ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アイディアプロセッサー Frieve Editor

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - アイディアプロセッサー Frieve Editor あとで読む
    有向グラフを作図するときに便利なツールがありました。

    有向グラフ

    Frieve Editor

    Frieve Editor(フリーブエディター、Windows用フリーソフトウェア)は、思考の整理や、斬新なアイデアの発想を支援する新しい エディターです。



    主な特徴
    Frieve Editorは以下のような特徴を備えています。

    ・カードとリンクによる表現
     Frieve Editorでは、1つの事を1つのカードに記述していき、それらの関係をリンクで表現します。リンクはどのカードからどのカードへも貼ることができますので、複雑な事柄も無理なく記述できます。

    ・ラベルによるカード、リンクの分類
     各カード、リンクには、複数のラベルをつけることができます。ラベルはユーザが自由に定義することができます。カード、リンクは画面上でラベルにより色分けして表示されるため、カードやリンクの意味を一目で確認することができます。

    ・カードの自動整理、表示選択
     Frieve Editorでは、カードに貼られたリンクや、カードに付けられたラベル情報を元に、カードのレイアウトを自動的に整理することができます。これの機能は、入力した情報を様々な角度から見ることを容易にします。ラベルによってカードやリンクの表示/非表示を選択したり、リンク数によって表示するカードの範囲を制限することにより、簡単に必要な情報のみを表示することができます。

    ・アニメーション
     Frieve Editorでは、アイデアの発想を支援したり、記述された事柄に対する理解を助けるためのいくつかのアニメーションをサポートしています。
     作成したカードをランダムに提示するアニメーションでは、異なるカード同士からアイデアが生まれるのを支援します。リンクをランダムにトレースするアニメーションは、カード同士の関連を直感的に理解するのに役立ちます。




    アイデアプロセッサ Frieve Editor - YouTube

    Frieve EditorとFreeMind - Coup Franc!

    Frieve Editorはマインドマップというより連関図法でマップを作成したい時に役に立つソフトで、単語を書くとそれが「カード」として画面上に置かれ、思いつくままに「カード」をどんどん作って溜めていく事が出来ます。
    「カード」は適当に画面上を移動できるため、思いつきで書いた「カード」を分類しながら並べ直す事が出来ます。
    さらに「カード」には「ラベル」と「リンク」というものを付ける事が出来ます。
    「ラベル」とは要するに「カード」を色分けする機能で、同じカテゴリーのカード同士を色で見やすくする事が出来ます。
    同じ「ラベル」を楕円や矩形で囲むこともできるので、カテゴリーを見やすく整理するのに役立ちます。
    「リンク」はカード同士を線で結ぶこと。
    この「リンク」にも「ラベル」で色分けできる他曲線や点線、矢印の有無を指定できるため、かなり細かく線を使い分けできます。

    実用的には会社のQCなどで現状把握の後の原因を追求するところで、要因を列挙してから関連図を作る時に威力を発揮しますが、お遊びレベルとしてはドラマなどの人物相関図を作るのに役立ったりします。



    Frieve Editor

    アイデアプロセッサ Frieve Editor - NAVER まとめ

    Vector:Frieve Editor - コメント・評価

    No.4 2007-08-27 16:29:25  kazuo.takeuchi_1 評価:★★★★★

    コメントタイトル: とてもすばらしいソフト

    コメント内容: とてもすばらしいソフトウエアと感じています。親和図、連関図、系統図などを組み合わせることができるたけでなく、アニメーションによるカードのランダム配置により、思考のシミュレーションができる優れた機能を持っています。只今、理想像に対する方策をテーマにした研究に活用させていただいています。
    系統図として作成する場合に任意に指定した複数カードをそのままの配置で移動できたり、整列機能があると操作性がさらに良くなると思いました。




    ●マインドマップとの違い
    マインドマップ(樹形図)を描く「Freemind」というツールと使い勝手を比較すると、ノード間のリンク(線)を編集する機能が、「Frieve Editor」の方が便利だと思いました。
    Freemindだと、線をループさせるときに、結線しづらいと思いました。

    ノードとノードを結んだ線をループ状にしたい場合、Freemindだと本来のリンクの線とは違う、ただの矢印線になります。
    Frieve Editorは、ノード間を自由に結線できるので、リンクの表現がより自由になっています。
    閉じた環の有向グラフを描くときに、Frieve Editorのようなツールが向いているでしょう。

    (参考) Freemindの矢印線の追加方法
    線、矢印を作成|free mind | free mindの使い方
    矢印の追加・着色・変形・削除 | FreeMind使おう会


    ●作例
    ・Frieve Editor
    Frieve Editor

    ・Freemind
    Freemind

    Frieve EditorとFreemindの良い所取りをしたツールがあると便利ですね!

    デジタルマインドマップ超入門
    金子正晃
    ディスカヴァー・トゥエンティワン
    2014-05-22
    ¥ 1,512


    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1389-e6396de0

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。