ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    FileCapsule Deluxe Portableの使い方(まとめ)

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - FileCapsule Deluxe Portableの使い方(まとめ) あとで読む
    「FileCapsule」というWindows用の公開鍵暗号のツールがありました。
    FileCapsule Deluxe Portableの使い方 - 浜村拓夫の世界

    FileCapsuleの使い方をまとめてみます。

    ダウンロード


    無料配布しているサイトから、インストーラーをダウンロードします。

    「FileCapsule Deluxe」公開鍵・共通鍵方式に対応した高機能なファイル暗号化ソフト - 窓の杜ライブラリ
    「FileCapsule Deluxe」 - 窓の杜ライブラリ

    ダウンロードして得られたZIPファイル「filecapsule_portable2010.zip」を解凍します。

    解凍すると、「filecapsule_portable2010」というフォルダが出てきます。

    この中に、「32ビット版」と「64ビット版」があるので、自分が使っているWindowsに合わせて選びます。
    (以下の説明では、64ビット版のWindowsで、64ビット版のFileCapsuleを使ってみます。)




    鍵を作成


    まず最初に、自分用の鍵を作ります。

    (1) FileCapsuleを起動して、「公開鍵暗号キージェネレーターを起動」ボタンをクリックします。(右から2番目のボタン)
    FileCapsule 公開鍵暗号キージェネレーター

    (2) 「公開鍵暗号キージェネレーター」が起動したら、「生成」ボタンをクリックします。
    FileCapsule 公開鍵暗号キージェネレーター

    (3) 作った鍵を保存するフォルダを選びます。ここでは「key_20180119」というフォルダ名を入力してみました。
    FileCapsule 鍵ファイルの保存先

    (4) エラーメッセージが出た場合
    FileCapsule 保存先フォルダーがない場合のエラーメッセージ
    先ほど指定した保存先フォルダー「key_20180119」がない場合、エラーメッセージが出ます。

    まだ「key_20180119」フォルダーがない場合は、手動でフォルダーを作成しておきます。
    FileCapsule 保存先フォルダーを作成

    (5) 鍵の作成が完了
    保存先フォルダーを確認して、再び鍵を生成すると、鍵が自動的に作成されます。
    FileCapsule 鍵の作成完了

    (6) 鍵の確認
    保存先フォルダーの中に、「公開鍵」と「秘密鍵」の2つが出来ていることを確認します。
    FileCapsule 鍵の確認

    (例)「key_20180119」フォルダーの中に、以下のようなファイルがあればOK。
    「公開鍵_01192018_174122.fcxu」
    「秘密鍵_01192018_174122.fcxr」




    鍵の使い方


    「公開鍵」 → 名前の通り、公開してOKな鍵です。他人に渡して、使ってもらいます。
    「秘密鍵」 → 名前の通り、秘密にしておく鍵です。公開してはダメな鍵です。自分だけが持っておく、秘密の鍵となります。

    「公開鍵」と「秘密鍵」は、この2つで1組のペアになっています。




    暗号通信のやり方


    私(自分)とAさん(相手)の間で、暗号通信をやる例を挙げてみます。

    (1) 公開鍵の提供
    私は、自分の公開鍵をAさんに送ります。(メールに添付してOK)
    私は、AさんからAさんの公開鍵をもらいます。(メールで送ってもらってOK)




    私からAさんに暗号データを送る場合:

    私が、「test.txt」というファイルを暗号化して、Aさんに送る場合:

    (1) FileCapsuleを起動して、FileCapsuleに「test.txt」をドラッグ&ドロップする。
    FileCapsule 暗号化するファイルの選択

    「次へ」ボタンをクリックします。

    (2) 「公開鍵を用いて暗号化」を選択して、「次へ」ボタンをクリックします。
    FileCapsule 「公開鍵を用いて暗号化」を選択

    (3) Aさん(相手)からもらった、Aさんの公開鍵を指定します。
    FileCapsule 鍵の追加
    「鍵の追加」ボタンをクリックします。

    FileCapsule 相手の公開鍵を指定
    Aさん(相手)の公開鍵を選択して、「追加」ボタンをクリックします。

    (4) ファイルの暗号化処理
    「処理開始」ボタンをクリックします。
    FileCapsule ファイルの暗号化処理開始

    暗号化が完了すると、「test.txt.fcxe」というファイルが生成されます。

    (5) 暗号化されたファイルをAさん(相手)に送る。
    「test.txt.fcxe」という暗号化ファイルをAさんに送ればOKです。




    暗号化ファイルの復号化(暗号の解除):

    私が作成した「test.txt.fcxe」という暗号化ファイルを、相手であるAさんがメールで受け取りました。
    Aさんが、これを復号化(暗号を解除して、元のファイルに戻す)をやる場合は、以下の手順になります。

    (1) FileCapsuleを起動して、暗号化されたファイル「test.txt.fcxe」をドラッグ&ドロップします。
    FileCapsule 暗号化されたファイルをドラッグ&ドロップ
    「次へ」ボタンをクリックします。

    (2) 「ファイルの復号」を選択します。
    FileCapsule 「ファイルの復号」を選択
    「次へ」ボタンをクリックします。

    (3) 秘密鍵を選択します。
    FileCapsule 秘密鍵の指定
    「選択」ボタンをクリックします。

    (4) 秘密鍵ファイルを指定
    Aさんの公開鍵とペアになっているAさんの秘密鍵ファイルを選択して、「この鍵を選択」ボタンをクリックします。
    FileCapsule 秘密鍵ファイルを選択

    (5) 復号化の開始
    秘密鍵が選択されたら、「処理開始」ボタンをクリックします。
    FileCapsule 復号化の開始

    (6) 復号化の完了
    暗号化ファイルを復号化できたら、「test.txt」というフォルダーが出てきます。
    このフォルダーの中に「test.txt」という元に戻ったファイルがあります。

    これで復号化は成功しました。




    注意点

    - 公開鍵と秘密鍵は、作成した時点でペアになっているので、別々の組合せで使うと機能しません。
    - 相手に渡した公開鍵と、自分が保持している秘密鍵は、セットにして暗号化→復号化に使います。

    もしも、秘密鍵を紛失してしまったら、新たに公開鍵+秘密鍵のペアを作成して、相手に新しい公開鍵を送ります。
    新しい公開鍵で暗号化してもらったら、新しい秘密鍵で復号化すればOKです。

    以上、FileCapsuleの使い方まとめでした。

    鍵の管理


    公開鍵と秘密鍵を保存したフォルダーは、念のため、別のツールを使って、暗号化して保存しておくと良いでしょう。

    Windows用の簡易な暗号化ツール(共通鍵方式)なら、「アタッシュケース」というフリーソフトがあります。

    「アタッシェケース」定番のファイル暗号化ソフト - 窓の杜ライブラリ

    アタッシェケース#3 | HiBARA Software
    このページから、「ダウンロード(正式版 Ver.3)」→「ZIPファイル atcs3230.zip」をダウンロードします。
    ZIPファイルを解凍すると、アタッシュケースのポータブル版(USBメモリ等に入れて使えるバージョン)が利用できます。

    アタッシュケースは、共通鍵方式の暗号化ツールなので、鍵(パスワード)は、自分で作成した1個しかありません。

    最近、インターネットやWebサービスで、個人情報の漏えい事故が多発しています。
    データは、常に暗号化して保存、交換しておくのが無難と思われます。
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1462-ac8d0605

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。