ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    PM あと56日 可能性のある限り諦めない

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - PM あと56日 可能性のある限り諦めない あとで読む
    10月21日(日)の情報処理技術者試験まであと56日です。
    まだずっと先のことだと思っていることでも、確実にその時はやって来ます。

    ●紛失
    自転車のテールランプ(後ろ側のライト)のカバーが外れてなくなっていた。
    あれ?どこで落ちたんだろう?誰かがイタズラで取って行ったのだろうか?

    ●盗難
    自転車を止めていた付近を見渡したが、特にカバーが落ちている様子はなかった。
    ランプごと盗むなら使えるけど、カバーだけ持って行っても意味ないから、誰かが盗んだという可能性は低いと思った。

    ●記憶
    カバーがなくなったことに気付くまで、どこを自転車で走ったか、記憶を辿り始めた。
    「昨日までは付いていた。」
    「昨日から今日の間に走ったどこかに落ちているはずだ。」
    「いつ、どこで、カバーが外れたのだろうか?」

    人間の記憶は、本人がすぐに思い出せるか出せないかは別として、データとしては全て残っている
    ビデオを巻き戻して再生するように、イメージの中で自分の行動の様子を思い出してみる。

    ●予想
    すると、ある場所で、自転車に振動を与えて走行した場所があったことを思い出した。
    きっとその場所にあるに違いない。
    そう思って、現場に向かってみることにした。

    最初は、この坂道で外れたんじゃないかなーと思っていたけど、行ってみると実際にはなかった。
    あれ?ここだと思ったんだけどなー。
    坂道の付近を見渡しても、カバーはなかった。

    ●発見
    ここじゃなければ、どこだろう?
    もう一度、記憶を辿ってみた。
    分かった!もう少し先だ!

    坂道からもう少し先の場所まで行ってみた。
    現場の付近をよく見渡してみると、少し離れた芝生に、赤い物体が見えた。
    あ!あれじゃないか!?

    近づいてみると、ランプのカバーだった。
    見つけることができた!!!

    ●気付き
    もし、ランプのカバーがなくなったことに気付いた時点で、「探すのが面倒くさいから」と諦めていたら、二度とカバーを手にすることはなかっただろう。
    たかが、自転車の部品くらいまた買えばいいじゃんとも思うが、これは「可能性のある限り諦めない」ための訓練として、ここは一つ探し出してみようじゃないかと考えた。

    そして、見つけ出すことに成功した。
    見つけたときは、感動した。
    やった!やればできる!と。

    可能性のある限り諦めない
    これは人生も、そしてプロジェクトも同じだと思った。

    情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2007年度版 (情報処理教科書) 情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2007年度版 (情報処理教科書)
    三好 康之 (2007/03/16)
    翔泳社
    この商品の詳細を見る

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/131-3f18c95f

    FC2Ad