ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    PM あと26日 油を注がれた者

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - PM あと26日 油を注がれた者 あとで読む
    10月21日(日)の情報処理技術者試験まであと26日です。
    まだずっと先のことだと思っていることでも、確実にその時はやって来ます。

    ●軍隊
    十字軍遠征における成功と失敗は、その後のキリスト教の改善活動にフィードバックされた。

    十字軍

    十字軍(じゅうじぐん、ラテン語croisade[クルセード])とは、中世に西ヨーロッパのキリスト教、主にカトリック諸国が、聖地エルサレムをイスラム教諸国から奪還することを目的に派遣した遠征軍のことである。
    1096年から約200年間に渡って行われた。
    当時の西欧のカトリック諸国側から見れば義軍で、その戦闘は聖戦であるとされたが、実際にはイスラム諸国や同じキリスト教である東方正教会諸国に攻め込んだ侵略軍である点に留意する必要がある。
    十字軍は、東方の文物が西ヨーロッパに到来するきっかけともなり、これ以降盛んになる東西の流通は、後のルネサンスの時代を準備することにもなった。



    テンプル騎士団

    テンプル騎士団は中世ヨーロッパで活躍した騎士修道会。
    創設は1096年の第1回十字軍の終了後であり、ヨーロッパ人によって確保されたエルサレムへの巡礼に向かう人々を保護するために設立された。
    テンプル騎士団の最大の特徴は、構成員が修道士であると同時に戦士であったということにある。
    ヨーロッパ全域に広がったテンプル騎士団は聖地がイスラム教徒の手に奪い返されて本来の目的を失った後も活動し続けたが、1300年代初頭にフランス王フィリップ4世の陰謀によって壊滅させられ、禁止となった。
    資産の没収を終えると、フィリップ4世は口封じのために1314年、投獄されていた四人の指導者たちの処刑を指示。
    ジャック・ド・モレーら最高指導者たちはシテ島の刑場で生きたまま火あぶりにされた。



    フリーメイソン

    フリーメイソン(英:Freemason)とは、会員同士の親睦を目的とした友愛団体。

    起源
    2.テンプル騎士団説
    1118年、聖地エルサレムへの巡礼者の保護を目的としてフランスで結成されたテンプル騎士団の生き残りが建てた組織と言われている。
    元々の設立メンバーは9人の騎士だが、貿易や金融業で莫大な富と権力を有し、巨大組織となった。
    しかし14世紀、当時のフランス王フィリップ4世の奸計により壊滅状態に追い込まれ、スコットランドに逃げ延びた騎士達がその地で新たに作った組織がフリーメイソンリーになったという説もある。



    キリスト

    キリストとは救世主を意味し、基督、クリスト、ハリストス、クライストとも表記する。
    ヘブライ語のメシア(「油を注がれたもの」の意。古代イスラエルにおいては、王や祭司などの即位に際して頭から油を注ぐ儀式があった。)のギリシア語訳 Χριστος (christos)(クリストス)から。
    ナザレのイエスをキリストと信ずる宗教がイエス・キリスト教である。



    頭に油を注がれたというのは、祝福されているという意味である。
    民に受け入れられた王は、民を守護するための力を与えられる。
    従って、キリストとは軍人でもあるのだ。
    (古代イスラエルに生きているわけではない現代の日本人にとって、キリストが軍人であることに違和感を覚えるかもしれない。日本人の場合、仏教でいうところの武人灌頂王がキリストに相当すると言えば多少馴染みやすいだろうか。)

    ●代理人
    キリスト教会は、「天」に財を蓄えるのではなく、「地上」に財を蓄えるようになった。
    天から地上への堕落。
    財を貢いでも安らぎを得られない人々は不満を抱いた。

    祈るだけ=依存では、人間は幸福になれない」と。

    そして、キリストの再臨をただ待つだけではなく、キリストを迎え入れる環境を用意しておき、キリストが不在の間は統治の代行も行なうという必要性が生じた。
    この大義名分に取り組む者と、自分の利益のために利用する者が現われ、両者は別々の道を歩みだした。

    New World Order(新世界秩序)

    ・New world order, period of history evidencing a dramatic change in world political thought and the balance of power
    ・New World Order (conspiracy), conspiracy theory in which a group is conspiring to rule the world via world government
    ・Novus Ordo Seclorum, motto on the reverse of the Great Seal of the United States often mistranslated as "New World Order," but actually Latin for "New Order of the Ages"



    ・世界の政治思考の劇的な変化および勢力の均衡を立証する歴史の期間
    ・あるグループが世界の政府によって世界を支配することを共謀している陰謀理論
    ・「New World Order」としてしばしば誤訳されるアメリカ合衆国の国璽尚書の裏面にあるモットー、実際には「時代の新しい勲位」という意味のラテン語



    過去いろいろな人が、人間の営みの改善に取り組んできた。
    「自分が変わらなければ、いくら外側をいじっても、人間は幸せになれない」ように出来ている。

    (参考)物欲は人生の重荷 - 浜村拓夫の世界

    幸福度を示す一指標として、「満足度=物質/欲望」という式がある。
    分母は求めているもの、分子は得られたものである。


    全体は部分から成る。
    歴史を変えること、社会を変えることは、それらを構成する最小単位において、自分を変えることに帰着する。

    十字軍騎士団 (講談社学術文庫 (1129))十字軍騎士団 (講談社学術文庫 (1129))
    橋口 倫介

    講談社 1994-06-06
    売り上げランキング : 107897

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/160-35710e4a

    FC2Ad