ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    機械翻訳文学(パロディー)

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 機械翻訳文学(パロディー) あとで読む
    機械翻訳で変な文章を作ると、面白い話になる、という話題がありました。

    英訳から再翻訳した『浦島太郎』の破壊力が腹筋崩壊レベルで笑いが止まらない人々→更新:謎の訳を推測 - Togetterまとめ

    うらしま太郎の翻訳

    青空文庫とかにある、著作権フリーになった名文を、この方法で面白話に変えたら、漫画の材料になるのではないでしょうか?

    青空文庫 - Wikipedia

    青空文庫(あおぞらぶんこ)は、日本国内において著作権が消滅した文学作品、あるいは著作権は消滅していないものの著作権者が当該サイトにおける送信可能化を許諾した文学作品のテキストを公開しているインターネット上の電子図書館である。
    富田倫生、野口英司、八巻美恵、らんむろ・さてぃの4人が呼びかけ人となって発足した。



    青空文庫 Aozora Bunko

    匂いをかがれる かぐや姫 ~日本昔話 Remix~
    原 倫太郎 / 原 游
    マガジンハウス
    2006-11-22
    ¥ 1,028


    背面ストライプの浦島太郎 日本昔話Remix2
    原 倫太郎
    マガジンハウス
    2008-11-20
    ¥ 1,337


    Google 翻訳

    エキサイト 翻訳

    楠山正雄 浦島太郎

    むかしむかし,あるところに,浦島太郎という若い漁師が母と二人で暮らしていました。
    ある日,浦島太郎が浜を歩いていると,子供たちが亀をいじめているのを見ました。
    かわいそうに思い,逃がしてやるように子供たちに言いましたが,いっこうにやめてはくれません。
    そこで,持っていたわずかばかりのお金を渡して亀を助けてやりました。
    それから数日経って,浦島太郎が海で釣りをしていると,亀が声をかけてきました。
    その亀は,先日助けてくれたお礼に浦島太郎を乗せて竜宮城に連れて行くと言います。
    浦島太郎はそこに行ってみたくなり,亀の背中にまたがりました。
    亀はしばらく海を泳ぐと,すぐに海の底に向かって潜りました。
    そして,あっという間に立派な門がある竜宮城に着きました。
    奧に案内されると乙姫様が出迎えてくれました。
    浦島太郎は歓待され,鯛やヒラメの舞いや踊りを見ながらたくさんのご馳走を食べてしばらく楽しい時を過ごしました。
    何日か過ぎると,故郷が恋しくなり,帰りたいと乙姫様に言いました。
    乙姫様はたいそう残念がっていましたが,浦島太郎の思いを理解して見送ることにしました。
    別れる時,乙姫様は「決して開けてはなりません」と言いながら玉手箱を土産にくれました。
    そして,来た時のように亀の背中に乗ると,あっという間に故郷の浜に着きました。
    しかし,そこは以前の村とは違っているように思えました。
    付近を歩いてみたのですが,誰も知っている者がいないのです。
    それどころか,自分の家があった辺りには草が生えていて,家もなく,母の姿も見えません。
    出会った人に尋ねても誰も母のことを知らないのです。
    だんだん不安になって,海岸に出て座っていた浦島太郎ですが,玉手箱のことを思い出しました。
    この箱を開けるともとに戻るかもしれないと思って,ふたを開けてしまいました。
    すると,箱の中から白い煙が出てきて,たちまち白髪白髭のお爺さんになってしまいました。


    Google翻訳(日本語→英語)


