ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    日本会議による日本国憲法改正

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 日本会議による日本国憲法改正 あとで読む
    先の参議院選挙で与党勢力が勝ち、憲法改正発議に必要な2/3議席をゲットしました。
    これを受けて、「日本会議」が記者会見を行ない、憲法を変える手続きを進めて行く旨を発表しました。
    とうとう表舞台に出てきましたね?

    記者会見する「日本会議」田久保忠衛会長

    「おそらく10年後には憲法改正」 意外と慎重な「日本会議」田久保会長の見通し - J-CASTニュース

    「安倍首相は真ん中」「体罰は当然」 海外メディアも注目「日本会議」トップが語ったこと - BuzzFeed

    2016/07/14 05:01  Satoru Ishido 石戸諭 BuzzFeed News Reporter, Japan
    7月13日、東京・有楽町、外国特派員協会で日本会議会長、田久保忠衛さんが語った。
    田久保さんは時事通信記者を経て、杏林大学教授などを務めた保守派の論客だ。

    2015年9月時点、安倍首相は「日本会議国会議員懇談会」特別顧問に名を連ねている(朝日新聞)。

    「私個人は、改憲は絶好のチャンスを迎えたと思っている。私が安倍さんなら、絶対に憲法改正をしたい。日本会議としては、歓迎の声明をだした。いろいろな運動に乗り出していくと思う」




    日本会議会長・田久保忠衛氏記者会見 2016-7-13
    ・同時通訳を聞くと、英語のヒアリングの勉強にもなります。
    ・最初の20分が、田久保忠衛氏のスピーチ
    ・残りの45分が、質疑応答。最後の質問(子供の体罰)がツッコミどころ?

    田久保忠衛 - Wikipedia

    田久保 忠衛(たくぼ ただえ、1933年(昭和8年)2月4日 - )は、日本の外交評論家、政治学者。杏林大学名誉教授。専門は国際政治学、アメリカ外交。博士(法学)。日本会議会長。2015年からは会長を務める。



    ●日本会議とは?
    最近、話題になっている「日本会議」とは、どんな団体なのでしょうか?

    ・「生長の家」(宗教団体)の政治運動が、「日本会議」の源流。
    ・現在、生長の家は「日本会議」を否定、批判している。
    ・宗教関係者や政治家等が、多数加入しているエリート集団。

    日本会議ってのは、アメリカでいうところの「ネオコン」みたいな存在なのでしょうか?
    アメリカ新世紀プロジェクト - 浜村拓夫の世界

    キリスト教帝国アメリカ―ブッシュの神学とネオコン、宗教右派
    栗林 輝夫
    キリスト新聞社
    2005-07
    ¥ 2,592


    日本会議(公式ウェブサイト)
    http://www.nipponkaigi.org/

    日本会議とは
    私たちは、美しい日本の再建と誇りある国づくりのために、政策提言と国民運動を推進する民間団体です。

     私達「日本会議」は、前身団体である「日本を守る国民会議」と「日本を守る会」とが統合し、平成9年5月30日に設立された全国に草の根ネットワークをもつ国民運動団体です。

     私達の国民運動は、これまでに、明治・大正・昭和の元号法制化の実現、昭和天皇御在位60年や今上陛下の御即位などの皇室のご慶事をお祝いする奉祝運 動、教育の正常化や歴史教科書の編纂事業、終戦50年に際しての戦没者追悼行事やアジア共生の祭典の開催、自衛隊PKO活動への支援、伝統に基づく国家理念を提唱した新憲法の提唱など、30有余年にわたり正しい日本の進路を求めて力強い国民運動を全国において展開してきました。

     今日、日本は、混迷する政治、荒廃する教育、欠落する危機管理など多くの問題を抱え、前途多難な時を迎えています。私達「日本会議」は、美しい日本を守り伝えるため、「誇りある国づくりを」を合言葉に、提言し行動します。

     また、私達の新しい国民運動に呼応して、国会においては超党派による「日本会議国会議員懇談会」が設立されています。私達は、美しい日本の再建をめざし、国会議員の皆さんとともに全国津々浦々で草の根国民運動を展開します。皆様のご声援をよろしくお願いします。



    日本会議 - Wikipedia

    日本会議(にっぽんかいぎ、英称:Japan Conference)は、1997年に設立された、日本の民間団体である。

    概要
    「美しい日本の再建と誇りある国づくりのために、政策提言と国民運動を行っている民間団体」と公式ウェブサイトで自称している。
    また、
     1.美しい伝統の国柄
     2.新しい時代にふさわしい新憲法の制定
     3.国の名誉と国民の命を守る政治
     4.日本の感性をはぐくむ教育の創造
     5.国の安全を高め世界へ平和貢献
     6.共生共栄の心で結ぶ世界との友好
    ―を目指すとしている。

    1997年5月30日「日本を守る会」(以下「守る会」)と「日本を守る国民会議」(以下「国民会議」)とが統合して組織された。
    2001年9月に、日本会議の女性組織として「日本女性の会」を設立する。
    2016年現在、会員は約38000名、全国都道府県に本部があり、また241の市町村支部がある。

    「守る会」は、円覚寺貫主・朝比奈宗源が神道・仏教系の新宗教に呼びかけて1974年4月に結成、政治課題に対して様々な政治運動を行っていた。
    一方、「国民会議」は、最高裁判所長官を務めた石田和外らの呼びかけによって財界人・学者中心で、元号法制定を目的に1978年7月に結成された「元号法制化実現国民会議」をもとに、これを改組してつくられた。

