ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    反中国の包囲網

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 反中国の包囲網 あとで読む
    風が吹けば桶屋が儲かる。
    中国はもはや共産主義じゃなくても良いと思う人もいるのだろうか?

    ユダヤ人は五輪不参加を 米ユダヤ指導者ら声明発表へ

    2008.4.30 12:19

     米国のユダヤ人指導者らが30日に、中国によるチベットでの人権弾圧などを理由に、北京五輪をボイコットするよう、世界のユダヤ人選手らに呼び掛ける声明の発表を計画していることが29日、明らかになった。

     計175人が既に署名したという。中国による人権抑圧のほか、パレスチナのイスラム原理主義組織ハマスと中国との友好関係などもボイコット理由として挙げた。

     中心人物の1人によると、署名した人たちは、後にホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を行ったナチス・ドイツによる1936年のベルリン五輪と同様に、中国が五輪を(人権弾圧などの)事実から国際社会の目をそらす手段として使おうとしているとみている。(共同)



    【ユダヤ】全ユダヤ人は五輪不参加を~米ユダヤ指導者ら声明発表へ、チベット問題や中国のハマスとの友好関係等で[04/30]

    346 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/30(水) 16:24:27 ID:2GuYgLEZ
    中国と一番仲が良いのがユダヤ。今回の声明はフェイクだ。


    356 :∀ラスカル ◆xMeN8RBOyI :2008/04/30(水) 16:26:52 ID:SKkPEdVH
    >>346
    半分だけ正解。
    ユダヤ人と仲が良いのは在外華僑であって、本国人ではない。
    具体的に言うと、客家系とかのね。
    で、客家系が中共を見限るというのであれば、
    ユダヤ人もそれ以上肩入れする義理は無いわな。
    別に中共が滅んだところで、
    次の政権で支那大陸と友好な関係が築ければ問題は無いんだから。


    361 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/30(水) 16:29:21 ID:kJQmr2y+
    >>356
    在外華僑で既に中国の切り取りが完了してたりしてな.


    363 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/04/30(水) 16:30:56 ID:mkZNUM0Q
    >>356
    単に商売上での付き合いが深いというだけで、
    相手に将来性がないと判れば見限るのは商売人としては、
    そうおかしいことではないですよね。
    共倒れするなんて、愚かな選択は普通しない。



    軍需産業は戦争を欲していない - 週間オブイェクト

    軍需産業は戦争を欲していません、少なくとも対テロ戦争については。
    何故なら、兵器が売れなくなるからです。

    イラクやアフガンでの対テロ戦争は、大型正面装備(戦闘機や戦車などの高価な兵器)をあまり消耗しません。
    こういった形態の戦争では、軍需産業はまるで儲からないのです。
    最も儲けの幅が大きい、ハイテク大型兵器が必要とされないのですから。



    戦争の経済学戦争の経済学
    (2007/10/30)
    ポール・ポースト

    商品詳細を見る


    追記:こんなニュースもありました。

    米ユダヤ系有力者、北京五輪のボイコットを呼びかけ

    2008.5.1 10:52

    このニュースのトピックス:米国
     【ワシントン=山本秀也】全米ユダヤ人会議(AJC)のリチャード・ゴードン会長ら在米のユダヤ系有力者185人は4月30日、北京五輪のボイコットを世界のユダヤ人に呼びかける宣言を発表した。中国政府のチベット弾圧や、イラン、シリアなどとの緊密な関係を理由に「ユダヤ人はこうした政権のごまかしに手を貸すべきではない」と訴えており、中国には痛手となる。

     「中国の五輪は戒律にそぐわない」と題した宣言は、「ホロコースト(ユダヤ人虐殺)記念日」にあたる同日を選び公表された。ユダヤ系組織「デービッド・ワイマン・ホロコースト研究所」(ワシントン)が取りまとめにあたった。

     宣言は、ナチス体制下のドイツで開かれたベルリン五輪(1936年)が、「ユダヤ人への迫害から世界の目をそらす役割を果たした」と指摘。その上で、これと同様に、中国が五輪を利用して「内外での人権抑圧への注意をそらそうとしている」と非難した。

     具体的には、中国政府に関して、(1)ダルフール地方での住民虐殺問題を抱えるスーダン政府を支援(2)チベットでの抑圧(3)自国民の権利侵害(4)イラン、シリアへのミサイル供給(5)パレスチナのイスラム原理主義組織「ハマス」との友好関係-を挙げ、「世界のユダヤ人に北京五輪への参加中止を求める」と訴えた。

     全米ユダヤ人会議は、ローゼンブラット副会長らが4月28日に中国の周文重駐米大使と会談し、チベット、ダルフール問題などへの懸念を伝えていた。また、ワシントンのホロコースト記念博物館では、ベルリン五輪に関する特別展が4月下旬に始まるなど、在米ユダヤ人社会では、北京五輪に批判的な空気が強まっていた。

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/247-02a5023e

    FC2Ad