ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    ディープラーニングの無料学習講座

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ディープラーニングの無料学習講座 あとで読む
    Googleがディープラーニングの無料学習講座を提供するそうです。
    太っ腹ですね!!!

    グーグルのAI研究者による「ディープラーニング」無料教育コースがスタート (ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース

    1週間6時間で3カ月間、MOOCのユダシティー通じて提供

     ディープラーニング(深層学習)が無料で学べます!
     米グーグルは、脚光を浴びる深層学習をテーマにした3カ月間の無料オンラインコースを始めた。
    教育サービスをインターネット経由で提供する大規模公開オンライン講座(MOOC=ムーク)の一つで、グーグルやフェイスブックといったテクノロジー企業と協力して講座を提供し、ネット上の「シリコンバレーの大学」とも言われる米ユダシティー(Udacity)上で提供される。
    世界中どこからでも英語で受講できる。

     すでにグーグルは、深層学習ソフトの「テンソルフロー(TensorFlow)」を2015年11月にオープンソース化し、無償提供に踏み切っている。こうした一連の活動で、深層学習の知識や考え方を広く行き渡らせるのが目的という。

     このコースは初心者向けではなく、エンジニアやデータサイエンティストなどの中上級者向け。
    インストラクターはグーグルの主席科学者で、「グーグル・ブレインチーム」でマシンラーニング(機械学習)や人工知能(AI)を研究するヴィンセント・ヴァンホウク(Vincent Vanhoucke)博士が務める。
    受講者は1週間当たり6時間の学習により、深層学習の理解や、単純なニューラルネットワーク(神経回路網)を使っての訓練や最適化といった手法を学べるという。

     深層学習とはコンピューターを使った機械学習の一種。
    人間の脳の情報処理のパターンを数学モデルにしたニューラルネットワークに、より深い階層を持たせることで、正確で効率的な判断を行わせることができる。
    グーグル自体も音声アシスタントでの音声認識や、写真アプリでの画像認識などに深層学習を活用している。



    深層学習では、学習データが重要なので、アルゴリズム自体は公開しても損しないらしい。

    スマホ等で音声コマンドを使うために、音声認識は重要なんだよなー。
    音声認識のカスタマイズやチューンナップを行うためには、人工知能の知識も必要になってくるだろう。
    →後で見てみよう!


    ●機械学習とディープラーニングの違い

    機械学習 - Wikipedia

    機械学習(machine learning)とは、人工知能における研究課題の一つで、人間が自然に行っている学習能力と同様の機能をコンピュータで実現しようとする技術・手法のことである。



    ディープラーニング - Wikipedia

    ディープラーニング、深層学習(Deep Learning)とは、多層構造のニューラルネットワーク(ディープニューラルネットワーク、英: Deep Neural Network)の機械学習の事。
    汎用的なAI、いわゆる強いAIの実現が期待されている。
    概念・手法は1980年前後からあったが、2010年代に画像認識などから急速に盛り上がり、三度目の人工知能ブームと言われる。



    ビルコム 太田滋 ブログ: 機械学習とディープラーニングの違い
    人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)
    松尾 豊
    KADOKAWA/中経出版
    2015-03-11
    ¥ 1,512

    <レベル4>ディープラーニングを取り入れた人工知能では、データをもとに変数(書籍では「特徴量」と記載)自体を自動的に生成していく。ここがレベル3の機械学習と全く異なる点です。



    そもそもディープラーニングとは何か? | Think IT(シンクイット)

    ディープラーニングとはニューラルネットワークに対する機械学習の手法の一種で、他の機械学習技術では達成できないレベルの精度を実現できる、夢のような技術として期待されている。
    とはいえ、実際にはまだまだできないことも多く、万能な技術と言うには時期尚早なのが現状だ。




    ●クラウドの活用
    人工知能を開発するときに、ソフトウェア(アルゴリズム)の用意はOKとして、ハードウェアの用意は、どうすれば良いでしょうか?

    GPGPUで激安スーパーコンピューターを自作する方法 - 浜村拓夫の世界

    金になるFPGA - 浜村拓夫の世界

    採掘に採用される道具は、
    (1) CPU

    (2) GPU

    (3) FPGA

    (4) ASIC
    とエスカレートしている。



    さくらインターネット、演算能力に特化した「高火力コンピューティング」サービス開始へ 深層学習や人工知能研究分野の盛り上がり受けて (ねとらぼ) - Yahoo!ニュース

     さくらインターネットは深層学習や人工知能研究分野の盛り上がりを受け、大量の計算資源需要に応えるべく、演算に特化した「高火力コンピューティング」への取り組みを開始することを発表した。2016年夏ごろから、順次正式サービスとして提供される予定だ。

     今回新たに提供を計画しているのは、既存サービスでは対応の難しかったGPUやInfiniBandといったハードウェア環境や高性能なコンピューティングリソース。これらを「高火力コンピューティング」と位置づけ、その第1弾として深層学習分野を専門とするPreferred Networksと共同で大規模なGPUクラスタの構築を進める。



    とりあえず、レンタルという手もありますね?
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1322-a73f31d3

    -

    管理人の承認後に表示されます

    FC2Ad