ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    チベットクロックの設置方法

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - チベットクロックの設置方法 あとで読む
    チベットクロックというブログパーツがありました。
    これは、中国のチベット問題に関するニュース動画を表示するFlashファイルのようです。

    i-morley: 「Rave Tibet」投稿プログラム☆チベクロ!☆(Tibet Clock)

    MoriClockの設計者・粕谷さんがやってくれました。
    このクロックは「ローカル」にユーザーが動画コンテンツを登録して配信するという「お友達系」のブログツールなので、集中したネット負荷に耐えられません。
    そこで、スクリプトやフラッシュ・ファイルを開けられる皆様には、ご自分でコンテンツを設定していただくのが最適かと思っています。



    チベットクロックの設置方法を調べてみました。

    モリクロックWiki

    チベット版を公開しました。
    以下のURLでブログパーツとして貼り付け可能です。



    ●ソースコード
    <embed src="http://hosting.gmodules.com/ig/gadgets/file/107256187871513559733/clock.swf" FlashVars="sound_off=true&v_url=http://www.ibaraki-radio.net/cake/videos/getXMLData/tibet" loop="true" quality="high" bgcolor="#ffffff" width="160" height="120" align="center" type="application/x-shockwave-flash" pluginspage=" http://www.macromedia.com/jp/shockwave/download/index.cgi?P1_Prod_Version=ShockwaveFlash"></embed>

    ●ソースコードを貼り付けたもの


    なるほど、時刻表示がありますね。

    このFlashファイルのコード(ActionScript)は公開されていて、カスタマイズも可能なようです。
    開発版ソース一式 - モリクロックWiki

    次のリンクよりダウンロードしてください。
    http://www.ibaraki-radio.net/mori-clock/images/clock_proto.zip



    Save Tibet



    中国政府は、国内の情報統制を行い、インターネットも規制しているそうです。
    しかし、いくら中国政府でも、国外の情報統制まではできないですね。
    チベットクロックは、中国政府の情報統制を無力化する手段の一つになるのではないでしょうか?

    情報統制の壁を越えて漏れ聞こえるラサの悲鳴を聞け!①:イザ!

    ■今、ラサの友人とチャットしています。
    14日、街は中国系商店などが焼き討ちにあいました。
    この日の午後7時ごろ、娘熱路と2環路の交差点あたりで、衆人環視の中で3人のチベット族が撲殺されたそうです。
    誰に殺されたの?
    「そんな怖いこと聞かないで!私はここで生きていかねばならいの!」。
    パソコンに浮き出る英語の文章を見て、自分の愚かさを恥じました。
    恐怖を抑えながら、チャット必死で現地の様子を私に伝えてくれる彼女を、神様仏様、どうかお守りください。



    「中国のインターネット,法的,技術的な規制が広範に存在」,ONIの調査 :ITpro

    インターネットの規制に関する研究団体OpenNet Initiative(ONI)は,中国のインターネット規制について調査した結果を米国時間4月14日に発表した。それによると,中国は世界で最も広範で技術的にも高度なインターネット規制を展開しているという。

    監視する内容は,ポルノから宗教的話題,政治的見解の相違まで多岐に及んでおり,「中国政府が敏感になっているトピックでは,広範な規制が敷かれている」(ONI)という。例えば,中国市民が,台湾やチベットの独立,ダライ・ラマ,法輪功などに関するWebサイトへのアクセスを試みた場合,ブロックされることが多い。



    Filtering by Domestic Blog Providers in China - OpenNet Initiative: Bulletin 008

    Weblogs are a fast-growing and important component of Internet communication in China.
    The Chinese government has recognized this development by devoting increasing resources to controlling blogs: first by shutting down the three main blog providers, and then by forcing those providers to implement filtering software as a condition of offering their services.
    While relatively coarse, the filtering mechanism targets keywords related to content known to be sensitive to the government, such as the names of political leaders, terms related to the Tiananmen Square incident, and words used to discuss the banned Falun Gong movement.
    The blog filtering mechanism also demonstrates the multi-level Internet controls in China which extend from regulation of Internet access to limits on what content may be posted on-line.



    FLASH Video & Sound テクニカルガイド
    林 拓也
    毎日コミュニケーションズ
    2007-11-22
    ¥ 3,240


    Flash Video教科書―Flash Videoの基本から応用まで
    Tom Green / 永井 勝則 / 鈴木 元子
    ボーンデジタル
    2007-03
    ¥ 6,480

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/235-914d3e46

    FC2Ad