ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    PM あと9日 維摩居士の勘違い

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - PM あと9日 維摩居士の勘違い あとで読む
    10月21日(日)の情報処理技術者試験まであと9日です。
    まだずっと先のことだと思っていることでも、確実にその時はやって来ます。

    ●なりたい自分になる
    人間は役者ではない。
    本当に苦しいときは、自分の意識を感情から切り離して、行動することが難しい。

    余裕があるときなら、本音と建前を分けて振舞うことができる。
    演技を継続して、新たな習慣を身に付けることができたら、偽物でも本物になることができる。

    時間をかけて、繰り返すこと。
    継続は力なり。

    聖書の教えを全て守って一年間を過ごすと… | Lifehacking.jp

    この人の経験は煎じ詰めれば「自分がなりたい人物像があるなら、まるでその人になったフリをすれば、じきにフリが本物になる」ということを教えてくれています。

    仕事ができるようになりたい?
    それなら、自分が思い描く仕事ができる人になぞらえて行動し、服装を整え、言葉遣いを変えて毎日を過ごしてみます。
    すると形式が思考に影響をして、次第に自分が思い描く方向へと近づいていきます。

    内気な性格を変えてみたい?
    それなら、自分から話しかける人、周囲に好かれる人をイメージして、毎日一つずつ、そのイメージにそった行動をとってみます。
    以前までは無理だと思っていたことが、次第に可能の領域に入ってきます。

    この記事を読んでいると、人生は壮大な実験場という気がしてきます。
    イメージでは、大人になって人生の形が固まってくるともう、あまり自分自身を変化できないのかと思いがちですが、ぜんぜん甘かったですね。
    私もここまでラディカルではないにせよ、より面白い方向に人生をハックしてみたいと思います。



    セルフイメージの書き換えができるのはなぜか?
    結論から言えば、「プルシャ」(真我)と「プラクリティ」(自性)が分離可能な仕組みとして存在しているからではないでしょうか?

    The Year of Living Biblically: One Man's Humble Quest to Follow the Bible as Literally as Possible
    A. J. Jacobs
    Simon & Schuster
    2008-09-09
    1392円


    聖書男(バイブルマン)  現代NYで 「聖書の教え」を忠実に守ってみた1年間日記
    A.J.ジェイコブズ
    阪急コミュニケーションズ
    2011-08-31
    2730円



    ●勘違いの典型的パターン
    考え方を変えれば、すぐに自分を変えることができるのでしょうか?

    ドクター苫米地の新・福音書――禁断の自己改造プログラム
    苫米地 英人
    講談社
    2007-07-24
    1470円

    人間一人ひとりの認知のない宇宙は存在し得ません。
    ですから当然の帰結として、一人ひとりの一瞬の価値と全宇宙の価値はまったく同じということが言えます。
    人間の価値に順位はないということです。
    やるべきことは簡単です。
    システムSの論理の系の外側に出ればいいのです。



    記号論理学 - システムS(自己言及と不完全性定理)

    自分を変えることが簡単なら、どんなものにでも変身できますか?
    それは無理ですね。
    なぜでしょうか?

    人間の経験の構成は有限ですが、その根っこは非常に膨大な情報量があります。
    セルフイメージの書き換えって言っても、実際には膨大な経験の構成のほんの一部分をいじくっているだけなんじゃないでしょうか?
    ま、努力はゼロじゃないので全くの無駄だとは言わないけれど。

    維摩居士の話や親鸞と同じような勘違いをしていると。
    =思うだけで、もう自分は変身できるんだ!という勘違い。
    =自分にとって都合の良いところしか見ない。

    誰しも自分を変えたいと思うに至る不満を持っているのでしょうが、もう少し落ち着いてじっくり考えてみたいものです。
    日本人はインスタントに慣れすぎているというか、せっかちなのかな?

    怠惰な人は、「すぐにできる」とか「簡単」というキャッチフレーズに飛びつきがちなので注意した方がいいでしょう。
    人は自分のやったことしか受け取れないようにできています。
    楽して結果だけを得たいと思うのは、単なるないものねだりですね!
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/177-f9228608

    FC2Ad