ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    6次の隔たり / 浜村拓夫

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 6次の隔たり / 浜村拓夫 あとで読む
    Six Degrees of Separation 狭い世界,6次の隔たり

     6人の知人の連鎖を介せば世界中のどんな人にもたどり着けるという理論。もとは,心理学者 Stanley Milgram 博士が唱えた,"米国民全員は,6人程度の知人の連鎖を介してつながっているという"説。これから,ネットワーク効果という科学分野が生まれた。

     イェール大学の故 Stanley Milgram 博士(社会学者)が1967年に行なった実験から生まれた。博士は全米から無作為に選んだ300人に対し,彼らが直接知らない受取人に重要な手紙を送るよう指示。送り主に人々には,受取人のおおまかな居場所や職業といった手がかりが与えられ,彼らはそをもとに,目当ての受取人に「より近い」かもしれないと思われる誰かに手紙を転送するよう指示され,最終的な受取人に手紙が届くまで,これが繰り返された。この結果を Milgram 博士はサイコロジー・トゥデイ誌に発表,平均約6人を介して手紙が目当ての受取人に届けられたと報告。ここから Six Degrees of Separation という考え方が生まれた。






    六次の隔たり - Wikipedia

    Six Degrees of Separation『6次の隔たり』は本当か? ― 6人の知人を介せば世界中のどんな人にもたどり着ける(スタンレー・ミルグラム)
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/2-34477bc3

    FC2Ad