ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    仕事の生産性を高める「心理的安全」

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 仕事の生産性を高める「心理的安全」 あとで読む
    Googleの研究で、仕事の生産性を高めるポイントが報告されていました。(メモ)
    「心理的安全性」という概念が、キーワードのようです。

    グーグルが突きとめた!社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ プロジェクト・アリストテレスの全貌 | ITトレンド・セレクト | 現代ビジネス [講談社]

    What Google Learned From Its Quest to Build the Perfect Team - The New York Times

    米グーグル(持ち株会社に移行後の正式社名は「アルファベット」)は2012年に生産性向上計画に着手した。

    この計画は「プロジェクト・アリストテレス(Project Aristotle)」と呼ばれ、同社の「人員分析部(People Analytics Operation)」によって実施された。


    成功のカギは「心理的安全性」

    このように目立ったパターンが見出せずに困り果てたグーグルの人員分析部では、集団心理学に関する学術論文など、アカデミックな調査結果を再度深く当たってみることにした(同プロジェクトの初期段階では、それから始めていた)。

    そして、そこから浮かび上がってきたのは「他者への心遣いや同情、あるいは配慮や共感」といったメンタルな要素の重要性だった。つまり成功するグループ(チーム)では、これらの点が非常に上手くいっているというのだ。

    たとえば一つのチーム内で誰か一人だけ喋りまくって、他のチームメイトがほとんど黙り込んでいるチームは失敗する。逆に(途中で遮られるかどうかは別にして)チームメイト全員がほぼ同じ時間だけ発言するチームは成功するという。

    それは暗黙のルールとして、そのような決まりを押し付けるのではなく、むしろ、自然にそうなるような雰囲気が、チーム内で醸成されることが重要なのだという。

    つまり「こんなことを言ったらチームメイトから馬鹿にされないだろうか」、あるいは「リーダーから叱られないだろうか」といった不安を、チームのメンバーから払拭する。心理学の専門用語では「心理的安全性(psychological safety)」と呼ばれる安らかな雰囲気をチーム内に育めるかどうかが、成功の鍵なのだという。



    ・十分なリラックスが与えられると、良い集中力が生み出される。
    ・不安があると、集中力が阻害される。

    チームで仕事をするときは、他のメンバーが仕事をしやすいように配慮したら、生産性がアップするだろう。

    「本来の自分」でいられる職場を目指して

    今回、プロジェクト・アリストテレスの結果から浮かび上がってきた新たな問題は、個々の人間が仕事とプライベートの顔を使い分けることの是非であったという。

    もちろん公私混同はよくないが、ここで言っているのは、そういう意味ではなく、同じ一人の人間が会社では「本来の自分」を押し殺して、「仕事用の別の人格」を作り出すことの是非である。

    多くの人にとって、仕事は人生の時間の大半を占める。そこで仮面を被って生きねばならないとすれば、それはあまり幸せな人生とは言えないだろう。

    社員一人ひとりが会社で本来の自分を曝け出すことができること、そして、それを受け入れるための「心理的安全性」、つまり他者への心遣いや共感、理解力を醸成することが、間接的にではあるが、チームの生産性を高めることにつながる。

    これがプロジェクト・アリストテレスから導き出された結論であった。



    不安や心配事がないときは、自己防衛のための殻を作り出す必要がない。
    攻撃されることがないと分かれば、本来の自分をさらけ出すことができるだろう。

    「何を勉強すればアプリを作れるようになりますか?」AppBank アプリ担当の仕事に興味がある方へ、私なりの回答。 - Gadget Girl

    私が仕事をする上で大事にしていることは、一緒に仕事をする仲間がどうしたら仕事しやすくなるかということです。一緒に仕事をする仲間というのは、プログラマさん・デザイナさん・攻略班メンバー・AppBankライターなどなど。仲間の仕事が捗れば、アウトプットは増えますよね。

    相手によって、頼み方を変える・私が決める範囲を減らし、相手の自由度を大きくする・スケジュールの調整をする・全体の優先順位と相手のタスクを把握して調整する…

    こういうことは、先にも書いたように、初歩的なことでもいいから、相手の仕事を理解できるだけの知識量がなければ難しいでしょう。
    また、仕事をしながらいろんな人とコミュニケーションしなければなかなか身につけづらいことかなと思います。この人はこういう風に仕事に向き合っているから、こんな風に頼んでみようかな?とかいきなり工夫できる訳ないじゃないですか!私も最初から出来ている訳ではないですし、今の状態でも合格点かどうかまだ自信はありません。



    みんなが、周りに親切にする雰囲気を作り出せば、仕事の生産性は上がるだろう。

    チームワークではなく、自分一人でやる仕事なら、自分に対する配慮として、「段取り」が重要ということになるだろう。

    心理的安全について理解を深め、仕事の生産性を向上させたい。

    第28回 心理的安全(サイコロジカル・セーフティ) | ヒューマンキャピタル Online

    チーム内の安全性を担保する6つの規範

     チームの行動様式を整えることで、心理的安全を生み出す ―― それこそが私たちがアクションラーニングコーチ(もしくはODファシリテーター)として、最初にやっていることです。私たちはチームに関わる時、最初にチーム内の安全性を担保するような規範を設定します。

    (1)安全
    チーム内で起こったこと、ないしは会議で話したことによって、その後不利益を受けることがないようにする

    (2)コミットメント
    チームで話し合ったことに対して、メンバー全員が自分のこととして責任を持つ

    (3)共有とサポート
    お互いがWin-winの関係にある。お互いにサポートしあう

    (4)平等
    誰かが一番えらくて、その意見がもっとも尊重されるということがない。チーム内にヒエラルキーがない

    (5)傾聴と自分自身への振り返り
    自分自身のフレームワークに問いかける姿勢を持ちながら、人の話をよく聞く。自分の行っていることを、もうひとりの自分の目で見直す

    (6)糾弾しない
    「誰が悪い」「何が悪い」という視点を棄てる。「どうすればいいのか」の視点を持つ



    チームにおける心理的安全を確保するために、規範(ルール)を設けると良いみたい。

    「チームが機能するとはどういうことか」を読んだよ - petachの日記

    「心理的に安全な場をつくる」
    「心理的安全」とは、自分の考えや感情について人々が気兼ねなく発言できる雰囲気を指しています。心理的安全があれば、人々は率直に会話できるようになり、失敗を隠さずに話すことができるようになります。これは、チームがトラブルに直面する前に回避策を検討したり、より良い方法を探ることに役立ちます。では、この心理的安全を妨げるものとは何でしょうか。

    本書では、「職場で直面する4つのイメージリスク」として、以下を挙げています。

    無知だと思われる不安
    無能だと思われる不安
    ネガティブだと思われる不安
    邪魔をする人だと思われる不安



    チームが機能するとはどういうことか――「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ
    エイミー・C・エドモンドソン / Amy C. Edmondson
    英治出版
    2014-05-24
    ¥ 2,376


    チーム作りの上手なコツを理解して、他者との共存をうまく図れるようになれたらいいな!
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1333-71bebca5

    FC2Ad