ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    米に含まれるヒ素に注意!?

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 米に含まれるヒ素に注意!? あとで読む
    米には、ヒ素が多く含まれている、という話がありました。
    ヒ素の摂り過ぎは、健康に悪いので注意が必要ですね?

    ヒ素 - Google検索

    ヒ素 - Wikipedia

    ヒ素(砒素、ヒそ、英: arsenic、羅: arsenicum)は、原子番号33の元素。
    元素記号は As。
    第15族元素(窒素族元素)の一つ。
    最も安定で金属光沢があるため金属ヒ素とも呼ばれる「灰色ヒ素」、ニンニク臭があり透明なロウ状の柔らかい「黄色ヒ素」、黒リンと同じ構造を持つ「黒色ヒ素」の3つの同素体が存在する。
    灰色ヒ素は1気圧下において615 °Cで昇華する。

    人体への影響
    ヒ素およびヒ素化合物は WHO の下部機関 IRAC より発癌性がある (Type1) と勧告されている。
    また、単体ヒ素およびほとんどのヒ素化合物は、人体に非常に有害である。
    飲み込んだ際の急性症状は、消化管の刺激によって、吐き気、嘔吐、下痢、激しい腹痛などがみられ、場合によってショック状態から死に至る。
    慢性症状は、剥離性の皮膚炎や過度の色素沈着、骨髄障害、末梢性神経炎、黄疸、腎不全など。
    慢性ヒ素中毒による皮膚病変としては、ボーエン病が有名である。
    単体ヒ素及びヒ素化合物は、毒物及び劇物取締法により医薬用外毒物に指定されている。
    日中戦争中、旧日本軍では嘔吐性のくしゃみ剤ジフェニルシアノアルシンが多く用いられたが、これは砒素を含む毒ガスである。



    農林水産省/食品中のヒ素に関するQ&A

    農林水産省/食品に含まれるヒ素の実態調査

    ヒ素は人体に有害なんですね。

    スウェーデンの食品庁が「コメの摂取制限」を勧告したことについて - スウェーデンの今

    スウェーデンにおいて食品の安全性を監督する役割を担う食品庁は、一般市民に向けた食物摂取に関する勧告のうち、コメの摂取についての勧告を変更した。変更内容は

    ・6歳未満の子どもにはライスクッキーを食べさせないこと。
    ・6歳以上の子どもを含む全ての子どもは、コメやコメからできた食品(牛乳粥、ビーフン・春雨、朝食シリアルなど)を食べる回数を一週間にせいぜい4回までに留めること。
    ・大人でも、これらの食品を毎日食べている人は、摂取量を減らし、週にせいぜい6回までにするよう努めること。
    ・コメを食べる場合は、玄米ばかりを食べないようにすること。

    というものである。これに加え、既に数年前には

    ・ライスドリンクは6歳未満の子どもに飲ませないようにすること。

    という勧告も出されていた。

    これらの勧告の理由は、コメには他の食品よりもはるかに高い濃度の無機ヒ素が含まれているからだという。



    ・グルテンフリーのブームで、小麦は減らす。
    ・ヒ素が多いので、米は減らす。

    グルテン・フリー ジョコビッチの生まれ変わる食事 - 浜村拓夫の世界

    ジョコビッチの生まれ変わる食事
    ノバク・ジョコビッチ
    三五館
    2015-03-21
    ¥ 1,512


    そしたら、穀物は何を食えばイイのさ!って話ですが、そこでソバですよ!!!
    (ソバって、何かヤバイことあったっけ?)

    蕎麦の事典 (講談社学術文庫)
    新島 繁
    講談社
    2011-05-12
    ¥ 1,188


    一茶庵流 旨いそばの打ち方 つゆの仕込み方DVD BOOK (宝島社DVD BOOKシリーズ)

    宝島社
    2015-03-17
    ¥ 799


    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1290-c4d3b35b

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。