ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    中国人に騙される日本人 ~ ホンハイ VS シャープの攻防

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 中国人に騙される日本人 ~ ホンハイ VS シャープの攻防 あとで読む
    日本人は、自分自身で物事の真偽を確かめる習慣が希薄なのでしょうか?
    簡単に騙される日本人が多過ぎて、驚きを禁じ得ません。

    鴻海いまだ出資せず、シャープの"異常事態" | 週刊東洋経済(ビジネス) | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

    シャープの2017年3月期第1四半期決算は、不採算事業の撤退や経費削減で営業赤字幅は縮小したが、全事業で減収となり、今後に不安を残す内容となった。3月末で312億円だった債務超過額は6月末で750億円に膨らんでいる。

    台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業からの出資が実現すれば、債務超過は解消されるはずだった。当初、出資完了は6月末をメドとしていたが、いまだ実現されていない(8月3日現在)。

    理由は中国当局による独占禁止法にかかわる審査が終わっていないことだ。シェアが比較的高くなるのは、車載用ディスプレー事業などが考えられるが、どの事業が実際に審査の焦点なのかは明らかにされていない。



    シャープの雇われ経営陣も、ホンハイに金を積まれて、シャープを売りさばきました。
    守銭奴の雇われ経営者は、目の前に大金を積まれたら、簡単に他へ寝返ってしまうので、ろくなことになりませんね?

    ・中国共産党は、経済/金融/経営のスペシャリストを多数養成。
    ・中国資本が、日本企業を買収するスキーム(手口)も巧妙化。
    ・入念に仕組まれた計画を見抜けず、簡単に罠にはめられる日本人。

    日本の官僚や政治家は、知性が劣化しつつあり、国際的な戦略、日本発展の青写真が描けていません。

    【ルネサスの怪】中国政府が日本を利用して半導体業界の制御が着々と進行中。 - 深田萌絵 本人公式

    ソフトバンクがARMを買収するとの報道を見て、ピンと来たんだけど、中国が日本経由で半導体連合を完成させ、世界の通信を牛耳り、日本の自動車産業を駆逐しようとしていることだ。

    そもそもなんだけれど、この国にはビジョンが無い。
    助成金や資金サポートするにも、業界マップとロードマップを意識して、囲碁のように布石しなければ中国に駆逐されて終わる。



    アメリカの属国である日本は、徐々に中国資本に浸食されつつあるようです。
    日本の基幹産業が衰退する前に、日本人は個人で出来る生活防衛策を講じておくべきでしょう。

    China 2049
    マイケル・ピルズベリー
    日経BP社
    2015-09-03
    ¥ 2,160


    鴻海いまだ出資せず、シャープの"異常事態" | 週刊東洋経済(ビジネス) | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

    中国当局による独禁法審査が長期化している

    田嶌 ななみ :東洋経済 記者
    2016年08月08日

    シャープの2017年3月期第1四半期決算は、不採算事業の撤退や経費削減で営業赤字幅は縮小したが、全事業で減収となり、今後に不安を残す内容となった。3月末で312億円だった債務超過額は6月末で750億円に膨らんでいる。

    台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業からの出資が実現すれば、債務超過は解消されるはずだった。当初、出資完了は6月末をメドとしていたが、いまだ実現されていない(8月3日現在)。

    理由は中国当局による独占禁止法にかかわる審査が終わっていないことだ。シェアが比較的高くなるのは、車載用ディスプレー事業などが考えられるが、どの事業が実際に審査の焦点なのかは明らかにされていない。

    すでに“実効支配”は始まっている

    審査長期化の理由に、競合している中国の液晶メーカーによる、中国政府への働きかけを挙げる向きがある。中国の液晶大手、BOEや天馬微電子は地方政府からの手厚い支援を受け、液晶工場を近年相次いで新設している。自国企業への配慮から、鴻海・シャープ連合の成立をやすやすとは認められないというわけだ。「審査を理由にした情報収集や日本政府への牽制といった目的もあるのでは」とM&Aに詳しい早稲田大学の服部暢達客員教授は指摘する。

    もっとも、中国政府の許可が下りないからといって、手をこまぬいているような鴻海ではない。すでに“実効支配”は始まっている。鴻海からは多くの人が送り込まれ、公然とシャープ社員に指示を飛ばしているという。出資完了までは経営の独立性を保つ必要があり、鴻海の戴正呉・副総裁のシャープ社長就任も、出資完了が条件となっているにもかかわらずだ。

    「鴻海の幹部に『売り上げを生まないあなたたちはいつでも転職してくれて構わない』などと言われる」(40代男性社員)。現在シャープは希望退職を募集していないが、50代前後の管理職層の辞職が増えているという。「鴻海の社員は無理難題を押し付け、退職に追い込んでくる」といった声が聞かれる。

    一方、鴻海では日本語に堪能な人材を中心に、シャープ改革の実行部隊採用に動いている。「日文人力資源主管(対日の人事の責任者)」、「日文財務會計與投資主管(対日の財務・会計・投資の責任者)」といったポストが台湾の人材サイトで募集され、採用人数は「不限(制限なし)」だ。

    考えられる2つのシナリオとは?

