ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    現代のホロコースト=中国への対案

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 現代のホロコースト=中国への対案 あとで読む
    中国は、チベット人をたくさん殺している。
    一説によると、この50年間余りで、実に120万人以上のチベット人を殺してきたという。
    これはまさに、現代のホロコーストであると言わざるを得ないだろう。

    ステージで「チベット独立」叫んだ歌手ビョーク、当局激怒で法的手段に―中国

    今月2日に上海市で行われたコンサートで、ビョークはステージ上で中国当局から許可を得ていない楽曲「Declare Independence(独立宣言)」を歌い始め、突然「チベット!チベット!」と叫んだという。これには中国の聴衆も驚き、事件は瞬く間に内外に報道された。


    ビョーク


    速報!チベット騒乱をめぐり声明発表 - 長島昭久 WeBLOG 『翔ぶが如く』

    「チベット情勢の人道的解決を望む」
    今回のチベットにおける暴動は、49年間の中国によるチベット人権弾圧、文化破壊に遠因があるといわざるを得ない。
    これに対し、ダライ・ラマ法王とチベット人は、一貫して対話と非暴力によって問題を解決しようと努めてきた。
    外交的な駆け引きで、人権・人道という普遍的な価値観を譲るべきでない。
    このような事変の拡大に対し、…日ごろ「人権・人道」を叫んでいる同僚のリベラル議員諸氏が沈黙しているのは不可解である。



    チベット問題に厳しい視線を - かなろぐ

    現地情報では僧侶の逮捕者が500名、負傷者数1万人、死者500名を超えている勢いとも伝わってきています。

    そもそもチベット問題って何なのか?というと、1949年に中華人民共和国が建国され、毛沢東が「チベットを解放するぞ!」と宣言したのがチベットの終わりの始まりです。

    …中国軍の虐待行為によって死亡したチベット人は120万人にのぼるという資料も存在します。
    じゃぁ今はどうなんだ?というと、基本的には変わってません。

    男性が断種され、女性のほとんどが中国兵による強姦を経て妊娠させられていったケースを代表に、中国による民族浄化も進めており、またこれは教育現場においてもチベット人に対しチベット語の教育をせず、中国語を教えているような所からも垣間見ることが出来ます。



    ↓1988年3月チベットの都ラサのジョカン寺を襲撃した中国の兵士たちの模様


    ↓2006年、亡命しようとするチベット人たちを中国軍が射殺する模様を多くの登山者らが目撃


    痛いニュース(ノ∀`):【チベット大虐殺】 温首相 「ダライが『チベット独立放棄』し、『台湾を不可分の中国領土と認める』なら、対話してもいい」

    21 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/03/18(火) 20:06:46 ID:cRJv/Yol0
    台湾関係ねーだろ
    ダライラマが台湾に関してコメントできるはずもねーだろ


    320 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/03/18(火) 20:20:16 ID:1Pk32Fmf0
    すっげー!何、この究極の上から目線!世界の王様ですか?


    900 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/03/18(火) 20:39:30 ID:c+wHVQjL0
    これ、半世紀後には日本が言われてる台詞だよな。

    972 名前:名無しさん@八周年[sage] 投稿日:2008/03/18(火) 20:41:24 ID:kTFyuV5p0
    >>900
    いやいや10年以内だろ。



    なぜ、中国は国家侵略、大量殺人を行い、国際社会はそれを容認してきたのか?
    この問いの中に、人間のエゴイズムを観察する材料を得ることができるだろう。

    1.中国共産党によるチベット侵略
    チベット - Wikipedia

    チベットは、古代から独立国家であったが、1950年に中国人民解放軍による侵攻を受け、チベットは軍事制圧された。

    1955年 - 1959年に「中華人民共和国政府による併合」に抗議するチベット動乱が勃発し、武力弾圧の結果、十数万人のチベット難民が発生した。

    チベット独立の運動が中国各地で起きているが、大量鉱物(存在資源推定は6500億元、日本円にして10兆以上)の存在もあり中国はチベットの独立を認めていない。



    安価な製品を大量生産する中国にとって、チベットにある天然資源を手放すことはできないだろう。
    資源確保(石油)のために、ダルフール紛争で中国が武器を提供していたのと同じ理由だな。

