ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    竹炭パンの効果

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 竹炭パンの効果 あとで読む
    世の中には、いろんな食品がありますね?

    「竹炭」を使った真っ黒なパンがあることを知り、ビックリしました。
    こんな小汚ねえもん食う奴いんの?って。
    竹炭パンのレシピ [クックパッド]


    ●竹炭、活性炭
    竹炭 - Wikipedia

    竹炭(ちくたん、たけすみ)とは、竹を人為的に炭化させたものである。
    主に燃料炭として使われる木炭と違い、竹炭は生活補助機能目的として利用されることが多い。



    活性炭 - Wikipedia

    活性炭(かっせいたん、英語 activated carbon)とは、特定の物質を選択的に分離、除去、精製するなどの目的で吸着効率を高めるために化学的または物理的な処理(活性化、賦活)を施した多孔質の炭素を主な成分とする物質である。

    原材料としてはマツなどの木・竹・椰子殻・胡桃殻などの植物質のもののほか、石炭質、石油質などの原材料が用いられる。

    活性化(賦活ともいう)の方法は水蒸気や二酸化炭素、空気などのガスを使う高温炭化法(800 - 950℃)が一般的で、これらを物理法という。
    他に塩化亜鉛などの化学薬品を使って処理した上で加熱し、多孔質にする方法もあり、化学法という。



    竹炭には、何か効用があるのでしょうか?
    食べる竹炭、食用炭パウダー - 日本漢方研究所

    竹炭の食品は、取りすぎた糖分や脂肪分などを吸着すると言われ、食物繊維が豊富なため、整腸作用もあるとされています。



    活性炭のように、微細孔で微量物質を吸着する効果が、竹炭にもあるようです。
    吸着によるデトックス効果を狙っているようですね?

    デトックス - Wikipedia

    デトックス(detox)とは、体内に溜まった毒物を排出させることである。
    この呼び名は "detoxification"、解毒の短縮形である。
    つまり、(体内から毒素や老廃物を)取り除くことである。



    活性炭は、水を濾過したりするときにも使われます。

    三菱レイヨン・クリンスイ 蛇口直結型浄水器 クリンスイ モノ MD101 MD101-NC

    三菱レイヨン・クリンスイ

    ¥ 2980


    活性炭は、オーバードース(薬物の大量服用)したときに、胃洗浄でも使われます。

    オーバードース - Wikipedia

    オーバードース(英語: drug overdose)とは、身体あるいは精神にとって、急性の有害な作用が生じる程の量によって、薬物が使用されることである。
    それによって一時的、あるいは永続的な影響があり、最悪死亡する事がある。
    略称は OD で、服用量の dose と、過剰・超過を意味する over の複合語である。
    日本語では過剰摂取、過量服薬と和訳される。

    診断と治療
    摂取から1時間以内であれば、活性炭による吸着がなされる。



    胃洗浄・ODについて - Yahoo!知恵袋

    胃洗浄って口から管を入れて、生理食塩水とか活性炭の吸着剤だとかが混じったものを流し込んで、胃を洗う




    ●活性炭と竹炭の違い

    ヤシガラ活性炭「活力炭」も木炭や竹炭も基本的には天然木質系」材料を炭化したものなので、効能的には似たようなものですが、絶対的な性能は、表面積の差により大きく異なります。
    細孔の表面積が一般的な竹炭や備長炭は100~300㎡/g程度、これに対し活力炭は1,100~1,200㎡/g。
    その理由は、活力炭は賦活(ふかつ)と呼ばれる高温水蒸気の熱処理工程を経て、工業的に品質管理して製造されています。
    それに対し竹炭や備長炭などは一般的に炭窯による製造が主となっており、そのため窯内部の上部や下部の位置により炭化温度にムラがあり、品質的にもバラツキが発生します。
    また細孔の表面構造においても、複雑な表面である活力炭に対して、木炭や竹炭は菱形のような比較的シンプルな構造です。
    こういった違いが、品質や脱臭性能にも大きな差をつけます。
    高性能な商品のお求めなら、活力炭が断然有利です。

