ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    重力減少装置・クリノスタット Clinostat

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 重力減少装置・クリノスタット Clinostat あとで読む
    面白い機械がありました。
    モノをぐるぐる回転させることで、モノに働く重力(引力)を減らすことができる「クリノスタット」(Clinostat)という装置です。

    リアル「精神と時の部屋」。 広島大発ベンチャーが世界初の「重力制御装置」を開発し、NASAに採用される|ギズモード・ジャパン

    広島大学発のベンチャー企業である、スペース・バイオ・ラボラトリーズ社が開発した重力制御装置、「グラビテ(Gravite)」が、NASAのケネディ宇宙センターに採用されたと、同大学から発表されました。

    回転により重力の方向を変える装置は今までにもありましたが、この装置が凄いのは、宇宙ステーション内と同じ0.001Gを再現できるだけではなく、2Gや3Gといった、過重力環境を作ることも可能な点。
    これは世界初となり、まさにドラゴンボールに登場した「精神と時の部屋」っぽい未来感があります。



    クリノスタット


    重力制御装置“Gravite®”(株)スペース・バイオ・ラボラトリーズ - YouTube

    製品開発・重力制御装置/再生医療/スペース・バイオ・ラボラトリーズ/Space Bio-Laboratories

    回転により重力の方向を変えることのできる装置(クリノスタット)は、重力生物学の実験手段として百数十年以上前から利用され、主に植物の重力による影響などの研究に使われてきました。

    我々が作製した重力制御装置「Gravite®」は、直行二軸のまわりに試料を360°回転させ、重力ベクトルを時間軸で積分することにより宇宙ステーションと同じ1000分の1Gの微小重力環境をつくるだけでなく、2Gや3G等の過重力環境を作り出すことができる世界唯一の装置です。 幹細胞研究だけでなく、宇宙生物学、創薬など新しい研究開発を切り拓くツールとして活用頂けます。



    要するに、上と下を高速で入れ替えることによって、重力の「総和」をゼロに近付ける、という仕組みなのでしょうか?
    「回転により重力の方向を変えることのできる装置」は「クリノスタット」と呼ばれているんですね。

    ●クリノスタット
    クリノスタットについて、調べてみました。

    クリノスタット - Google 検索

    Clinostatの意味 - 英和辞典 Weblio辞書

    植物回転器



    Clinostatの訳語は「植物回転器」でした。(笑)
    もともと、そういう用途で作られた機械だったのでしょう。

    Clinostat - Wikipedia

    A clinostat is a device which uses rotation to negate the effects of gravitational pull on plant growth (gravitropism) and development (gravimorphism). It has also been used to study the effects of microgravity on cell cultures and animal embryos.



    宇宙情報センター / SPACE INFORMATION CENTER :クリノスタット

    落下装置や航空機、そして高高度気球を使った微小重力実験など、いずれも微小重力は短時間しか得られず、長時間の微小重力下での実験は非常に困難です。そこで、地上で疑似的な微小重力環境を発生させる方法として「クリノスタット装置」があります。



    クリノスタット - ATOMICA -

    クリノスタットは、試料を搭載した回転体を直交2軸まわりに回転させ、搭載試料(重力応答性が鈍い試料:例えば植物等)に作用する重力ベクトルの方向を変化させることにより、時間平均としての重力を相殺することのできる装置である。3軸の時間平均重力がゼロに近づくため、見かけ上無重力環境が作り出される。クリノスタットにより航空機や落下塔を利用せずに研究室で無重力(微小重力)実験が可能になる。



    三菱重工|3Dクリノスタット

    3Dクリノスタット
    本装置は直交する2軸により3次元的に対象物(試料)対象物を回転させることにより、重力方向を連続的に変化させ、 対象物が重力刺激を感受するまえに方向を変えると共に、 対象物にかかる重力ベクトルの合計を時間的にほぼゼロの状態にします。



    クリノスタットは、植物を回転させて、微重力の状態を作り出す機械。

    これをもっと大きくして、人間が入れるようにしたら、面白いんじゃないだろうか?
    ジェットコースターみたいな、体感型の娯楽装置になるかな?

    人間は、重力の影響から解放されたら、いつもとは違う体験ができるのではないか?と思う。
    宇宙に行くより手軽だから、地上で無重力を体験できる装置を作ってみたい。(笑)


    精神と時の部屋


    宇宙飛行士はどんな夢を見るか? (宇宙空間と人体メカニズムII)
    立花正一
    恒星社厚生閣
    2016/9/10
    ¥ 3240


    関連記事

    コメント

    >宇宙ステーションと同じ1000分の1Gの微小重力環境をつくるだけでなく、2Gや3G等の過重力環境を作り出すことができる
    過重力環境なら遠心力を利用すれば簡単なのに微小重力より過重力のほうが難しいみたいな内容に違和感ですね
    ここの筆者さんも考察してるけど、すごいのは微小重力環境実現の方法なんやろうね

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1421-94bc78fa