ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    中国の植民地政策

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 中国の植民地政策 あとで読む
    中国は、かつての日本による植民地政策(満州)を批判していると思うが、中国自身も植民地政策(チベット)を見直すべきではないか?

    ダライ・ラマ法王日本代表部事務所からのアピール/日本の皆さまへ

    2008年3月19日 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

    ご存知の通り、今チベットは重大な危機に直面しています。平和的デモの参加者が、銃や戦車で残虐に弾圧されています。中国当局は、大量のチベット人を逮捕拘束し続けています。今チベット全土は極度の緊張が続いています。
    中国当局は事態の沈静化を宣言しましたが、実際は事態はいまだに戒厳令下のような状況です。中国が外国メディアや外国監視団の現地立ち入りを禁止し、状況の把握を許可していないという事実自体がそのことを物語っています。

    中国当局は、「ダライ・ラマに扇動されて動乱が起きた」「ダライ・ラマが北京五輪のボイコットを呼びかけている」と繰り返し述べていますが、ダライ・ラマ法王やチベット亡命政府が北京五輪の開催に反対したことは一度もありません。この点は、ここで再度はっきりと申しあげたいと思います。
    オリンピックは、地上に生きるすべての人々の平和、自由、調和を象徴しています。我々は、このオリンピック精神が北京五輪で花開き、地球全体が平和に包まれるところをこの目で見たいと願っています。しかし、それを実現するには、一人一人がオリンピック精神にのっとって行動しなくてはなりません。

    ラサをはじめとする各地で行なわれたデモ行動は、北京五輪とはほとんど関係がありません。これは、長年抑圧されてきたチベット人全員の中に鬱積していた憤りや不満が一気に噴出して起きたものです。チベット人は、中国による植民地統治のもとで、現在に至るまで想像を絶する苦しみを強いられてきました。いくら中国側が、「チベットは発展し、チベット人は幸せになった」と述べ立てたところで、今回の事件は、中国の統治下におかれたチベット人は、まったく幸福ではない、というチベット人の明確なメッセージなのです。

    我々は、チベットの状況を深く憂慮しています。我々はこれまでも中国当局に対し、武力による解決を慎み、我々チベット亡命政府と話し合いによって双方の相違点を解決するよう要請してまいりました。
    我々は、国連や各国政府が事態の調停に乗り出すよう要望しております。

    私は苦しむチベット人全員を代表し、日本の皆様に手を合わせてお願いしたいと思います。どうか、中国当局が我々の誠実な気持ちを理解できるよう、また、現在のチベットの状況に国際的な基準とオリンピック精神にのっとって対応できるよう、日本の皆様のお力をお貸しください。

    皆さまのご理解とご支援に、心より感謝いたします。

    ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
    代表 ラクパ・ツォコ



    第二次世界大戦で日本が敗北したとき、日本を擁護してくれた国があったようだ。
    日本に手を差し伸べてくれた人がいたのと同様に、日本も困っている人に手を差し伸べるべきではないだろうか?

    第二次世界大戦で日本敗戦のときの裁判について

    サンフランシスコ講和条約会議でのスリランカ代表、J・R・ジャヤワルダナ蔵相の言葉です。
    「欧米の支配下から開放されることを望んで、日本の考え方に同調し協力した人もいる」と、暗に欧米の植民地支配を批判し、「我々は仏教徒であり、憎しみは憎しみによって終わることは無いという、仏陀の考えを遂行する。したがって、一切の賠償を日本に要求する事は無い」と発言しました。



    チベット・ラサを鎮圧した人民解放軍 : 週刊オブイェクト

    チベットのラサを武力鎮圧し多数の死傷者を出したこの事件で、中国当局は「人民解放軍は出動していない」と発表していますが、どう見ても虚偽の主張です。

    装甲車の側面と後部に新聞紙を貼ってあるのは非常に不自然で、解放軍のマーク(赤い星に黄色い縁取り、中央に八一の黄色文字)を隠しているのでしょう。



    ↓新聞紙を貼って、軍隊のマークを隠している写真(ロイター)
    人民解放軍の装甲車1


    ↓通常時の写真
    人民解放軍の装甲車2


    ↓武力鎮圧の現場(死体写真あり)
    17 March 2008 チベット人権民主化センター
    18 March 2008 チベット人権民主化センター

    在日中国人の方に、本国の状況について話を聞く機会があった。
    情報統制されていない分だけ、冷静に中国の長所と短所を分析していると思った。
    是々非々~中国人自身から見た中国は、やはり問題がないわけではないと。

    中国人自身も、ある意味大変だろうなと思う。
    チベットを植民地にしたいと思う中国人もいれば、そう思わない中国人だっているだろう。
    人口13億人の巨大な国家を運営するために生じた様々な歪みの軌道修正は、一個人の力では及ばない部分も多々あるのだろう。=焼け石に水
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/233-13edabf2

    FC2Ad