなんて、俺みたいな奇特な人間だけかと思ったら、一日一食の人は少なからずいるようだ。

    ドクター中松 一日一食主義

    ドクター中松のリボディ理論の二つの大きな柱の一つが、この一日一食主義です。
    「内臓への負担が減る」
    「食の質を上げながら、食費は減らすことができる」
    「トータルの摂取カロリーを減らせる」
    「時間を節約でき文化的活動を増やせる」
    などの理由で、一日一回夕食のみを食べることをおすすめしています。



    自分は今のところ、午前中に一食摂るようにしている。
    =1日の活動で使われるエネルギーを補給するというイメージである。
    食事の時間帯を午後にした場合、どうなるか実験してみようかな?

    石原結實さん1日1食で脱メタボ

    男女、年齢を問わず、ダイエット志向は高まる一方。
    とりわけ、“メタボリックシンドローム”が注目を集め、中高年男性のやせ願望も強い。
    長年、「食べない健康法」を提唱してきた医師、石原結實さん(59)は、「現代人は食べ過ぎ」と訴える―。

    ■「1日3食はバカなこと」
    東京都江東区にある、石原さんのクリニックを訪ねると、「ショウガ入り紅茶」を出された。
    やや濃いめにいれた紅茶に、おろしショウガが入る。添えられるのは白砂糖でなく、黒砂糖だ。

     「私が提唱することはまったく難しくありません。“1日1食”、これに尽きます。ただ、朝は低血糖になることもあるので、この黒糖入りの紅茶を勧めます。ショウガはほとんどの漢方薬に含まれ、体温を上げて、脂肪の燃焼にも効果があります」

    1日1食の“石原式”は、プチダイエットともいわれ、石原慎太郎都知事(75)や渡部昇一上智大学名誉教授(77)ら、政界、論壇をはじめ各界に石原医師の信奉者は数多い。

    減量するにあたり、酒は飲んでいいのか、サプリメントや健康食品などはどうなのか、聞きたいことは多くある。
    答えは明解だ。
    「やってみて調子が悪ければ、やめる。よければ続ければいい。要は自分の体に聞け、ということですよ」



    「半断食」健康法「半断食」健康法 
    (2004/10/21)
    石原 結實

    商品詳細を見る


    一日一食生活って問題ありますか?

    元ピンクレディーの未唯さんも1日1食だそうです。
    芸能人で一日一食で有名なのは京本政樹さんです



    事実上一日一食、しかも米を7年も食べてないらしい

    上杉謙信(長尾景虎)役のGacktさんがランクインしているのですが、
    ガクトさんの食生活は
    朝は野菜ジュースのみ、昼は抜き、米は7年間食べておらず、ラーメンは誕生日の時だけご褒美としてたべる!
    らしいです。



    ・一日一食にした最初の頃は、空腹感があったので、固形物ではない液状のスープを飲んだりした。
    ・空腹の反動=リバウンドで、逆に太ってしまうだけなら、少食にすることは価値がないと思う。
    ・リバウンドがなくて、自然に食事量を自己管理できるなら、一日一食でも問題ない。
    ・一日一食で平気な人は、二食、三食食べても平気だが、一日三食の人が一食になったら空腹感に苛まれる。=緊急災害時などで食事が摂れないとき、いつもガツガツ食ってる人はパニックに陥るだろう。

    少食は、断食よりも簡単で、誰にでも実践可能な単純なことだ。
    ダイエットに失敗している人は、とりあえず1ヶ月ほど一日一食をやってみたらいいと思う。
    何の努力もしなくても、確実に結果を出せるから、怠け者にはピッタリだ。

    一日一食断食減量道 (講談社プラスアルファ新書)一日一食断食減量道 (講談社プラスアルファ新書)
    (2002/11)
    加藤 寛一郎

    商品詳細を見る

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/260-904a49d4

    FC2Ad