ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    小保方晴子さんの新刊「あの日」

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 小保方晴子さんの新刊「あの日」 あとで読む
    小保方晴子さんが手記を出版されていました。

    小保方晴子さん

    あの日
    小保方 晴子
    講談社
    2016-01-29
    ¥ 1,512


    Amazonのレビューが賑わっています。(メモ)

    Amazon.co.jp: あの日の 笹井氏の後輩さんのレビュー

    カスタマーレビュー

    やむをえずコメントします, 2016/3/10
    投稿者 笹井氏の後輩
    レビュー対象商品: あの日 (単行本)

    そこまで特異な人物が世の中に存在するとは普通は思わないのです。
    一般の方が「本人がそれほど言うなら何かあるはずだ」と信じたくなるのも致し方ないと理解します。

    私は笹井氏の後輩であり基礎医学研究を行ったり病院で医師として勤務したりしています。
    その双方で普段の生活ではまずお目にかかれない驚くべき人物にたくさん出会いました。

    研究という名を借りれば、その言説が罰せられることはまずありませんし、一般の方にはかない夢を見させることもできます。
    だからこそ研究室の役割の一つは、そういう人物を早期に見つけ教育による修正が不能なレベルならせめて世に出さないことです。私が所属した研究室でも類似の例はありましたが、未然に対処できたと思います。

    また病院の役割の一つは、そういう人物を早期に見つけ、治療による改善が期待できないのであればせめて病名を付けるなどして関係者に分からせることです。ことに一部の精神疾患患者に関わるとき医療従事者はそのように気遣います。

    このような特異な人物の存在に思いを巡らせることは決して快いことではありません。ただ、私たちの一見平穏な社会生活はそのような地道な努力の上に成り立っていることは理解して頂きたいと思います。

    笹井氏は研究者であり医師でありながら、いずれの役割をも果たすことができませんでした。
    のみならずNatureへ論文を通したり記者会見を開くなどして、世に出すことに積極的に加担しました。
    それに気づいた時、自害に値するほどの自責の念を感じたであろうことは理解できます。

    この本に関わるつもりはありませんでした。
    しかし、先日帰省した折、基礎医学への理解を深めようとした老母がなけなしの年金でこの本を購入し賛意を求めたため、このレビューをアップします。
    出版社には社会的責任を自覚してもらいたいです。



    ・研究所の役割: 研究という名を借りた虚偽を発表する人物を早期に見つけ、教育による修正が不能なレベルなら、世に出さない。
    ・病院の役割: 虚言癖の人を早期に見つけ、治療による改善が期待できないレベルなら、せめて病名を付けるなどして関係者に分からせる。

    辛辣な意見ではあると思いますが、病名を付けるという行為には、周囲に危険の所在を認知させる機能もあるのだ、ということでしょう。

    ・不要な偏見を招かないように注意する。
    ・一方で、慎重な姿勢で向き合うように、警戒心を持たせる。

    研究所や病院に期待される役割・義務として、専門家の立場から適切なパブリックコメントを発信することが求められているのかもしれませんね?


     * * * * *


    STAP細胞を巡って、様々な本が出版されていました。
    そんなに売れるものなのでしょうか!?

    STAP細胞に群がった悪いヤツら
    小畑 峰太郎
    新潮社
    2014-11-27
    ¥ 1,404


    捏造の科学者 STAP細胞事件
    須田 桃子
    文藝春秋
    2015-01-07
    ¥ 1,728


    闇の支配者に握り潰された世界を救う技術 <現代編>
    ベンジャミン・フルフォード
    イースト・プレス
    2015-02-15
    ¥ 1,728


    森羅万象を解く_STAP細胞は存在していた! 強奪されていた小保方晴子・世紀の大発見・他3作品
    スピリチュアルサイエンス研究会 / ベリー西村 / つぶつぶグランマゆみこ
    星雲社
    2015-03-07
    ¥ 1,728


    STAP細胞の正体  「再生医療は幻想だ」 復活! 千島・森下学説
    船瀬 俊介
    花伝社
    2015-05-25
    ¥ 1,836


    STAP細胞 残された謎 (Parade books)
    佐藤貴彦
    パレード
    2015-12-07
    ¥ 1,404


    STAP細胞はなぜ潰されたのか ~小保方晴子『あの日』の真実~
    渋谷 一郎
    ビジネス社
    2016-03-26
    ¥ 1,512





    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1337-23e36ae2

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。