ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    学習性無力感 (Learned Helplessness)

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 学習性無力感 (Learned Helplessness) あとで読む
    「やる気のなさ」の原因として、「学習性無力感」という考え方があるそうです。

    学習性無力感

    “学習性無力感”とは、米国心理学者M.セリグマン(1943~)によって発見されたユニークな心理理論


    自分でコントロールできない避けがたい出来事を多く体験すると、無力感を学習し、無抵抗なうつ状態になる



    自分ではどうにもならない状況を何度も経験すると、あきらめによって怠惰、無気力になっちゃうんですね。

    では、やる気を出させるにはどうしたらよいのでしょうか?

    やるき

    叱ることで何かをさせることよりも、誉めてあげることで何かをさせる


    自分は「できる」のだという感覚を持つことも「やる気」につながります。この「自分はできる」という感覚を心理学では自己効力感(self-efficacy)と言います。これは、成功経験を体験したり、失敗してもそこから何かを学んで、今度同じことをするときに失敗しないようにその体験を役立て、成功することで高まるでしょう。



    ・誉めること
    ・自信を培うこと
    自分を自分で応援する~誉めて鼓舞すれば、やる気は回復できると。

    学習性無力感―パーソナル・コントロールの時代をひらく理論 学習性無力感―パーソナル・コントロールの時代をひらく理論
    C.ピーターソン、S.F.マイヤー 他 (2000/07)
    二瓶社
    この商品の詳細を見る

    まめこぞうの歌さんのブログに「前向きに」というエントリーがあった。

    ちょっとやる気でてる。
    やってみよう。
    失敗しても、
    今、ちょっと
    がんばってみよう。



    ちりも積もれば山となる。
    ほんのちょっとしたことをやることで、はずみ車が動き出すんだなー。
    関連記事

    コメント

    叱るよりも誉めること

    はじめまして、TBありがとうございます。叱るよりも誉めることって大切ですよね。影は、目立つからつつきたくなるけど、輝く側面のほうがたいていの場合多いと思うんです。人の素晴らしい側面を延ばして行けたらそれだけで世の中はずいぶん変わるような気がします。

    >tedukaさん
    コメントどうもありがとうございます!
    そうですね。
    まずは長所を伸ばすことを考えて、次に欠点を改善するという順番の方が、良好な結果が出るかもしれないですね☆
    \(^o^)/

    トラックバックありがとうございます

    「叱ることで何かをさせることよりも、誉めてあげることで何かをさせる」

    まさに。私です!!!
    叱られると駄目駄目になっちゃいます。
    部活とかは叱られた方が燃えてたけどね。

    やっぱり、人は自分を認めてもらえることで「やる気」や「生きる力」がわいてくるんだと思います。

    >かおりんさん
    プライド、自尊心とその裏返しである卑屈さ。
    (プライドが満たせないと、卑屈になる)
    傍から見たら、少し傲慢に見えるくらいでちょうどいい=積極的に活動できるのかもしれませんね~☆><

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/22-bef5bd5e

    FC2Ad