ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    PM あと58日 苦しみの種類

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - PM あと58日 苦しみの種類 あとで読む
    10月21日(日)の情報処理技術者試験まであと58日です。
    まだずっと先のことだと思っていることでも、確実にその時はやって来ます。

    ●苦しみの種類
    (1) 苦苦(くく)…痛みや暑さ、寒さなど、それ自体が苦痛であるという苦しみ
    (2) 壊苦(えく)…得ていたものを失う苦しみ
    (3) 行苦(ぎょうく)…求めても得られない苦しみ

    苦しみの種類は、この3つしかありません。
    (この3つのいずれかに該当しない苦しみはありません。)

    ●問題意識
    苦しみは、人の行動を変えるきっかけとなります。
    苦しみにぶち当たって、初めて「この苦しみを解消したい。どうすればいいだろうか?」と考えるようになります。

    最初のうちは苦しみから逃げ回ったり、これは苦しみではないとごまかして、一時的に苦しみを解消したような気分に浸ります。
    しかし、同じような状況・条件になると、再び苦しみが生起します。
    従って、苦しみから逃げる・ごまかすという方法では、根本的な解決にならないことに気付きます。
    そして、苦しみから逃げる・ごまかす以外の解決方法を模索するようになり、問題意識を持つようになります。

    もし、「私には苦しみがない」という人がいたとしても、いずれ(2)の壊苦(得ていたものを失う苦しみ)を経験することになります。
    上記の(1)~(3)の苦しみにぶち当たらない人はいません。
    しかし、苦しみを解決する方法はあります。

    ●対処方法
    苦しみには必ずその原因があります。
    原因を正しく認識し、対処する方法を知る必要があります。

    実務で役立つプロジェクトマネジメント (PM magazine) 実務で役立つプロジェクトマネジメント (PM magazine)
    カーティス・R・クック (2006/09/05)
    翔泳社
    この商品の詳細を見る
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/129-5e511840

    FC2Ad