ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    寛容さを持つ

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 寛容さを持つ あとで読む
    寛容さを培うと、殺伐とした精神状態から解放され、日々を良い気分で過ごせるようになる。

    ・ケチな人は、他人に対する寛容さが少ない。
    ・太っ腹な人は、他人に対する寛容さが多い。

    ケチケチしないで、いつでもサッと他人に施せる人間になろう。

    「お客様のドリンク代は前のお客様が」「じゃあ、私も次の人の分を」の繰り返しで350人余りが“おごり合い”リレー

    米国ワシントン州メリーズビルで、スターバックス店のドライブスルー窓口を利用した女性が店員のマイケル・スミスさんに代金を余分に渡したのは、12月19日の午前8時ごろのことだった。彼女は「後ろの人の飲み物代を払っておくわ」と言い残すと、ハンドルを握り颯爽と去って行った。

    次の客が運転席の窓ガラスを下ろして注文を告げると、スミスさんは「お客様の飲み物代金は、前のお客様がお支払いになりました」と説明した。すると、その客は「え、知らない人がおごってくれたの? じゃあ私も次の順番の人の分を払っておきますよ」と反応する。

    これが350人以上にも及ぶ“おごり合いリレー”の始まりだった。



    「凄い話ですよ」デイビスさんは言う。「こういう計らいをわかる人がまだたくさんいるんだとわかって、すがすがしい気分になりました



    非ゼロ和 - Wikipedia

    非ゼロ和とは、複数の人が相互に影響しあう状況の中で、ある1人の利益が、必ずしも他の誰かの損失にならないこと、またはその状況を言う。

    この点が、ある人が勝つと他の誰かが必ず負けるというゼロ和とは異なる。
    非ゼロ和的状況は、獲得しようとする対象が、固定的でない、もしくは限定的でない場合に起きる。
    その状況の参加者の間で、資源を分配しあうというよりは、資源を蓄積していく状況に当てはまり、そこでは、ある人が利益を得たことと独立して、他の人も利益を得ることができる。



    理解できない他者と理解されない自己―寛容の社会理論理解できない他者と理解されない自己―寛容の社会理論
    (2001/03)
    数土 直紀

    商品詳細を見る

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/219-05e23cb7

    FC2Ad