    Once upon a time, in a certain place, a young fisherman named Urashima Taro had lived in the mother and two people.
    One day, when Urashima Taro is walking the beach, I saw the children are bullying the turtle.
    I think the poor, it was said to the children, as I'll escape, but it is not me to quit at all.
    Therefore, and did help the turtle, passing the money just slightly had.
    Then after a few days, and Urashima Taro is the fishing in the sea, turtle came over the voice.
    The turtle, I say take a dragon Miyagi topped with Urashima Taro to thank who helped the other day.
    Urashima Taro will want to go in there, I was straddling the back of a turtle.
    Turtle is a while swim the sea, it was diving with immediately towards the bottom of the sea.
    And it arrived in dragon Miyagi that there is no time splendid gate.
    When it is guided by the inner room Otohime like it was greeted.
    Urashima Taro is hospitality, I spent the time while fun to eat a lot of feast while watching the dance and dance of sea bream and flounder.
    When too few days, home becomes miss, I was told to return want to Otohime like.
    Otohime like I had too much disappointed, but decided to forego to understand the feelings of Urashima Taro.
    When you break up, Otohime-sama gave me the gift of the treasure box while saying that it "should never be opened."
    Then, when the ride to the turtle's back as when it came, it was quickly arrived at the beach home.
    However, there seemed as unlike previous village.
    I tried to walk around, but I must not have those who are nobody knows.
    On the contrary, his is met was around the house grows grass, house no, I can not see even the figure of the mother.
    Who even asked the person who met also do not know that mother.
    Gradually to become uneasy, it is Urashima Taro who was sitting it out to the coast, but I remembered the treasure box.
    I thought it might go back to the original When I opened the box, we have opened the lid.
    Then, came out white smoke from inside the box, it has quickly become a grandfather of white hair white beard.


    Google翻訳(英語→日本語)


    むかしむかし、ある場所では、浦島太郎という若い漁師は、母と二人で住んでいました。
    ある日、浦島太郎は、ビーチを歩いているとき、私は子供たちが亀をいじめている見ました。
    私は逃げるだろうとしてそれは、子供たちに言われた、貧しい人々をと思うが、それは私がすべて終了することはありません。
    したがって、そしてわずかに持っていたお金を渡して、亀を助けました。
    そして数日後、および浦島太郎は海での釣りで、亀は声かけて来ました。
    カメ、私は他の日助けた人に感謝し、宮城は浦島太郎をトッピングドラゴンを取ると言います。
    浦島太郎は、私は亀の背中にまたがった、そこに行くことになるでしょう。
    タートルは、それが海の底に向かってすぐに潜水した、一方は海を泳ぐです。
    そして、それは時間立派な門がないことを竜宮城に到着しました。
    それが迎えられたようにそれは奥の部屋乙姫に案内されたとき。
    浦島太郎のおもてなしで鯛やヒラメのダンスとダンスを見ながら、私はごちそうをたくさん食べることを楽しみながら時間を過ごしました。
    あまりにも数日、家がミスになると、私は同じよう乙姫たい返すように言われました。
    以下のような乙姫私はあまり失望を持っていましたが、浦島太郎の気持ちを理解するために見送ることにしました。
    あなたが別れるとき、それがいることを言いながら、乙姫様は私の宝箱の贈り物を与えた」をオープンしてはいけません。」
    そして、それが来たとき​​のように亀の背中に乗って、それはすぐにビーチ自宅に到着したとき。
    しかし、前の村とは異なりとしてそこに見えました。
    私の周り歩いてみましたが、私は誰もが知っているある人を持っていなければなりません。
    それどころか、彼は満たされた家の周りの草、家がない、私は母のさえ姿を見ることができないが成長しました。
    誰もその母を知らないにも会った人に尋ねました。
    徐々に不安になるためには、海岸に出て座っていた浦島太郎ですが、私は宝箱を思い出しました。
    私は、我々は蓋を開いた箱を開けたとき、それが元に戻るかもしれないと思いました。
    そして、箱の中から白い煙が出てきた、それはすぐに白髪白髭のおじいさんになっています。


    Google翻訳(日本語→英語)


