ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    言語グリッド

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 言語グリッド あとで読む
    機械翻訳の技術は、少しずつ進歩している。
    コンピューターで言葉の意味を扱うことは、まだまだ不完全である。
    それでも、辞書を引く手間を省く程度には役立っていると思う。

    世界中の人と日本語で話せる!?NICTが「言語グリッド」紹介:ITpro

    言葉の壁を越えるこんなサービスの実現に向けて、一つのプロジェクトが動いている。
    情報通信研究機構(NICT)の「言語グリッドプロジェクト」だ。

    言語グリッドは、世界中に存在するさまざまな技術やデータを共有し、多言語によるサービスを実現するための基盤ソフトウエアのこと。
    具体的には、機械翻訳エンジンや辞書、用例対訳(原文と、それを翻訳した文との組み合わせ)などの共有を目指す。

    ただいずれの発表でも指摘されたのが、現状では機械翻訳の精度に不足があること。
    不正確な訳文が表示され、かえって利用者が混乱する場面が見られることもあるという。



    シンポジウムでは、既に国内で稼働中のシステムも3種類報告された。
    NPO法人である多文化共生センターきょうとは、医療機関における外国人患者の支援システムを紹介。自分がどの受診科に行けばよいか、どんな手続きが必要かを案内してくれる受け付けシステムである。
    外国人の生徒が多く在籍する川崎市立富士見中学校は、多言語による会話システムをデモ。
    国籍を超えた子どもたちのコミュニケーションを支援するNPO法人パンゲアは、母国語の異なるスタッフ同士が、自動翻訳機能付きの掲示板を通じてコミュニケーションしている事例を発表した。
    医療、学校など特定の分野で使われる専門用語については、それぞれで辞書を作成し、活用しているという。



    NICT 独立行政法人 情報通信研究機構
    http://www.nict.go.jp/

    NICT 言語グリッドプロジェクト
    http://langrid.nict.go.jp/jp/project.html

    多文化共生センターきょうと - 言語グリッドを用いた国際交流・多文化共生”シンポジウム
    http://www2.nict.go.jp/pub/whatsnew/press/h19/080303/080303_2.html

    言語グリッドアソシエーション
    http://www.langrid.org/association/

    NPO法人パンゲア
    http://www.pangaean.org/

    自然言語処理ことはじめ―言葉を覚え会話のできるコンピュータ自然言語処理ことはじめ―言葉を覚え会話のできるコンピュータ
    (2004/06/12)
    荒木 健治

    商品詳細を見る

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/237-942c0700

    FC2Ad