ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    アンガーマネージメント

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - アンガーマネージメント あとで読む
    怒りの感情をコントロールする「アンガーマネジメント」という技術が提唱されていました。

    突然の解雇!「クリミナル・マインド」のホッチナー役俳優、脚本家を蹴ってクビに (シネマトゥデイ) - Yahoo!ニュース

    テレビドラマ「クリミナル・マインド FBI行動分析課」でFBI特別捜査官アーロン・ホッチナーを演じているトーマス・ギブソンが脚本家にけりを入れ、謹慎処分になったとTMZ.comが報じたが、その後クビになったことが米CBS局によって発表された。

    クビになった理由の一つは、これがスタッフに対する2度目の暴行だったからかもしれない。トーマスは数年前にADを突き飛ばし、アンガーマネージメントのクラスを受講するよう言い渡されていたという。



    アンガーマネージメント - Google 検索

    怒りをコントロール!【アンガーマネジメント】ってなに?! - NAVER まとめ

    アンガーマネジメントとは、怒りを管理すること。
    アンガー(イライラ、怒りの感情)をマネジメント(上手に付き合う)することで、怒りのエネルギーをもっとボジティブに使いましょう、というプログラムである。



    「怒り」をモチベーションにできるアンガーマネジメントを学ぼう - リクナビNEXTジャーナル
    アンガーマネージメント

    日本アンガーマネジメント協会

    他人に怒りをぶつけると、必ず自分にも怒りをぶつけ返されますね?

    怒りを含め、自らの「感情」を制御できない人間は、理性が欠如している場合が多いでしょう。

    教育的指導のために、演技で怒りを発しているだけ、という人もいるかもしれませんが、相手にしてみれば演技か本気かなんて関係ないですから、やはり怒りをぶつけ返されるでしょう。

    なので、自分が返り討ちにされてもOKという人以外は、怒らない方が無難ですね?

    ●教育的指導で怒りを使える人のチェック方法
    教育的指導のために、怒りの演技(体罰や暴言など)を肯定する人がいたら、本当にそう思っているのか?簡単に確かめる方法があります。

    ・その人を「教育的指導」の名の下に、バットでボコボコに殴ってみます。
    ・その人が「教育的指導をしていただき、どうもありがとうございます。」と言ったら本物です。
    ・その人が「ふざけんな!テメー!」と反撃して来たら、偽物です。

    →嘘つきを見破る方法は、言っていることと実際にやっていることが一致しているか?確認すればOK。

    教育的指導の名の下に、怒りを使うことに関して、「自分がやるなら良いけど、他人がやるのはダメ」という態度は、単なるダブルスタンダード(二重基準)でしかありません。

    偉そうなこと言ってるわりには、実はただの嘘つきでしかないキチガイには気を付けましょうw
    突然の解雇!「クリミナル・マインド」のホッチナー役俳優、脚本家を蹴ってクビに - シネマトゥデイ

    2016年8月13日 15時20分

     テレビドラマ「クリミナル・マインド FBI行動分析課」でFBI特別捜査官アーロン・ホッチナーを演じているトーマス・ギブソンが脚本家にけりを入れ、謹慎処分になったとTMZ.comが報じたが、その後クビになったことが米CBS局によって発表された。

     「トーマス・ギブソンは『クリミナル・マインド FBI行動分析課』から解雇されました。彼のキャラクターがなぜいなくなったかについての詳細は後日のエピソードで取り上げます」とプロデューサーと同局は声明で述べている。

     問題となった事件はトーマスが監督を務める第12シーズンのエピソードで起こったとのこと。トーマスが演技をしていたところ、脚本家の一人と創作上の意見の違いで口論が起き、トーマスが激怒して脚本家の脚を蹴ったという。脚本家は自分のエージェントに連絡を入れ、エージェントがテレビ局の重役に報告。局は何らかの行動に出ざるを得ず、トーマスを謹慎処分にしたとい報じられていた。

     トーマスは、「僕は『クリミナル・マインド FBI行動分析課』が大好きで、この12年間、全身全霊を込めてきました。最後まで見届けるつもりでしたが、それもかなわなくなりました。脚本家、プロデューサー、共演者、すばらしいスタッフ、そしてなによりも最高のファンに感謝します」とThe Hollywood Reporterなどにコメントを出している。

     クビになった理由の一つは、これがスタッフに対する2度目の暴行だったからかもしれない。トーマスは数年前にADを突き飛ばし、アンガーマネージメントのクラスを受講するよう言い渡されていたという。(澤田理沙)

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1404-30ba684f

    FC2Ad