    Once upon a time, in one place, the young fisherman named Urashima Taro was lived in the mother and two people.
    One day, Urashima Taro, when you are walking on the beach, I saw children are bullying the turtle.
    It as I would run away, it was said to the children, but I think the poor people, it will not be the end I all.
    Therefore, and by passing the slightly and thereby I have the money, and helped the turtle.
    And after a few days, and Urashima Taro in fishing at sea, turtle came over voice.
    Turtle, I thank the people who helped the other day, Miyagi is said to take a topping Dragon Taro Urashima.
    Urashima Taro, I was across the back of a turtle, will want to go there.
    Turtle, it was diving quickly towards the bottom of the sea, one is swim the sea.
    And it arrived in Miyagi dragon that there is no time splendid gate.
    When it it is guided to the back of the room Otohime as it was greeted.
    While watching the dance and dance of sea bream and flounder in Urashima Taro of hospitality, I spent the time while enjoying that you eat a lot of feast.
    Too few days, when the house is to miss, I was told to return the same way Otohime Thailand.
    Following like Otohime, but I had too much disappointment, it was decided to forgo in order to understand the feelings of Urashima Taro.
    When you break up, while saying that there are it, Otohime like it should not open the "gave the gift of my treasure box. "
    And, it is riding on the turtle's back like when came, it when you arrive immediately at home beach.
    However, we saw there as Unlike the previous village.
    I tried to walk around me, but I everyone must have some people who know.
    On the contrary, grass around him filled the house, there is no house, I can not see the even figure of the mother, but grew.
    Nobody asked the person who was also to not know his mother.
    In order to gradually become anxiety, but is Urashima Taro, which was sitting out on the coast, I remembered the treasure box.
    I, when we opened the box that opened the lid, I thought that it might return to the original.
    Then, came out white smoke from inside the box, it has quickly become a grandfather of white hair white beard.


    Google翻訳(英語→日本語)


    むかしむかし、一箇所に、浦島太郎という若い漁師は、母と二人で住んでいました。
    あなたは、ビーチの上を歩いているときある日、浦島太郎、私は子供たちが亀をいじめている見ました。
    それ私が逃げると同じように、それは子供たちに言われましたが、私は貧しい人々は、それは私のすべての終わりではないと思います。
    そのため、ややそれによって渡すことで、私はお金を持っている、と亀を助けました。
    そして、海で釣りで数日と、浦島太郎の後、亀は声かけて来ました。
    タートルは、私は他の日助けた人に感謝し、宮城県はトッピングドラゴン太郎浦島を取るように言われています。
    浦島太郎は、私は亀の背中だった、そこに行くことになるでしょう。
    タートル、それは1つが海を泳いで、海の底部に向かって急速にダイビングしました。
    そして、それは時間立派な門がありません宮城竜に到着しました。
    それそれは部屋乙姫の背面に案内されると、それを迎えられたよう。
    おもてなしの浦島太郎で鯛やヒラメのダンスとダンスを見ながら、私はあなたがごちそうをたくさん食べることを楽しみながら時間を過ごしました。
    家が欠場するときにあまりにも数日は、私は同じよう乙姫タイを返すように言われました。
    乙姫のように続いて、私はあまりにも多くの失望を持っていた、それは浦島太郎の気持ちを理解するために見送ることにしました。
    それがあることを言っているときに、別れるときに、乙姫はそれが「私の宝箱の贈り物を与えた。「開けてはならないように
    あなたは自宅のビーチですぐに到着したとき、それは、それが来たとき​​のような亀の背中に乗っています。
    しかし、私たちは前の村とは異なりとしてそこに見ました。
    私は私の周りに歩いてみましたが、私は誰もが知っている何人かの人々を持っている必要があります。
    それどころか、彼の周りの草は、私は母のさえ姿を見ることができない何家が存在しない、家を満たしたが、成長しました。
    誰も彼の母親を知らないこともあった者を尋ねました。
    次第に不安になったが、海岸に出て座っていた浦島太郎、であるために、私は宝箱を思い出しました。
    私たちは蓋を開けた箱を開けたとき、私は、私はそれが元に戻るかもしれないと思いました。
    そして、箱の中から白い煙が出てきた、それはすぐに白髪白髭のおじいさんになっています。



    日本語は機械翻訳を繰り返すと、「てにをは」が劣化して、読みづらい文章になりますね?
    翻訳は、日本語→外国語→日本語の1巡だけでいいかな?


    浦島太郎
    楠山 正雄

    2012-10-03
    ¥0

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1292-e960f5cb

    FC2Ad