ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    FileCapsule Deluxe Portableの使い方

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - FileCapsule Deluxe Portableの使い方 あとで読む
    昨今、仮想通貨などブロックチェーンを利用したサービスが拡大しつつあります。
    公開鍵方式の暗号化は、改ざん防止などの目的で不可欠な技術です。
    暗号化を手軽に行えるツールについてまとめてみました。

    ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか
    ドン・タプスコット
    ダイヤモンド社
    2016-12-02


    ●FileCapsule Deluxe Portable


    暗号化ツールの定番であった「PGP」は、無料ソフトが多々ありましたが、最近は更新が停滞しているようです。
    同様の機能を持つ無料ソフトを調べたところ、Windows用「FileCapsule」というソフトがありました。

    ・公式サイト
    ON ERROR RESUME NEXT

    FileCapsule Deluxe Portable - Wikipedia

    FileCapsule Deluxe Portable(ファイルカプセル デラックス ポータブル)とは、コンピュータ上に保存されたファイルやフォルダを暗号化するためのソフトウエア。複数のファイルやフォルダが含まれた暗号化ファイルを作成することができる。暗号化を行うための方式として、共通鍵暗号と公開鍵暗号が利用できる。



    「FileCapsule Deluxe」公開鍵・共通鍵方式に対応した高機能なファイル暗号化ソフト - 窓の杜ライブラリ

    公開鍵・共通鍵方式に対応した高機能なファイル暗号化ソフト
    FileCapsule Deluxe Portable



    以下、FileCapsuleの使い方について、まとめます。

    ●FileCapsuleのダウンロード


    Vectorなどでインストーラーが配布されていました。

    FileCapsule Deluxe Portableの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

    緑色の「ダウンロードページへ」ボタンをクリックします。

    緑色の「このソフトを今すぐダウンロード」ボタンをクリックします。

    (保存先を指定して)「filecapsule_portable2010.zip」というZIPファイルを保存します。

    ●FileCapsuleのインストール


    ZIP形式で圧縮された「filecapsule_portable2010.zip」を展開(解凍)します。

    展開されると、「filecapsule_portable2010」というフォルダが出てきます。

    「filecapsule_portable2010」というフォルダの中に、「32ビット版」「64ビット版」があるので、使っているWindowsに合わせて選びます。

    FileCapsule 32ビット版と64ビット版
    64ビット版を使う場合は、「64ビット版」フォルダを丸ごと、デスクトップやUSBメモリにコピーします。
    これでインストールは完了です!

    ・インストールと言っても、Windowsのレジストリー(設定情報のデータベース)を使わないので、コピーだけで使えます。
    ・アンインストールするときも、フォルダを削除するだけでOKです。
    (地味に便利ですね!)

    ●公開鍵方式の暗号化


    FileCapsuleを使うメリットは、公開鍵方式の暗号が使えることです。
    (共通鍵方式の暗号なら、他にもっと便利なツールがあるので、FileCapsuleで共通鍵方式の暗号を使うメリットは少ないかも?)

    ここで、「公開鍵」方式と「共通鍵」方式の暗号の違いについて、復習しておきましょう。

    Googleの画像検索で、「公開鍵 共通鍵」というキーワードを検索すると、分かりやすい説明図が見つかります。

    暗号技術入門 第3版 秘密の国のアリス
    結城 浩
    SBクリエイティブ
    2015-08-26
    ¥ 3240


    (参考)図解で学ぶネットワークの基礎:SSL編 - Lesson2:二つの暗号方式を組み合わせて,安全かつ高速に通信をする:ITpro
    共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式

    両者の最大の違いは、使う鍵の数が違うことです。

    ・共通鍵: 1つの鍵を使う
    ・公開鍵: 2つの鍵を使う

    共通鍵方式は、暗号化のときと、復号化のときに、同じ1つの鍵で行います。
    (復号化=暗号化された情報を元に戻すこと)

    公開鍵方式は、暗号化のときと、復号化のときに、別の鍵を使います。
    ・暗号化のときは、「公開鍵」という鍵を使います。
    ・復号化のときは、「秘密鍵」という鍵を使います。
    つまり、公開鍵と秘密鍵という2つの鍵が必要になります。

    「公開鍵」と「秘密鍵」は、ペアで作ります。
    ・「公開鍵」は、その名の通り、誰にでも公開してOKです。(※)
    ・「秘密鍵」は、その名の通り、自分だけの秘密にしておく必要があります。