    関連団体として、国会議員が組織している日本会議国会議員懇談会、地方議員の組織として日本会議地方議員連盟がある。
    (1997年5月29日発足。現在の会長は平沼赳夫)。
    財界では日本会議経済人同志会がある。

    組織は都道府県を9区域にまとめ、県毎に県本部を置き、さらにその下に支部が置かれている。
    各都道府県本部には、専従で勤務する活動家が配置されている。
    月刊機関誌「日本の息吹」を「国民会議」から引継いで発行している。

    会員種類は、支援会員(月刊誌購読のみ)、正会員(年会費1万円)、維持会員(年会費3万円)、篤志会員(年会費10万円)、議員会員(年会費1万円)、女性会員(年会費5000円)などからなる。

    構成
    朝日新聞は、日本会議の事務局の中枢は、生長の家の出身者が担っていると報道している。
    また、朝日新聞では、友好団体・提携団体として、美しい日本の憲法をつくる国民の会、皇室の伝統を守る国民の会、民間憲法臨調、民間教育臨調、みんなで靖国神社に参拝する国民の会を挙げている。



    (日本会議研究)憲法編:上 改憲へ、安倍政権と蜜月 - 朝日新聞

    2016年3月23日05時00分

     13日、東京・高輪のホテル。安倍晋三首相は自民党大会の後、参院選の立候補予定者への公認証交付を終えると、同じホテル内の宴会場に姿をみせた。

     新憲法制定を掲げる「日本会議」の地方議員連盟の総会だ。約160人が集った非公開の会合に、首相は15分とどまった。複数の出席者によると、あいさつで憲法改正への決意と国民投票に向けた世論喚起の重要性を強調し、「憲法改正は党是だ」と語った。

     ■会合、異例の配慮
     3月に入り、首相は憲法改正に積極的な国会答弁を繰り返していた。ところが党大会の20分のあいさつでは一言も触れず、「参院選前に拳を振りあげる必要はない」(自民党参院幹部)とする党内や公明党を意識したものと映った。

     その数時間後、一運動団体の非公開の会合で首相がみせた異例の配慮。日本会議によると、第2次安倍政権の発足後、首相が日本会議の公式行事に出席するのは初めてだった。

     首相、正副官房長官、閣僚、首相補佐官、衆参両院議長、自民党役員、派閥領袖(りょうしゅう)――。「部外秘」とある日本会議国会議員懇談会の名簿(昨年9月15日現在)には、政府・自民党幹部の氏名が並ぶ。



    ●生長の家とは?
    「幸福になりたい」と願う人の中には、手段を厭わない人もいます。(=幸せになれるなら何でもOK)
    自分自身で物事の真偽を確認する習慣を持たない人の中には、迷信を信じる人もいます。
    戦前の無教養な日本人の中には、観念的な迷信や新興宗教を使って、幸福になろう!と願う人々がいました。

    生長の家 - Wikipedia

    生長の家(せいちょうのいえ)は、1930年(昭和5年)に谷口雅春により創設された新興宗教団体。
    その信仰は、神道・仏教・キリスト教・イスラム教・ユダヤ教等の教えに加え、心理学・哲学などを融合させている。
    正しい宗教の真理は一つと捉えている。



    谷口雅春 - Wikipedia

    谷口 雅春(たにぐち まさはる、1893年11月22日 - 1985年6月17日)は、新宗教「生長の家」創始者・初代総裁(生長の家では「教祖」「開祖」という名称は用いられない)。

    早稲田大学を中退して大本の専従活動家になっていた谷口は、出口王仁三郎の『霊界物語』の口述筆記を任せられたり、機関紙の編集主幹などを歴任するなど、教団内で嘱望されていたが、1922年(大正11年)の第一次大本事件を期に、浅野和三郎に従って大本から脱退。



    大本 - Wikipedia

    大本(おおもと)は、1892年(明治25年)、出口なおに降りた国祖・国常立尊の神示を立教の原点とする教派神道系の教団である。
    俗に「大本教」と呼ばれているが、正確には“教”を付けない。
    1980年からの内部分裂により、2グループが分かれ、それぞれ宗教法人・愛善苑、大本信徒連合会として各々のスタンスで正統性を主張している。愛善苑は王仁三郎のみを教主としている。



    大本事件 - Wikipedia

    大本事件(おおもとじけん)は、新宗教「大本」の宗教活動に対して、日本の内務省が行った宗教弾圧である。
    大本弾圧事件とも呼ばれる。
    1921年(大正10年)に起こった第一次大本事件と、1935年(昭和10年)に起こった第二次大本事件の2つがある。
    特に第二次大本事件における当局の攻撃は激しく、大本は壊滅的打撃を受けた。



    ・戦前の神道には、天皇ファンクラブと、出口王仁三郎ファンクラブ(大本教)の2大流派があった。
    ・天皇ファンクラブは、天照大神(あまてらすおおみかみ)押し。
    ・出口王仁三郎ファンクラブは、国常立尊(くにのとこたちのかみ)押し。
    ・天皇ファンクラブは、出口王仁三郎の人気に嫉妬して、潰しにかかった。(大本事件)
    ・谷口雅春は、最初出口ファンだったが、途中で天皇ファンに鞍替えした。

    谷口雅春は、「長い物には巻かれろ」という日和見であり、「生長の家」は妥協の産物であることが分かります。
    「生長の家」の教義は、いろいろな宗教を混ぜたチャンポン料理です。
    もしも、彼らが「ヴェーダ」を学んでいたら、こんなデタラメな教義は作らなかったことでしょう。
    (現代でも、仏教とユダヤ教の相違点を理解している日本人は、果たしてどれほどいるのでしょうか?)