    炭の吸着性能を検証するために、テドラーバック10Lにアンモニア40ppmを注入し、活力炭、備長炭、竹炭、木炭を入れてから、1時間後のそれぞれのアンモニア濃度を測定しました。

    1時間後(アンモニアを検出しなければ検知管はピンクの状態)
     活力炭: 残存量 0ppm
     備長炭: 残存量 35ppm
     竹炭: 残存量 40ppm以上
     木炭: 残存量 40ppm以上



    アンモニアを吸着する実験では、竹炭よりも活性炭の方が効果が高かったようですね。
    竹炭でも、まあまあ吸着できるようですが、それほど吸着能力が高いわけではないと。

    食用炭?は食べ過ぎないほうがいいですよ - NAVER まとめ

    竹炭パウダーって? : 心や体の悩み : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

    薬事法的な問題で、効能がうたえないのではないでしょうか。

    竹炭は分子サイズの小さな孔がないことはないでしょうから
    水中にいれると溶けている物質をいくらかは吸着するのでしょう。

    口から飲み込んで、胃の中で悪いものだけ吸着して、そのまま排泄されればいいかも知れませんね。悪いものだけ選んで吸着するといいのですけど。
    実際、ある特定の病気の治療薬として活性炭を飲むケースはあります。
    ただ、竹炭は活性炭ほど小さな孔はないうえ、パンとかクッキーに先に混ぜてしまっては、その類似効果も出るのかは疑問です。

    また、炭そのものは水に溶けませんから、腸壁で吸収されることはないですね。
    腸のそうじにでもなるのかも知れません。
    ただ、きちんと洗ってない炭の場合だと、怪しい物質が溶け出すかも?!
    胃の中はもともとかなりの酸性ですから。

    実際のところ、体にいいかどうかは何ともいえないのではないかと思います。
    健康食品のひとつとして、自分で判断する以外ないでしょう。



    パンの生地に、竹炭のパウダーを練り込んでしまったら、竹炭の表面にある微細孔を塞いでしまって、吸着効果が減ってしまうのではないでしょうか?

    対照実験として、
    (1) 活性炭
    (2) 竹炭
    (3) パンに入れた竹炭 (細かく砕いてパンくず状にしたもの)
    (4) パンのみ (細かく砕いてパンくず状にしたもの)
    という4つの試料で、アンモニアの吸着力を測定してみるべきでしょう。

    (4)は、パンからにじみ出る不純物の影響を考慮するために必要です。
    また、測定値のドリフトを検証するためにも、(4)が必要だと思われます。

    ドリフト(ドリフト)とは - コトバンク

    ドリフト(drift)
    5 測定器で、測定対象や条件を固定しても、時間とともに示される値がしだいにずれること。また、その値。



    計測工学で「ドリフト」というのがありますが、その意味と、影響をなくする計測方法を教えてください。 - Yahoo!知恵袋

    ドリフト:(一定のものを図ったときに)測定値(オフセットやゲイン)が温度変化や経過時間で変わってゆくもの。
    影響をなくすには、周囲の環境(温度や湿度など)を一定に保ったり、定期的に校正する測定シーケンスを組んだり、同程度のドリフトを持つ測定器を二組用意してドリフトのキャンセルをしたりする。



    おそらく、パン生地に練り込んでしまった竹炭は、竹炭のみのときよりも、さらに吸着力が低下しているはずです。
    なので、竹炭パンを食べても、デトックス効果は、ほとんどないと予想されます。(仮説)

    結論: 食用の竹炭は、食べなくてOK

    竹炭の里 竹炭パウダー 無味無臭 30g
    1000メッシュ 10ミクロン
    宮崎県産 お菓子やキャラ弁、デトックス効果、ペットのご飯など幅広くお使いいただけます。


    竹炭の里

    ¥ 864

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1335-4ce6ff59

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。