    ダルフール紛争 - Wikipedia

    ダルフール紛争は、スーダン西部のダルフール地方で、スーダン政府に支援されたアラブ系による「ジャンジャウィード」と呼ばれる民兵と地域の非アラブ系住民との間に起きている民族紛争である。



    2.毛沢東の失敗
    マルクスが考えた共産主義の欠点は、人間の怠惰さに対する対策を用意できていないことである。
    いくら頑張って働いても報酬が同じなら、人間は努力をしなくなる。

    毛沢東は、マルクスの共産主義に独自のアイデアを加えて改良を試みた。
    しかし、毛沢東の共産主義も、その理想を実現することなく、結局中国に真の平等・平和はもたらされなかった。

    大躍進政策 - Wikipedia

    大躍進政策は、共産革命後の中華人民共和国にて、近代的な共産主義社会を作ることを目的に、1958年から1960年まで施行された農工業の大増産政策である。
    毛沢東は生産力理論に基づきこの政策を実施した。
    しかし、農村の現状を無視した強引な集団農場化や、農村での鉄鋼生産などを進めた結果、少なくとも2000万人といわれる餓死者を出し大失敗に終わった。



    毛沢東の失敗は、大躍進政策の結果を始めとして、枚挙にいとまがない。

    3.人類史上最悪の政治形態としての共産主義
    共産主義は、階級闘争という大義名分の下に、暴力・殺人を肯定してきた。
    唯物論は、死を単に生命体の物質的変形に過ぎないと定義して、命の価値を軽視しがちだろうか?
    共産主義が人々に平安をもたらす思想・運動でなかったことは、歴史を見れば容易に理解できる。
    レーニン、スターリン、毛沢東、ポルポト等の共産主義運動によって粛清された人数は、ゼロではないのだ。

    4.中国への対案
    現在進行形で行なわれている共産主義国家における大量殺人、それが中国のチベット問題だ。
    今の中国の統治方法を批判するなら、代案もセットで提示しなければいけないと思う。
    単に中国を誹謗中傷するだけは、中国に改善がもたらされないからだ。

    ・中国共産党政府は、まずチベットにおける武力行使をストップする。
    ・中国共産党政府は、チベット人と対話の機会を持つ。
    ・中国共産党政府は、原点に立ち返り、「民族自決権」を認める。

    チベット 民族自決権 - Wikipedia

    中国共産党は、発足当初、ソ連のコミンテルンの強い影響をうけ、「少数民族政策」としては、諸民族に対し、完全な民族自決権を承認していた。たとえば、中華ソビエト共和国の樹立を宣言した際には、その憲法(中華ソビエト共和国憲法)において、各「少数民族」に対し、それぞれ「民主自治邦」を設立し、「中華連邦」に自由に加盟し、または離脱する権利を有すると定めていた。

    しかしながら、国共内戦に勝利し1949年に中華人民共和国を設立した直前には、政治協商会議の「少数民族」委員たちに対し、「帝国主義からの分裂策動に対して付け入る隙を与えないため」に、「民族自決」を掲げないよう要請、さらに現在では、各「少数民族」とその居住地が「歴史的に不可分の中国の一部分」と支配に都合の良い立場に転じ、民族自決権の主張を「分裂主義」と称して徹底的な弾圧の対象にするようになっている。



    中国によるチベット侵略を肯定するということは、暴力・殺人は行なわれてもOKということを意味する。
    暴力・殺人が肯定されている間は、人類に平安はもたらされないだろう。

    「自分さえ良ければ他人はどうでもいい」という中国共産党政府の外交政策を反面教師として、人類共存に必要なものは何かを学ぶことができるだろうか?

    中国が世界をメチャクチャにする中国が世界をメチャクチャにする
    (2006/09/28)
    ジェームズ・キング

    商品詳細を見る

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/231-ffe2e643

    FC2Ad