ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    Googleの個人情報収集の手口

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Googleの個人情報収集の手口 あとで読む
    GoogleのGmailを使っていて、「なるほど、こうやって個人情報を収集しているのか!」と感心しました。

    ・いつもログインしている端末が、ある日突然ログインできなくなります。
    ・そして「ログインしたければ、個人情報を入力しなさい」というメッセージが表示されます。

    本人であることの確認
    この端末は認識されていません。セキュリティ保護のため、Google では本人であることを確認する必要があります。



    Gmailログイン拒否の警告メッセージ

    しかし、今ログインしようとしているのは、他人ではなく本人なので、Googleのこの警告は100%間違いであることが分かります。
    (本人なので)

    Googleが「セキュリティー保護のため」と称して、
    (1) ユーザーのアクセス制御を行なっているアルゴリズムが稚拙であるか、
    (2) 稚拙であるように見せかけて実は個人情報を取得する手段として利用している
    ということが読み取れます。

    Googleは秀才エンジニアの集団なので、(1)を改善するのは容易でしょう。
    …となると、残る可能性としては(2)が濃厚であると予想されます。

    「本人であることの確認 この端末は認識されていません。セキュリティ保護のため、Google では本人であることを確認する必要があります。」で検索すると、多数の参考情報がヒットするので、他の人も同様の状況に出くわしていることが分かります。

    Googleのユーザー誤認識に対する一時的な対処方法も紹介されていました。

    PCからgmailにログインできなくなった:首に鈴をつけられるのは御免です:So-netブログ

    アカウントを作成した日にちを聞いてきて、
    別のアドレスにセキュリティコードを送信する様にしてくれた。

    セキュリティコードが届くので、それを入力して。
    やっとこさーでログイン可能になったとさ。

    結局、パスワードの再設定と言う・・・・・・
    面倒な事件になった(;´д`)トホホ

    しかも、パスワードを忘れた事になっている!!!



    とりあえず、アカウントを作成した年月で本人確認として、パスワードを再作成すると、ログインできるようになっているようです。
    (面倒くさいですね?)

    Googleのサービスは便利だけど、無料なので多くを求めることは不可能でした。

    スノーデン氏の指摘で分かる通り、NSA(アメリカ国家安全保障局)は、各種ネットサービスの情報を収集しています。

    スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
    エドワード・スノーデン
    集英社
    2017-04-14


    しかし、NSAが個人情報収集のために、ユーザーの利便性を制約してしまうのでは、筋が悪いと言えます。=出しゃばり。
    NSAが勝手にユーザー情報を収集しているだけなら、ユーザー側は気づかないのでスルーするけど、ユーザーが気付くような現象が伴うと、NSAに対する警戒心や不満が募るため、NSAにとっても不利益となります。

    今回の教訓:Googleへの依存度を下げる
    最終的にはGoogleなしでネットライフを送れるようにしたいです。

    とりあえず、Gmailは転送設定にして、メインで使うのは止めることに決定しました。
    (今までGmailでやりとりしていた人から、まだGmail宛にメールが届く可能性があるので、すぐの全廃は難しい)

    Google検索は、Torネットワーク経由で利用して、クライアントの位置情報を渡さないようにできるかな?

    Tor - Wikipedia
    匿名通信「Tor」はどういう仕組みなのか分かりやすく解説 - GIGAZINE

    要は、Googleに本物の個人情報を渡さず、ダミーデータを送ればOKでしょうか?
    関連記事

    コメント

    そこまでやるなら使わないのがいい

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1474-2dae3719

    FC2Ad