    今後の焦点は、出資期限の10月5日までに独禁法の審査に通り、出資が完了されるのか。期限を過ぎた場合に考えられるシナリオは二つだ。

    一つは期限の延長。ただ、シャープの株価は鴻海が取得する予定の88円を割り込む87円を一時つけ、90〜92円をうろついているため、条件の見直しを迫られる公算はある。

    もう一つは液晶事業のみの買収だ。瑕疵(かし)のない理由で出資できなかった場合、鴻海にこの選択肢も契約で認められている。ただ、液晶事業が審査長期化の理由なら、同様に審査は長引く。「人員や生産ラインに余剰感のある液晶事業は適正価格の算定が難しいという問題も出てくる」(みずほ証券の中根康夫アナリスト)。

    結論が遅くなるほど、シャープは疲弊し、浮上が難しくなる。



    【ルネサスの怪】中国政府が日本を利用して半導体業界の制御が着々と進行中。 - 深田萌絵 本人公式

    2016/08/07 13:53

    みずほ銀行出身の中国人がルネサスの社長になり、その後でARMがソフトバンクに買収されたという奇怪な事件が起こっている。

    ルネサスといえば、前から気になっていた会社だ。
    何が気になっていたかというと、中国最大の半導体メーカーSMICとの繋がり。

    横浜でSMICのフロント企業の社長をやっていた日本人が某社の車載IPを盗んだので、目を付けていた。偶然かどうか知らないが、彼は自分の会社を辞めたのか、現在ルネサスの社員となって車載チップを作っているので、ルネサスが今後どうなるのか様子を見ていたのだ。(彼は元佐鳥電機の人間だが、NEC出身だと経歴詐称している。そして、たぶんプロの産業スパイ)

    そして、ソフトバンクがARMを買収するとの報道を見て、ピンと来たんだけど、中国が日本経由で半導体連合を完成させ、世界の通信を牛耳り、日本の自動車産業を駆逐しようとしていることだ。

    普通、ソフトバンクみたいなキャリアがチップ技術の会社を買うなら、携帯やタブレット用の通信チップ設計に強いクアルコムを選ぶ方がしっくりくる。
    ところが、車載に強いARMを選ぶあたりが「?」が浮かぶ。

    ソフトバンクは中国政府傀儡だと米国リサーチハウスから指摘もあったけど、ARMの車載用ハイエンドチップは実はSMICでは作れない。

    だから、ルネサステクノロジーの社長に、何の脈絡もない元みずほ銀行でかつ日本電産の中国人がやってきたのはないのかなと思われるのだ。みずほ銀行と言えば、シャープを鴻海に渡した銀行だ。裏で中国万歳音頭を取っている。

    日本電産はテリー・ゴウが買おうとしているという噂の会社で片山氏がシャープの元社員を大量に引き連れていった先だ。

    テリー・ゴウは日本電産が買いたいと言ってるし、日本電産はルネサス買いたいと言っているし、SMICは中国製通信チップを日本の自動車に入れたいと思っているし、ファーウェイはアメリカ進出失敗して追い出されたし、その通信の活路をIOT用チップと成り代わって米国に返っていこうという戦略なんだろうね。

    その布石として、日本を箱として使っているのでしょう。

    中国による半導体業界の支配

    まあ、アメリカもソフトバンクには黙っちゃいなくて、スプリントの件もかなり手厳しく対応しているようだし、ARM買収発表でYahooUSの主要事業をYahooから剥がして、Yahooはヤフージャパンとアリババのみというソフトバンク系の会社だけを残した形となっている。

    これを今度米国政府が調理するのかはちょっと見ものだ。

    ところで、JDI、産業革新機構にお金を出してもらおうとしていますね。
    ※JDI ジャパンディスプレイ

    JDIが上場する時から口を酸っぱくして書いていますが、上場ゴールの会社でビジョンも競争力も無い。
    ジャパンディスプレイの元社長だった大塚周一は、エルピーダを倒産させた坂本幸雄の腰ぎんちゃくで、坂本幸雄は今中国政府からお金を貰って「SINOKING」(中国の王)というメモリ会社をやっている。大塚周一の自称甥である大塚峻は藤井一良の中国マネー仲間だ。

    そもそもなんだけれど、この国にはビジョンが無い。
    助成金や資金サポートするにも、業界マップとロードマップを意識して、囲碁のように布石しなければ中国に駆逐されて終わる。

    JDIを生き残らせたければ、シャープの有機ELディスプレイ技術を国内に留めておかなければならなかった。
    それをやりきらなかったからこそ、シャープの有機ELの技術を鴻海経由で中国に流出し、価格競争に負けて売れないからJDIの赤字が大きくなった。

    そのJDIは数百億円で立ち直れるんだろうか。

    その前に、ルネサスだけど、トヨタもキャッシュあるうちにルネサスの半導体工場一個くらい傘下に収めておかないと、ルネサスの中身が中国になってから、半導体から自動車産業乗っ取られてしまっても、後で泡食うだけだと思いますよ。

    私の杞憂かもしれませんが。

    私の杞憂だった、鴻海がシャープを買収すると言いながら金を払ってこないかもしれないという懸念、そのまま現実になりつつあるという恐怖。これは、私は起こって欲しくないからこそ、書いていることで、日本人の私が起こって欲しくないと思うことは、中国人からするとかなりメリットのある事なんですよね。

    私の杞憂かもしれないのですが。



    外国人から見たら、疑うことを知らない日本人はチョロいもんでしょう。(残念)
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1401-44e98fa7

    FC2Ad