    天皇ファンクラブの残党=生長の家が、日本会議の源流を作りました。
    「ゴミのまたゴミ」となると、その主義主張はいかがなものか?と危惧するところです。

    現在の日本会議は、生長の家から否定・批判され、切り捨てられましたw
    (あにはからんや、ゴミがゴミに否定されるとは!)

    今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針 「与党とその候補者を支持しない」 - ニュースリリース - 生長の家

    2016年6月9日

    今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針
    「与党とその候補者を支持しない」

    来る7月の参議院選挙を目前に控え、当教団は、安倍晋三首相の政治姿勢に対して明確な「反対」の意思を表明するために、「与党とその候補者を支持しない」ことを6月8日、本部の方針として決定し、全国の会員・信徒に周知することにしました。その理由は、安倍政権は民主政治の根幹をなす立憲主義を軽視し、福島第一原発事故の惨禍を省みずに原発再稼働を強行し、海外に向かっては緊張を高め、原発の技術輸出に注力するなど、私たちの信仰や信念と相容れない政策や政治運営を行ってきたからです。

    戦後の一時期、東西冷戦下で国内が政治的に左右に分裂して社会的混乱に陥っている時、当教団の創始者、谷口雅春先生は、その混乱の根源には日本国憲法があると考えられ、大日本帝国憲法の復元改正を繰り返し主張されました。そして、その実現のために、当教団は生長の家政治連合(生政連)を結成(1964年)して、全組織をあげて選挙活動に取り組んだ時代がありました。しかし、やがて純粋な信仰にもとづく宗教運動が政治運動に従属する弊害が現れ、選挙制度の変更(比例代表制の導入)によって、政党と支持団体との力関係が逆転したことを契機に、1983年に生政連の活動を停止しました。それ以降、当教団は組織としては政治から離れ、宗教本来の信仰の純粋性を護るために、教勢の拡大に力を注いできました。

    この間、私たちは、第二代総裁の谷口清超先生や谷口雅宣現総裁の指導にもとづき、時間をかけて教団の運動のあり方や歴史認識を見直し、間違いは正すとともに、時代の変化や要請に応えながら運動の形態と方法を変えてきました。特に、世界平和の実現など社会を改革する方法については、明治憲法の復元は言うに及ばず、現憲法の改正などを含め、教団が政治的力を持つことで“上から行う”のではなく、国民一人一人が“神の子”としての自覚をもち、それを実生活の中で表現し、良心にしたがって生きること。政治的には、自己利益の追求ではなく、良心(神の御心)の命ずることを、「意見表明」や「投票」などの民主的ルールにしたがって“下から行う”ことを推進してきました。

    私たちは、社会の変革は、信徒一人一人が正しい行動を“下から”積み上げていくことで実現可能と考え、実践しています。その代表的なものは、地球環境問題への真剣な取り組みです。人間の環境破壊は、今日、深刻な気候変動を引き起こし、自然災害の頻発や、食糧や資源の枯渇、それにともなう国家間の奪い合いや国際紛争の原因となっています。この問題は、資源・エネルギーの消費を増やす経済発展によっては解決せず、各個人の信念とライフスタイルの変革が必要です。私たちはそれを実行することで、世界平和に貢献する道を選びました。

    具体的には、私たちは宗教団体として初の環境マネージメントシステムISO14001の認証取得(2001年)をして、それを全国66の拠点に及ぼしました。また、莫大なエネルギーを消費する大都会・東京を離れ、国際本部の事務所を山梨県北杜市に移転し、そこに日本初のゼロ・エネルギー・ビル“森の中のオフィス”を建設して(2013年)、地球温暖化の最大の原因である二酸化炭素を排出しない業務と生活を実現しています。最近では、この生活法を全国に拡大する一助として、信徒からの募金により京都府城陽市にメガソーラー発電所(1700kW)を、福島県西白河郡西郷村に大規模ソーラー発電所(770kW)を建設し、稼働させています。これらの運動は、創始者・谷口雅春先生が立教当初から唱導してきた「天地の万物に感謝せよ」(大調和の神示)という教えの現代的展開であり、人類だけの幸福を追求してきた現代生活への反省にもとづくものです。

    ところが安倍政権は、旧態依然たる経済発展至上主義を掲げるだけでなく、一内閣による憲法解釈の変更で「集団的自衛権」を行使できるとする”解釈改憲〟を強行し、国会での優勢を利用して11本の安全保障関連法案を一気に可決しました。これは、同政権の古い歴史認識に鑑みて、中国や韓国などの周辺諸国との軋轢を増し、平和共存の道から遠ざかる可能性を生んでいます。また、同政権は、民主政治が機能不全に陥った時代の日本社会を美化するような主張を行い、真実の報道によって政治をチェックすべき報道機関に対しては、政権に有利な方向に圧力を加える一方で、教科書の選定に深く介入するなど、国民の世論形成や青少年の思想形成にじわじわと影響力を及ぼしつつあります。

