ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    ゼロ・トレランス方式

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ゼロ・トレランス方式 あとで読む
    学校教育では「人間の性格は変えられない」ということだな。

    ゼロ・トレランス方式(Wikipedia)

    ゼロトレランス方式(ぜろとれらんすほうしき)とは、「割れ窓理論」に依拠して1990年代にアメリカで始まった教育方針の一つ。「zero」「tolerance(寛容)」の文字通り、生徒の自主性に任せる放任主義ではなく、不寛容を是とし細部まで罰則を定めそれに違反した場合は厳密に処分を行う方式。



    アメリカでは1970年代から学級崩壊が深刻化し、学校構内での銃の持込みや発砲事件、薬物汚染、飲酒、暴力、いじめ、性行為、学力低下や教師への反抗などの諸問題を生じた。その建て直しのための生徒指導上の様々な施策が行われてきたが、その中で最も実効の上がった方法がゼロトレランス方式だった。



    細部にわたり罰則を定め、違反した場合は速やかに例外なく厳密に罰を与えることで生徒自身の持つ責任を自覚させ、改善が見られない場合はオルタナティブスクール(問題児を集める教育施設)への転校や退学処分を科し善良な生徒の教育環境を保護。
    また「駄目なものは駄目」と教えることで、規則そのものや教師に対し尊敬の念を持たせ、ひいては国家や伝統に対する敬意や勧善懲悪の教えを学ばせた。



    1980年代以降に共和党、民主党の区別無く歴代大統領が標語として打ち出し、1990年台に本格的に導入が始まる。1994年にアメリカ連邦議会が各州に同方式の法案化を義務付け1997年にビル・クリントンが全米に導入を呼びかけ一気に広まった。この方式でアメリカの学校教育は劇的な改善を見せた。



    ゼロ・トレランス方式によって、人間はブロイラー工場の鶏と同じ扱いでOKになり、生徒指導が楽になると。

    日本の場合は、少年法の廃止=刑法の適用拡大とセットで実行しないと、罰則の持つ非行・犯罪の抑止力が伴わないのではないだろうか?

    ゼロ・トレランス方式の欠点は、
    ・人格の改善はない
    ・習慣性無力感を増加させる
    ことである。

    外国の教育方法を参考にすると、もう少し違った教育方法もあることが分かる。
    例えば、幼少からタルムードを学んでいるユダヤ人が優秀である理由を検討してみると面白いだろう。
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/25-c7981285

    ゼロ・トレランス方式について

    ゼロ・トレランス方式ゼロトレランス方式(ぜろとれらんすほうしき)とは、「割れ窓理論」に依拠して1990年代にアメリカ合衆国|アメリカで始まった教育方針の一つ。「zero」「tolerance(寛容)」の文字通り、生徒の自主性に任せる放任主義ではなく、不寛容を是とし細部まで

    FC2Ad