ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    注射針を刺さない採血器「HemoLink」

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 注射針を刺さない採血器「HemoLink」 あとで読む
    針を刺さなくても、血液が採取できる採血方法が開発されていました。
    ナイス・アイデア!

    針を刺さないから痛くない血液検査。採血の負担が減る、画期的な発明が登場 – grape [グレープ] – 心に響く動画メディア

    アメリカ・ウィスコンシン州のスタートアップ企業「Tasso」が、無痛の採血方法を開発しています。

    開発中の器具「HemoLink」は、針を使わない血液採取器です。
    皮膚にあて、その部分に小さな真空状態を作り、毛細血管から血液を吸い出すという仕組み。
    血糖値やコレステロール、癌細胞の検査に必要な血液量は約0.15ccだそうですが、「HemoLink」 はこれを無痛で、しかもたった2分で行ってくれる画期的な器具なのです。



    Tasso HemoLink


    もう痛くない血液検査。針を刺さずに血を抜く方法、開発中 : ギズモード・ジャパン

    ウィスコンシン大学マディソン校系列のTassoというスタートアップ企業が、DARPA(米国防高等研究計画局)の資金提供を受け、痛みのない血液検査手法を開発しています。彼らは現在、患者が無痛かつ自力でできる血液検査器具を開発していて、その継続のために300万ドル(約3.6億円)の助成金を受けられることが決まったんです。

    開発中の器具「HemoLink」では、血管に穴を開ける必要はありません。患者がHemoLinkを皮膚にあてるとその中に小さな真空状態が作られ、ごく細い毛細血管から血液を吸い出し始めます。水に紙をくっつけるとどんどん吸い上げていくのと同じ毛細管現象を利用して、器具に取り付けた容器に血液を吸い取っていくんです。これで血液約0.15立法センチを吸い出すことができ、感染症やがん細胞、コレステロール値、血糖値といった一般的な検査には十分な量になります。




    ・公式サイト
    Tasso Inc


    これは、一家に一台、欲しいですね!

    てか、なんで日本のメーカーは、こういう製品が作れないんだろう?
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1320-977895a5

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。