    最近、安倍政権を陰で支える右翼組織の実態を追求する『日本会議の研究』(菅野完、扶桑社刊)という書籍が出版され、大きな反響を呼んでいます。同書によると、安倍政権の背後には「日本会議」という元生長の家信者たちが深く関与する政治組織があり、現在の閣僚の8割が日本会議国会議員懇談会に所属しているといいます。これが真実であれば、創価学会を母体とする公明党以上に、同会議は安倍首相の政権運営に強大な影響を及ぼしている可能性があります。事実、同会議の主張と目的は、憲法改正をはじめとする安倍政権の右傾路線とほとんど変わらないことが、同書では浮き彫りにされています。当教団では、元生長の家信者たちが、冷戦後の現代でも、冷戦時代に創始者によって説かれ、すでに歴史的役割を終わった主張に固執して、同書にあるような隠密的活動をおこなっていることに対し、誠に慚愧に耐えない思いを抱くものです。先に述べたとおり、日本会議の主張する政治路線は、生長の家の現在の信念と方法とはまったく異質のものであり、はっきり言えば時代錯誤的です。彼らの主張は、「宗教運動は時代の制約下にある」という事実を頑強に認めず、古い政治論を金科玉条とした狭隘なイデオロギーに陥っています。宗教的な観点から言えば“原理主義”と呼ぶべきものです。私たちは、この“原理主義”が世界の宗教の中でテロや戦争を引き起こしてきたという事実を重く捉え、彼らの主張が現政権に強い影響を与えているとの同書の訴えを知り、遺憾の想いと強い危惧を感じるものです。

    当教団は、生政連の活動停止以来、選挙を組織的に行うなどの政治活動を一切行ってきませんでした。しかし、政治に触れる問題に関して何も主張してこなかったのではなく、谷口雅宣現総裁は、ブログや月刊誌を通して“脱原発”や“自然エネルギー立国”を訴え、また日米の外交政策を分析して、それに異を唱えたり、注文をつけたりしてきました。また、昨年は憲法を軽視する安保法案に反対する立場を明確に表明されました。

    私たちは今回、わが国の総理大臣が、本教団の元信者の誤った政治理念と時代認識に強く影響されていることを知り、彼らを説得できなかった責任を感じるとともに、日本を再び間違った道へ進ませないために、安倍政権の政治姿勢に対して明確に「反対」の意思を表明します。この目的のため、本教団は今夏の参院選においては「与党とその候補者を支持しない」との決定を行い、ここに会員・信徒への指針として周知を訴えるものです。合掌。

    2016年6月9日

    宗教法人「生長の家」



    生長の家や日本会議を「ゴミ」(=価値のない物)と呼ぶのは失礼かもしれませんが、彼らの多大な影響力を考慮するならば、厳しい評価に晒されても止むを得ないでしょう。
    しかしながら、この時期に果断な声明を発表した生長の家は、正々堂々としており、立派だと思いました。

    ●出版ブーム
    「日本会議」に関する新刊が続々と登場しています。
    出版社も「売れる!」と見込んで、ブームに乗ったのでしょう。

    日本会議の研究 (扶桑社新書)
    菅野 完
    扶桑社
    2016-04-30
    ¥ 864


    日本会議とは何か: 「憲法改正」に突き進むカルト集団 (合同ブックレット)
    上杉 聰
    合同出版
    2016-05-18
    ¥ 1,080


    日本会議の全貌 知られざる巨大組織の実態
    俵 義文
    花伝社
    2016-06-17
    ¥ 1,296


    日本会議と神社本庁
    『週刊金曜日』成澤 宗男編
    金曜日
    2016-06-28
    ¥ 1,080


    日本会議の正体 (平凡社新書)
    青木理
    平凡社
    2016-07-09
    ¥ 864


    日本会議 戦前回帰への情念 (集英社新書)
    山崎 雅弘
    集英社
    2016-07-15
    ¥ 821


    改憲ブームに乗って、これからも日本会議の新刊が続々と登場することでしょうw

    ●自民党の憲法草案
    日本国憲法改正草案 | 自由民主党 憲法改正推進本部

    あたらしい憲法草案のはなし
    自民党の憲法改正草案を爆発的にひろめる有志連合
    太郎次郎社エディタス
    2016-07-02
    ¥ 800


    アメリカが日本に変更を命じたのは、集団的自衛権行使の足枷となる憲法第9条の部分だけでしょう。
    それにも関わらず、日本会議は調子に乗って、9条以外の部分にも手を付けようとしました。

    “日米同盟のため9条なくせ”/アーミテージ発言 - 日本共産党

    2004年7月24日(土)「しんぶん赤旗」
     「憲法九条は日米同盟関係の妨げの一つになっている」。アーミテージ米国務副長官が二十一日、自民党・中川秀直国対委員長との会談でこう強調しました。“米国発改憲要求”を改めて示した、そのねらいと背景は――。

    ●米国防大学国家戦略研究所(INSS)特別報告「米国と日本 成熟したパートナーシップに向けての前進」(いわゆるアーミテージ報告、2000年10月11日)
     「集団的自衛を日本が禁止していることは、(日米)同盟協力の制約になっている。この禁止を取り払えば、より緊密で、効果的な安全保障協力が可能になる。これは日本国民だけができる決定である。…しかし、米政府は、より大きな貢献をし、より対等なパートナーになろうとする日本を歓迎することを明確にしなければならない。われわれは、米国と英国との特別な関係を日米同盟のモデルと見なす」



