ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    メンタルがタフな乙武洋匡氏?

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - メンタルがタフな乙武洋匡氏? あとで読む
    最近、乙武洋匡という人が話題になっているそうです。

    乙武洋匡の5股不倫のせいで障害者のイメージが悪くなった どうしてくれるんだ!! - だいちゃん.com

    五体不満足でお馴染みの我らが障害者アイドル(笑)乙武洋匡さんが5股不倫をしていたともっぱらの話題です。
    4年半ほど前には、自分自信で自虐ネタとも取られないような発言をしているところも発掘されています。



    五体不満足
    乙武 洋匡
    講談社
    1998-10-16
    ¥ 1,728








    『週刊新潮』の報道について - 乙武洋匡

    『週刊新潮』の報道について

    このたびは私の不徳の致すところにより、多くの方にご迷惑、ご心配をおかけして、たいへん申し訳ございません。
    報道された私の行いは、これまで支えてきてくれた妻と、私を慕ってくださっている方々を裏切る行為であり、決して許されるものではありません。
    以前より、妻には私のこれまでの行いを打ち明け、話し合いをしておりました。一生かかっても償いきれないほどの過ちであるにもかかわらず、妻は私を許し、やり直そうと言ってくれました。
    「夫として、父として、もう一度、あなたを家族として迎え入れたい」と言ってくれた妻に、今度こそ応えたいと思っています。
    失った信頼を回復するのは決してたやすいことではありませんが、いま一度、自分を見つめ直し、家族と向き合っていく所存です。
    妻や妻のご両親、3人の子どもたちに心より謝罪し、またこれまでの仕事や活動のなかでお世話になっているみなさまに深くお詫び致します。

    2016年 3月24日
    乙武洋匡


    このたびは、夫、乙武洋匡の行動が週刊誌で報じられた件につきまして、多くのみなさまにご迷惑をおかけしたことをお詫び致します。
    このような事態を招いたことについては、妻である私にも責任の一端があると感じております。
    今日に至るまで二人でしっかり話し合った結果、3人の子どもたちのためにも、あらためて夫婦ともに歩んでいくことを強く決心致しました。
    本人はもちろん、私も深く反省しております。
    誠に申し訳ございませんでした。

    2016年 3月24日
    乙武仁美



    不倫の謝罪で、本人が謝罪するのはまだ分かるとしても、
    浮気された奥さんが謝罪するって、意味不明ですね?

    謝罪の本質は「自己保全」です。

    人間誰しも自分が一番かわいい。
    自分を他者の攻撃から守るために、謝罪して、他者からの非難を緩和しようという思惑があります。
    だから、謝罪している奴らって、本音と建前を使い分けているだけなのです。

    ・本音=ギブアップ宣言したから、もうこれ以上俺を攻撃すんなよな。
    ・建前=自分が悪かったと反省し、償うので、どうぞ怒りを鎮めてください。

    ポイントは、謝罪する奴は、本音では「悪いと思っていない」ということです。
    =よく考えれば、誰でも簡単に分かることですね。

    ・不倫が悪いこと、やってはいけないことだと思えるだけの「価値観」(判断基準)を元々持っていたら、そもそも不倫なんかしていない。
    ・不倫は別にOK、不倫をやりたいという「価値観」(判断基準)を持っているからこそ、不倫をやっている。
    これが実態なのです。

    謝罪の言葉を聞いて、相手を許す気持ちになれる人がいたら、単に騙されやすいお人好しに過ぎません。
    だから、謝罪には何の意味もないのです。

    形だけ謝罪している奴らは、
    「謝るくらいなら、最初からやるな!」
    と、よく言われますね?

    後出しジャンケンで、一生懸命言い訳して、自分を正当化しようと頑張る奴を見ると、とても悲しくなります。
    =どんだけアホなの?って。

    乙武洋匡という存在

    一つ言えることは、
    乙武洋匡は別に障碍者の代表ではありません。
    それは、乙武さん本人も言っていることです。

    そして、乙武さんは、
    「障碍者だけど明るく元気に生きている」
    というのを売りにしたい
    ようですし、それを私達が否定する権利はありません。

    ただ、私が話を聞いた障碍者の子達の言葉を代弁すると、
    「もっと、障碍者として苦労した部分を書いて欲しい。」
    ということでした。

    ちなみに、私も「五体不満足」は読みましたが、正直、障碍者が無理して書いた自慢話、にしか思えませんでした。



    自分が障害者であることを、ハンディーキャップとするのではなく、逆に売名行為の切り札として使ってしまえるのが、乙武氏の知略なのでしょう。
    =印象操作を行い、他人を自分の支持者に仕立て上げるのがうまい。

    何年も前からネタを仕込み、炎上商法で金儲けと売名行為を行う。
    普通の人なら、恥ずかしくて、とてもできないような真似を平気でやってのける。
    知的障害者は頭が回りませんが、身体障害者は頭が切れる(切れてる?w)奴もいる。

    これだけ図々しい人間も、そうはいませんよね?
    他人からなじられても、外面は申し訳なさそうに振舞いつつも、内心は全く気にしてない。
    =他人が何を言おうが、全く気にならない人というのは、メンタルがタフなのだろうと思われます。

    まあ、私は直接の利害関係にはないので、乙武氏を嫌う理由は何もありませんが。


     * * * * *


    世の中には、図々しい奴が結構います。
    そういう奴に限って、自分は図々しくないと思っている節がありますが。

    図々しい奴らを反面教師として見るとき、
    「綺麗は汚い 汚いは綺麗」(シェークスピア)
    という言葉を想起します。

    綺麗は汚い - 綺麗は汚いとはどう意味でしょうか。 - Yahoo!知恵袋

    シェークスピアの「マクベス」に出てくる魔女のセリフですね。

    綺麗は汚い 汚いは綺麗 綺麗は汚い 汚いは綺麗
    さあ飛んで行こう 霧の中 汚れた空をかいくぐり…とありますね。

    優しくて、綺麗なものは誰にでも支持されるように思うけど
    実際のところ人はブラックなものに飢えていて
    汚いものは綺麗なものと同じくらい求められる。

    ハッピーエンドなストーリーを求めつつも
    嫉妬やウソ、残酷な描写を除いただけの単なる綺麗事では
    人は満足せず、退屈な話だと感じる生き物だよ、とういう意味です。



    おためごかし~口先で綺麗事ばかり並べている奴も実は中身が真っ黒、ということはよくあることですね?
    (てか、自分も含めて、みんなそんなもんだと思います。)
    特に「自分は正しい」「相手が間違っている」と思っている奴、言ってる奴ほど恥知らずで、蓋を開けたらヤバイです。

    私は、下品な振舞いをしたいとは思いませんが、タフなメンタルを保つ方法については、見習いたいと思いますw

    自分を愛する力 (講談社現代新書)
    乙武洋匡
    講談社
    2013-03-14


    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1346-f2814a8d

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。