ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    腸腎連関

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 腸腎連関 あとで読む
    腸と腎臓の関連性について、研究されていました。(メモ)

    ・腸内環境(腸内細菌叢)が悪化すると、尿毒素(インドキシル硫酸など)が増える。
    ・尿毒素が増えると、腎臓が悪化する。
    という関連性が、「腸腎連関」という概念で検討されています。

    腸腎連関 - Google 検索

    KAKEN - 慢性腎臓病と異常腸内細菌叢による悪循環「腸腎連関」の病態生理の解明(25461210)

    腎障害惹起により尿毒素が蓄積することが初期の腸管内環境の変化に重要である、という仮説



    【機能性食品 Vol.211】腸内フローラと「腸腎相関」、生物工学会とゲノム編集:日経バイオテクONLINE

    「腸腎連関:腸内環境と腎不全の相互作用」
    慢性腎障害では、初期変化により腸内フローラを始めとした腸内環境に変化が生じ、腸管粘膜の慢性炎症によりさらに尿毒素産生が亢進され、悪循環を形成する「腸腎連関」という概念を提唱



    腸内細菌と慢性腎臓病 | メディカルレビュー社 M-Review(エムレビュー)

    慢性腎臓病(CKD)と腸管との関連
    慢性腎臓病(chronic kidney disease;CKD)は,糖尿病,高血圧,慢性糸球体腎炎などを現疾患として慢性の経過で腎機能が徐々に低下していく病態である。
    近年,肥満,糖尿病,動脈硬化など腸疾患以外のさまざまな病態への腸内細菌叢の関与が注目されており,CKDにおいても腸内細菌叢や腸内環境が変化していることが報告されている。
    そして,CKDにおける腸管および腸内細菌叢のさまざまな変化や悪化は,慢性炎症や尿毒素蓄積などの機序を介してCKDの病態に影響を及ぼしているという,「腸腎連関」の病態が本稿で概説するように報告されてきている



    アンチ・エイジング医学 12ー1―日本抗加齢医学会雑誌 特集:腎臓とアンチエイジング

    メディカルレビュー社
    2016-03
    ¥ 1,620


    便秘薬による腸内環境の改善が慢性腎臓病の進行を抑制 - 東北大と慶大 | マイナビニュース

    東北大学と慶應義塾大学はこのほど、便秘症の治療薬として使用される「ルビプロストン」という薬剤に、慢性腎臓病の進行を抑える効果があると発表した。

    腎臓が働かないために、体内に溜まってしまった尿毒素による各種腎臓への悪影響を抑えることが腎臓病の進行を抑制する手段として期待されている。また、腎臓病で蓄積するさまざまな尿毒素のうち、最も有害といわれているインドキシル硫酸などの産生には腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう:体内の細菌群が作り出す生態系)が関わっていることが知られており、近年、慢性腎臓病では腸内環境全体が悪い方向に変化していること明らかとなっていた。

    この背景から研究チームは、腸内細菌叢を慢性腎臓病の新しい治療ターゲットとして腸内環境および腸内細菌叢に注目して研究を続けていた。

    今回の発見では、腸内環境を変化させる薬剤として、一般には便秘症の治療薬として使用されるルビプロストンの効果を検討した。同剤は腸液の分泌を増加させ、腸管内容物の移動を促進させる効果を持つ。



    ルビプロストンは腸内環境を変化させ、アデニン誘発性慢性腎臓病の進行を抑制する|おなかのはなし.com

    慢性腎疾患(CKD)は世界規模の健康問題であり、尿毒素の蓄積が病態の悪化を促進し、末期腎不全や心血管疾患を惹起し、死亡に至るリスクが高いことが知られている。
    それゆえ尿毒素の蓄積を予防することは、腎障害の進行を抑制するために重要であると考えられる。
    腸内細菌の代謝物としてインドキシル硫酸など種々の尿毒素性物質が産生されるため、腸内細菌の状態は尿毒素の蓄積に影響する。
    さらにCKDにおいては腸内細菌叢を含む腸内環境が悪い方向に変化しており、腸内環境がCKDの発症及び進行に関係しているとの報告もあるが、そのメカニズムは未だ明らかでない。
    一般に慢性便秘症では、腸内環境が悪化し腸内細菌叢の組成が変化しているが、慢性便秘症はCKD患者においてもよく見られる。

    インドキシル硫酸や馬尿酸などの尿毒素は腸内細菌叢から発生するため、腸内細菌叢のバランス失調は尿毒素の蓄積に関係していると考えられている。

    ルビプロストンは、腸内細菌叢のバランスや腸内環境を改善することにより、尿毒素の蓄積を減少させ、CKDの進行を抑制することが示された。



    ルビプロストン - Google 検索

    ルビプロストン - Wikipedia

    ルビプロストン(Lubiprostone、商品名:アミティーザ)は、主に過敏性腸症候群に関連する慢性特発性便秘症やオピオイド投与の副作用としての便秘の治療に用いられる医薬品である。
    米国で2006年1月に(2007年9月、2013年4月に承認追加)、日本では2012年7月に承認された。



    本当に新しいものは、市場調査では見つからない - 日経テクノロジーオンライン

    Lubiprostone
    上野氏が開発した2番目の新薬、慢性便秘症治療薬「アミティーザ」



    腸内細菌叢のメンテナンスは、健康に役立つだろう。

    プロバイオティクスで絶好「腸」!? - 浜村拓夫の世界

    やせる! 若返る! 病気を防ぐ! 腸内フローラ10の真実
    NHKスペシャル取材班
    主婦と生活社
    2015-08-28
    ¥ 1,393

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1363-a303b9af

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。