    リチャード・アーミテージ - Wikipedia

    リチャード・リー・アーミテージ (英語: Richard Lee Armitage, 1945年4月26日 - ) は、アメリカ合衆国の軍人、政治家。知日派として日米外交に大きな役割を果たしてきた。カトリック信者。

    アーミテージの名が一般に広く知られるようになったきっかけとして、2000年に対日外交の指針としてジョセフ・ナイらと超党派で作成した政策提言報告「アーミテージ・レポート」(正式名称:INSS Special Report "The United States and Japan: Advancing Toward a Mature Partnership"、「国防大学国家戦略研究所特別報告 合衆国と日本―成熟したパートナーシップに向かって」)の存在が挙げられる。この報告書では、日本に対して有事法制の整備を期待する内容が盛り込まれた。



    ・アメリカは、日本に憲法9条を押し付けた。
    ・アメリカは後になって、日本に憲法9条を撤廃せよと要求。

    この自己矛盾から分かることは、アメリカ人(アーミテージ氏)は、記憶力の乏しいアホだということでしょう。
    (アメリカは食い物が悪くて、脳の海馬が破壊されているのでしょうか?)

    アメリカは、日米合同委員会や広告代理店を駆使して、日本のマスメディアに影響力を行使しています。
    (アメリカに従わない反米のマスコミ関係者は、日本だと「赤報隊事件」のように暗殺されるので、親米のマスコミしか残らなくなるでしょう。)
    アメリカの意向を無視して余計なことをやったら、日本会議はマスメディアの総攻撃に晒されるでしょう。

    塵も積もれば山?俺の一票は塵より軽く、政治はゴミの山【9行】 - はてな匿名ダイアリー

    7.太字部分を読めば、発見がザックザク!(特に1条、3条-2、12条、24条、36条、102条は楽しい\(^o^)/ )



    まずは9条から見てみましょう。

    第二章 安全保障

    (平和主義)
    第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動としての戦争を放棄し、武力による威嚇及び武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては用いない。
    2 前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。

    (国防軍)
    第九条の二 我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。
    2 国防軍は、前項の規定による任務を遂行する際は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。
    3 国防軍は、第一項に規定する任務を遂行するための活動のほか、法律の定めるところにより、国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動及び公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るための活動を行うことができる。
    4 前二項に定めるもののほか、国防軍の組織、統制及び機密の保持に関する事項は、法律で定める。
    5 国防軍に属する軍人その他の公務員がその職務の実施に伴う罪又は国防軍の機密に関する罪を犯した場合の裁判を行うため、法律の定めるところにより、国防軍に審判所を置く。この場合においては、被告人が裁判所へ上訴する権利は、保障されなければならない。

    (領土等の保全等)
    第九条の三 国は、主権と独立を守るため、国民と協力して、領土、領海及び領空を保全し、その資源を確保しなければならない。



    アメリカの支援軍として、日本が集団的自衛権を行使するだけなら、この9条部分の変更だけで十分でしょう。
    それともアメリカは、日本を積極的に軍国化するためには、天皇制を再び利用して国民を煽る必要がある、と考えているのでしょうか?

    欧米の金融資本の目的は、アジアを分断して、漁夫の利を得ること。
    グローバル経済市場では、黄色人がお互いに潰しあって疲弊すれば、その分だけ白人が儲かるような仕組みになっています。
    (中国人はプライドが高い割には頭が悪いので、中国の軍備拡張がアメリカに容認されている理由が分からないのかも?)
    (白人から見ると、有色人種はただのアホ=鴨ネギに見えるかも?)
    アメリカは中国の出方を見つつも、日本を管理する立場にあるのです。

    それでは、日本会議がねじ込んだ、その他の部分を見ていきましょう。

    ・1条 → 天皇は日本国の元首
    ・3条-2 → 日本国民は、国旗及び国歌を尊重しなければならない
    ・12条 → 国民に保障する自由は濫用してはならず、常に公益及び公の秩序に反してはならない
    ・24条 → 家族は、互いに助け合わなければならない
    ・36条 → 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、禁止する
    ・102条 → 国会議員、国務大臣、裁判官その他の公務員は、この憲法を擁護する義務を負う

    見方を変えると、
    ・1条 → 日本国民は天皇の奴隷
    ・3条-2 → 思想、信条の自由を廃止
    ・12条 → 国民に自由はなくてOK
    ・24条 → 家族が大事だから家庭内暴力も容認
    ・36条 → 特別高等警察による拷問の復活
    ・102条 → 天皇は、憲法を擁護する義務から外された

    自民党(=戦後アメリカの資金で結成された政治団体)が、欧米のジャパンハンドラーの許可を得ていない憲法草案を出すことは不可能なので、どうしてこれらの項目が入ったのか?日本人はよく考える必要があるでしょう。
    (優秀な奴隷は、宗主国の代理人として出世するために、支配層の意向を理解して、汲み取る必要があるでしょう。)

    まあ、ぶっちゃけ、全体主義に染め上げた方が日本人を管理しやすい、ということなのでしょうか?

