ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Cellebrite UFEDでiPhoneロック解除?

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Cellebrite UFEDでiPhoneロック解除? あとで読む
    iPhoneのロックを解除できる機械があるらしいです。

    FBIの隠し玉は、まさかの「いっき」子会社。iPhoneロック解除で日系企業が協力か : ギズモード・ジャパン

    長期化の様相を呈してきた、FBI vs アップルのiPhoneロック解除問題。サンバーナーディーノ銃乱射事件の容疑者のバックドアに関して、FBIが「もうアップルの協力は必要ない」と意味深な発言をしたのは数日前のことでした。

    米司法省はその際、本来3月22日に予定されていた公聴会を4月5日に延期すると発表。理由として、iPhoneのロックを解除できる「とあるサードパーティ」からのソリューションの提案があったからだといわれていました。

    そして、イスラエルのYedioth Ahronoth紙によると、その隠し玉として浮上したのが、日系企業でもあるCellebrite社。本社をイスラエルに構える彼らは、モバイルデバイスにおいて独自のロック解除技術を保有しているのだそうです。

    ちなみに、このCellebrite社は、ファミコンの名作「いっき」を発売した日本のサン電子の子会社。これを受けて、東証における24日のサン電子の株価がストップ高になるという現象も発生しています。



    FBIが犯人のiPhoneを見ようとして、ロック解除を要求していましたが、Appleは拒否していました。
    日本のサン電子の子会社であるCellelrite社が、iPhoneのロック解除技術を持っていました。
    スマートフォンのセキュリティーって、結構甘いのかもしれませんね!?

    Cellebrite UFED :: サン電子株式会社

    各国の警察、軍、法執行機関、諜報機関等で携帯電話、スマートフォン、PDA等の
    データ抽出の際に使用されているリーディングプロダクト
    携帯電話は犯罪捜査において重要な証拠品として扱われております。
    近年増加する、振り込め詐欺、違法薬物取引、盗撮、外国人犯罪などの対処、証拠の抽出に非常に有効です。



    あらゆる証拠データ抽出が可能
    スタンドアローン機ですので、データ抽出作業の際、コンピュータを必要としません。MD5ハッシュ番号機能により、データの機密性を保持させております。世界言語対応。

    抽出データ例
    ● 通話履歴(着信、発信、不在着信) ● 電話帳
    ● 携帯電話詳細データ(IMEI/ESN,電話番号など)
    ● SMS ● 写真、イメージファイル
    ● ビデオ ● 音楽データ
    Memory Dump機能を使用し、削除済みデータの抽出も可能です。 (一部機種) 機種によって抽出できるデータに違いがございます。 詳しくは各ページにてご確認ください。



    Cellebrite UFED 4PC

    Cellebrite UFED

    スマートフォンは、ロックがないものとして利用しましょう!
    =見られて困るデータは保存しない。

    BYOD導入ガイド スマホ・タブレット徹底活用 (日経BPムック)

    日経BP社
    2013-10-09
    ¥ 2,376


    スマートフォンの業務利用におけるセキュリティ対策
    吉田 晋
    ソフトバンククリエイティブ
    2012-03-31
    ¥ 2,138



    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1343-eed62276

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。