    公開鍵方式で、他人と情報をやりとりする場合は、「公開鍵」を相手に送ります。

    (※)公開鍵は広く公開しても大丈夫ですが、様々な攻撃方法があるので、念のため必要な人にだけ送る程度に留めておいた方が無難だと思われます。(自分の秘密鍵が、何かの拍子に漏洩してしまう可能性も考慮して)
    (※)自分の秘密鍵のファイルも、それ自体を暗号化して保護しておくと良いと思います。(取り扱いが少々面倒ですが)

    ●AさんからBさんへ暗号化ファイルを送る手順


    登場人物
    Aさん: 送信者
    Bさん: 受信者

    (1) AさんとBさんは、それぞれ自分専用の「公開鍵」と「秘密鍵」を作る


    FileCapsule 鍵の生成ボタン
    「公開鍵暗号キージェネレーター」のボタンをクリックします。


    FileCapsule 鍵の生成ツール
    「公開鍵暗号キージェネレーター」が開いたら、鍵を保存するフォルダを指定して、「生成」ボタンをクリックします。
    (保存するフォルダは「keyrings」などの名前で、あからじめ用意しておきます。)


    フォルダ内に、
    ・公開鍵: 「公開鍵_10062017_123456.fcxu」
    ・秘密鍵: 「秘密鍵_10062017_123456.fcxr」
    などという鍵ファイルが自動で生成されます。

    以下の説明で分かりやすいように、AさんとBさんの鍵ファイルの名前を変えておきましょう。

    Aさんは、
    ・公開鍵: 「A_public.fcxu」
    ・秘密鍵: 「A_secret.fcxr」
    に鍵ファイル名を変えておきます。

    Bさんも、
    ・公開鍵: 「B_public.fcxu」
    ・秘密鍵: 「B_secret.fcxr」
    に鍵ファイル名を変えておきます。

    (2) 受信者が送信者に公開鍵を送る

    Bさんが自分の公開鍵「B_public.fcxu」をAさんへ送ります。

    (3) 送信者がファイルを暗号化する

    Aさんは、Bさんの公開鍵「B_public.fcxu」を使って、ファイルを暗号化します。

    (例)「test.txt」というファイルを暗号化する場合

    以下は、Aさん(送信者)の操作です。

    FileCapsule
    デスクトップにある「test.txt」というファイルを暗号化してみます。
    「test.txt」をFileCapsuleにドラッグ&ドロップします。
    「次へ」ボタンをクリックします。


    FileCapsule
    「公開鍵を用いて暗号化」を選んで、「次へ」ボタンをクリックします。


    FileCapsule
    「鍵の追加」ボタンをクリックします。


    FileCapsule
    Bさんから送ってもらったBさんの公開鍵「B_public.fcxu」を選択します。
    「処理開始」ボタンをクリックします。


    デスクトップに「test.fcxe」という暗号化されたファイルができたら成功です!

    送信者のAさんは、受信者のBさんに「test.fcxe」を送ります。

    (4) 受診者がファイルを復号化する

    Aさんから暗号化されたファイルを受け取ったBさんは、自分の秘密鍵「B_secret.fcxr」を使って復号化(元に戻すこと)を行います。

    以下は、Bさん(受信者)の操作です。

    FileCapsule
    Aさんから送られてきた暗号化ファイル「text.fcxe」を、FileCapsuleにドラッグ&ドロップします。
    「次へ」ボタンをクリックします。


    FileCapsule
    「ファイルの復号」を選んで、「次へ」ボタンをクリックします。


    FileCapsule
    自分の秘密鍵「B_secret.fcxr」を選択します。


    FileCapsule
    「処理開始」ボタンをクリックします。

    デスクトップに「test」というフォルダができて、その中に「text.txt」という復号化されたファイルができたら成功です!

    以上で、FileCapsuleを使った暗号化ファイルのやりとりができました。

    まとめ

    ・自分の公開鍵を相手に送る。
    ・相手が自分の公開鍵を使って、ファイルを暗号化する。
    ・相手から暗号化されたファイルを受け取る。
    ・自分の秘密鍵を使って、復号化する。

    相手の送るのは、「公開鍵」という点だけ間違えないように気を付けましょう。

    公開鍵方式の暗号化は、手軽に使えるので面倒くさがらずに使いましょう!
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1451-17b5488a

    FC2Ad