    ●天皇の価値
    三島由紀夫のように、現在の天皇には存在価値がないという考え方があります。
    (天皇=神だった時代があった。昔の天皇には存在価値があった。)

    対話・日本人論
    林 房雄 / 三島 由紀夫
    夏目書房
    2002-03
    ¥ 2,700


    英霊の聲 オリジナル版 (河出文庫)
    三島 由紀夫
    河出書房新社
    2005-10-05
    ¥ 702


    人間宣言 - Wikipedia

    三島由紀夫は、「僕は、新憲法で天皇が象徴だということを否定しているわけではないのですよ。僕は新憲法まで天皇がお待ちになれず、人間宣言が出たということを残念に思っているのです。いかなる強制があろうとも」と述べている。
    また、小説『英霊の聲』では、二・二六事件で処刑された青年将校たちや、神風特攻隊で戦死した兵士たちの霊に、
    「などてすめろぎは人間(ひと)となりたまひし」、
    「もしすぎし世が架空であり、今の世が現実であるならば、死したる者のため、何ゆゑ陛下ただ御一人は、辛く苦しき架空を護らせ玉はざりしか」、
    「あの暗い世に、一つかみの老臣どものほかには友とてなく、たつたお孤(ひと)りで、あらゆる辛苦をお忍びになりつつ、陛下は人間であらせられた。清らかに、小さく光る人間であらせられた。それはよい。誰が陛下をお咎めすることができよう。だが、昭和の歴史においてただ二度だけ、陛下は神であらせられるべきだつた。何と云はうか、人間としての義務(つとめ)において、神であらせられるべきだつた。この二度だけは、陛下は人間であらせられるその深度のきはみにおいて、正に、神であらせられるべきだつた」
    と語らせている。



    神風 - Wikipedia

    神風(かみかぜ、しんぷう、かむかぜ)は神道用語。神の威力によって吹く強い風を意味する。

    古くは日本書紀の垂仁紀において、「神風(かむかぜ)の伊勢の国は常世の波の敷浪の帰する国なり。この国に居らむと思ふ」という倭姫命(ヤマトヒメノミコト)が天照大神から受けた神託などに登場する。
    「神風の」は伊勢にかかる枕詞である(「神風や」は伊勢神宮に関係の深い五十鈴川などにもかかる)。

    第二次世界大戦の神風
    「神風」は、日本のその後の思想に大きな影響を与えた。特別攻撃隊の神風(Kamikaze)は、元寇を追い払った神風と同様に、連合国を討つということに由来する。この神風特別攻撃隊の事例は、世界的に有名となった。



    第2次世界大戦において、日本が連合国軍に敗北したのは、原爆投下によって無条件降伏を余儀なくされたからでした。
    ユダヤ人の科学者は、ドイツ人や日本人よりも頭脳が明晰だったので、先に原子力爆弾を完成させることができました。
    ナチスドイツがサッサと降伏してしまったので、原爆の実用性の確認実験は、日本がターゲットにされました。

    ・天皇は神風を吹かして、B-29爆撃機を墜落させることができなかった。
    ・天皇は敗戦後、自ら「人間宣言」をした。
    この2回の危機によって、天皇の権威と存在価値が消えてしまいました。

    日本人を窮地から救うだけの力が、天皇にはありませんでした。(結果論)
    実際には、天皇は神ではなかったので、神風によって原爆を跳ね返すことができませんでした。
    (冷静に観察すれば、天皇は神ではなく人間であることに気付くが、戦前の国民は、本気で天皇を神だと信じ込まされていました。)

    天皇が日本の国家元首であるためには、2つの条件が必要です。
    (1) 神風を吹かすことができる。
    (2) 日本人のみならず、世界中の全ての人間からの支持・尊敬を得ること。

    この2点が満たされない限り、天皇を神と呼ぶには無理があります。
    国家元首になってもらうだけの条件を備えているとは言えないでしょう。

    すなわち、神ではない天皇はただの人間であり、国家元首にすえる必要性が生じません。
    天皇ファンクラブに、日本人全員が加入を強制される必要もありません。
    天皇の条件はハードルが高いが、それだけ立派な存在であることが期待されていたからでしょう。

    さて、天皇制に限らず、一神教の宗教など、権威主義や人治主義の原動力は、個人の自尊感情(セルフエスティーム)の低さに由来しています。
    卑屈さとは、プライドの裏返しの感情であり、人はプライドが満たせないときに卑屈になります。

    神や天皇など何らかの存在を自分より上に置いて崇め奉る人々は、実は自分の中身がスッカラカンで、無価値な存在だということに気付いていますね?
    他者の権威に自分を同化させることで、自分の存在価値を高めようという試みは、屈折したプライド=卑屈さから生じた、安易な発想です。

    (事大主義に陥り、中国にゴマをする韓国の歴史を見ればよく分かるでしょう。)
    (資格をたくさん取る人の中には、素のままの自分は無価値なので、資格で飾り立てて、自分を立派に見せようと努めている人もいますね。)

    ●考えることと行動することの距離
    「言うだけなら誰でもできる」
    「考えることと、実行することの間には距離がある」

    世界の平和を祈るだけなら、誰でも出来ます。
    平和のために、必要な行動を実践することは、祈るだけよりも、やることが多くて大変になります。

    天皇陛下はガチで一騎当千!【その理由を知ってますか?】 - NAVER まとめ

    日本だと宗教が入り乱れているので想像しずらいかもしれないが、例えばキリスト教のローマ法王の仕事は何か?
    それは『お祈り』だ。わからない人は、一番偉い神父さんが皆のために神様に祈るのが仕事、と考えてもらえれば良いだろうか。
    日本の天皇もそれが仕事。一番偉い神主さんが神様に『国民が幸せであれ、日本が平和であれ』と祈るのが仕事なのだ。つまりは神事。
    それを聞いて「それだけでいいの?天皇って楽じゃない?」などと思うなかれ。
    世界でいうところのローマ法王と同じような立場の『天皇』だからこそ、外交においてその影響力は絶大なのだ。



