ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    若者の精神病が増加

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 若者の精神病が増加 あとで読む
    今日本では、若者の精神病が増えているそうだ。
    苦悩を解決する術を持っていないからだろう。

    10代、増える精神科通院

     東京都品川区の戸越銀座商店街で5人が刃物で切り付けられた事件で、殺人未遂の現行犯で逮捕された同区の私立高校2年の少年(16)は数年前から精神科に通院していたという。10代の若者が精神科に掛かる数は増えている。「精神科の敷居が低くなってきている」と愛知淑徳大の古井景(ひかり)教授(精神医学)は説明する。

     多くの子供たちが鬱(うつ)状態にあるというデータもある。北大の研究チームが昨年、小4~中1の738人を診断したところ、軽症も含め鬱病と診断されたのは全体の3・1%。“有病率”は中学1年では実に10・7%に達した。

     古井教授は「本来、精神科は脳の問題で薬を使うことが中心。鬱病の薬を出しておしまいということもありうる」と、悩みの“抜本解決”につながらない可能性も指摘している。



    小4~中1の鬱病「4%」も 北大調査

     北海道大研究チームの調査で、小学4年~中学1年の一般児童・生徒738人に、鬱病と躁鬱(そううつ)病の有病率が計4.2%に上ったことが8日、分かった。医師が面接する大規模な疫学調査は国内初という。研究チームの伝田健三・北大大学院准教授(精神医学)は「有病率がこれほど高いとは驚きだ。これまで子供の鬱は見過ごされてきたが、自殺との関係も深く、対策を真剣に考えていく必要がある」としている。

     調査は今年4~9月に北海道内の小学校8校、中学校2校にそれぞれ4~6人の精神科医が出向き問診、診断した。それによると、軽症のものも含め鬱病と診断されたのは全体の3.1%、躁鬱病が1.1%。学年別にみると小学4年で1.6%、同5年2.1%、同6年4.2%と学年が上がるほど割合が高くなり、中学1年では10.7%だった。

     これとは別に高機能自閉症などの「高機能広汎性発達障害」や、注意欠陥多動性障害(ADHD)が疑われたケースが2.6%あったが、日常生活や発達歴に関する情報がないため明確な診断には至らなかった。



    ノーベル賞受賞者を多数輩出してきたユダヤ教の教育方法を参考にすると、子供たちの精神的苦悩、発達障害をある程度緩和できるかもしれない。

    子どもが伸びるユダヤ式教育子どもが伸びるユダヤ式教育
    (2000/07)
    アシェル ナイム

    商品詳細を見る


    ユダヤ人が語った親バカ教育のレシピユダヤ人が語った親バカ教育のレシピ
    (2006/03)
    アンドリュー・J. サター、ユキコ サター 他

    商品詳細を見る
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/227-61c45bd4

    FC2Ad