    「国民に知ってほしい陛下の祈り」 | 櫻井よしこ オフィシャルサイト

    多くの日本人は天皇陛下が折りに触れ、国民のために祈って下さっていることや皇室の最重要の役割が国家、国民の安寧を願う祭祀であることを意識さえしていない。知りもしない。

    もっと重要な、国民の幸せのための祈りは皇室の私的行事と位置づけられ、殆んど報じられない。しかし、国民に伝えられない祈りこそ、皇室が常に最重要視し、自らの存在意義としてきた重要な活動なのである。

    『天皇陛下の全仕事』によると、天皇陛下は元旦の午前5時半には宮中三殿に並ぶ神嘉殿(しんかでん)の前庭にお出ましになる。庭中央の、屋根だけの東屋風の簡素な建物には清潔な青畳が敷かれ、陛下はそこで皇室の祖先神が祭られている伊勢神宮に遥拝し、国の安泰と国民の幸福、農作物の豊作などを祈り四方拝を行われる。元旦の東京の日の出は午前6時50分頃、したがって周りは暗く、厳しい寒さの中での厳粛な祈りである。

    御所から神嘉殿に向かわれる陛下をお見送りして、皇后美智子さまが詠まれた歌を、山本氏は紹介する。

    年ごとに 月の在(あ)りどを 確かむる 歳旦祭に 君を送りて

    歳旦祭に臨む前に、陛下はすでに御所で身を浄め、身装いを正しておられる。祖先の神々に祈りを捧げるずっと前から始まる仕度を、皇后さまは陛下と呼吸を合わせるようなお気持で見守っておられることだろう。そして、いよいよお出ましの時、闇に鎮まる皇居の森から視線を空に上げて、月の光を探される美智子さまのお姿が浮かんでくる。

    今上天皇は、新聞もテレビもあまり報じないこうした古代の祭祀を非常に大切になさるという。自らを慎み古式の装束での祭祀は年間30回を超えるそうだ。それを忙しい「公務」の間に手抜きもなさらず、とり行っておられる。かつて天皇は日本のまつりごとの主宰者だった。まつりごとは「祭り」であり「政」だった。

    農業国日本の一年は、天皇が国民の安寧と五穀豊穣を神々に祈って下さり、その祀りを軸にすぎていく。国民の生活も祝日も同様である。



    天皇陛下の全仕事 (講談社現代新書)
    山本 雅人
    講談社
    2009-01-16
    ¥ 972


    宗教における祈りや儀式は、「所作」や「型」という基本的な段階の行為です。
    野球やテニスで言えば、バットやラケットのスイング練習を行う入門の段階です。

    スイングの練習をした後、実際にグラウンドやコートに出て、より実践的な玉を打つ練習へとステップアップします。
    祈りや儀式も同様で、基本を終えた後は、実際に現象を変えていくために、より具体的な行動が必要になっていきます。

    農業で豊作を希望するなら、必要な雨を降らせたり、雲を移動させるために風を吹かしたりできないといけません。
    (昔の神事では、天候を操作しようと本気で努力していましたw)

    ・日本人だけではなく、世界中の人々に対して幸福を願うことも可能。
    ・人間だけじゃなくて、動物や植物など、全ての生き物に対して幸福を願うことも可能。

    別に、平和を希望することは、天皇の専売特許という訳ではありません。
    祈るだけなら、誰でも出来ます。

    人間には、2種類のタイプの人間がいます。
    (A) 他人の幸福を願う人間
    (B) 他人の不幸を願う人間


    前者であるなら、誰でも他者の幸福を願い、祈ることができます。
    しかも、「神に丸投げして終わり」ではなく、自力でも必要な行動をとるでしょう。

    ●天皇ファンクラブ
    「人々の幸福を祈る」ことがライフワーク、という人は、尊敬に値しますね?
    人の趣味は様々だから、天皇陛下や皇室が好きな人がいても不思議ではありません。

    美しすぎるプリンセスたち (双葉社スーパームック)

    双葉社
    2015-08-06
    ¥ 1,080


    しかし、皇室ファンを名乗る連中の中には、その看板だけを利用している不埒な輩も混ざっています。

    放射能は着実にあなたの体を蝕んでいます - 浜村拓夫の世界

    ・日本は、官僚(=模範的奴隷)が幅を利かせており、実質的には社会主義国家です。
    ・天皇を利用して、全体主義に走ろうとする輩もいます。国歌が大好きな政治家とかね。
    ・他方、在日朝鮮人が右翼の看板を掲げて街宣し、大和魂のイメージダウンを推進しています。



    【追悼】マリア・サントス・ゴロスティエタさん、死亡(享年36歳) - 浜村拓夫の世界

    (そもそも、日本の右翼団体の構成員が在日だらけ、という時点でボタンの掛け違いなんだろうけど。)



    ・戦後日本に取り残された朝鮮人の一部が、ヤクザになった。
    ・暴力団規制法で、組の看板を下ろしたヤクザが、疑似的な政治団体=右翼団体に移行。
    ・街宣車の乗り回す右翼団体の実質は、単なるヤクザであり、構成員は在日朝鮮人。

    このようなカラクリがある前提で、天皇が国家元首とか言われても、愛国心を持てる日本人なんて皆無なんじゃないでしょうかね?
    =基地外と一緒にしてもらっては困ります、と。
    (もちろん、在日朝鮮人・在日韓国人の全てが無法者というわけではなく、一部には普通の人や真面目な人もいらっしゃいますね?)

    ●奴隷の象徴
    第2次世界大戦で敗戦国となった日本は、連合国~アメリカの奴隷です。
    戦後、アメリカに押しつけられた憲法によって、天皇は奴隷(日本人)の象徴にされてしまいました。

    本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 (戦後再発見」双書2)
    前泊 博盛 / 明田川 融 / 石山 永一郎 / 矢部 宏治
    創元社
    2013-02-28
    ¥ 1,620


    東條英機 処刑の日―アメリカが天皇明仁に刻んだ「死の暗号」 (文春文庫)
    猪瀬 直樹
    文藝春秋
    2011-12-06
    ¥ 648


    天皇陛下 「生前退位」の意向示される | NHKニュース

    天皇陛下は、82歳と高齢となった今も、憲法に規定された国事行為をはじめ数多くの公務を続けられています。そうしたなか、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることが分かりました。
    天皇陛下は、「憲法に定められた象徴としての務めを十分に果たせる者が天皇の位にあるべきだ」と考え、今後、年を重ねていくなかで、大きく公務を減らしたり代役を立てたりして天皇の位にとどまることは望まれていないということです。こうした意向は、皇后さまをはじめ皇太子さまや秋篠宮さまも受け入れられているということです。
    天皇陛下は、数年内の譲位を望まれているということで、天皇陛下自身が広く内外にお気持ちを表わす方向で調整が進められています。



    宮内庁次長は全面否定「報道の事実一切ない」 生前退位:朝日新聞デジタル

     宮内庁の山本信一郎次長は13日夜、NHKが最初に生前退位について報じた後に宮内庁内で報道陣の取材に応じ、「報道されたような事実は一切ない」と述べた。宮内庁として生前退位の検討をしているかについては「その大前提となる(天皇陛下の)お気持ちがないわけだから、検討していません」と語った。さらに「(天皇陛下は)制度的なことについては憲法上のお立場からお話をこれまで差し控えてこられた」とも話した。



    明仁天皇の「生前退位の意志表明」は安倍政権と日本会議の改憲=戦前回帰に対する最後の抵抗だった!|LITERA/リテラ

    実は、宮内庁関係者の間では、今回の「生前退位の意志」報道が、安倍政権の改憲の動きに対し、天皇が身を賭して抵抗の姿勢を示したのではないか、という見方が広がっている。
    というのも、生前退位こそが、今、安倍政権や日本会議が復活を目指している大日本帝国憲法の思想と真っ向から対立するものだからだ。



    いい加減いい歳なんだし、本人の意向を尊重してあげればいいのにね?
    82歳になっても、公務と称してこき使われるって、ただの老人虐待だろ?
    宮内庁=官僚の発想って、ブラック企業より酷いかもねw
    こんなんだから、日本はいつまで経っても奴隷国家から卒業できないんだろうなー。

    ・日本はアメリカの奴隷
    ・天皇は奴隷の象徴
    ・アメリカの命令で憲法を変更(集団的自衛権の行使)
    ・生長の家は日本会議を批判
    ・自民党の憲法草案はゴミ

    それでも、憲法を変更したい人は、草案に自分の意見を盛り込むために、日本会議へ参加すべきでしょうか?
    日本人なら、一度は思考実験として、自分で憲法の草案を考えてみるべきなのでしょう。

    ●武力の源泉は科学技術
    日本人の希望が9条改正、再軍備なら仕方ないと思うけど、本当にやるなら最強の軍事力を持たないと意味がない。
    =中途半端が一番危険。
    どこの国と戦争やっても勝てるような武力を持たずに、戦争をやったら逆に悲惨な目に遭う。
    =原爆投下、敗戦の経験から、日本人は教訓を得るべき。

    世界最強の武器を作るためには、世界最高レベルの科学技術力がないといけません。
    原子力兵器やレーザー兵器などのエネルギー兵器を超える武器の具体案を、日本会議の人々は持っているのでしょうか?
    (多分なさそうw)

    無人兵器(ロボット+人工知能)や宇宙兵器を開発できないと、日本は最強の軍事国家にはなれないでしょう。

    (人類はいい加減戦争をやめて、宇宙開発に総力を結集した方が良いと思うけど、学習能力がないから仕方ないですねw)
    宇宙からは国境線は見えなかった - 浜村拓夫の世界

    人類が一致団結して、戦争で費やすヒト・モノ・カネを、全て宇宙開発に振り向けたら、人類は月旅行に行けるだけの乗物を手に入れられるのではないでしょうか?



    無人兵器 最新の能力に驚く本: ステルス機からヘリ、戦車、潜水艇、歩行ロボットまで (KAWADE夢文庫)
    白鳥 敬
    河出書房新社
    2016-01-20
    ¥ 670

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1395-d7f60778

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。