ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP あとで読む
    PHPでWebサイトを作るとき、CodeIgniterの代わりに、FuelPHPを使ってみようと思います。
    はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP」という本を買ってみました。

    はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP 改訂版
    鈴木 憲治
    ラトルズ
    2014-10-25
    ¥ 3,758


    ●目次

    (参考)
    ラトルズネット / はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP 改訂版

    はじめに

    第1部 環境構築編
     第1章 FuelPHPとは?
     第2章 PHP開発環境の構築
     第3章 FuelPHPのインストール設定
     第4章 NetBeansの使い方

    第2部 入門編
     第5章 はじめてのFuelPHP
     第6章 FuelPHPのMVC
     第7章 FuelPHPの機能概要
     第8章 FuelPHPの拡張
     第9章 FuelPHPでのユニットテスト

    第3部 実践編
     第10章 コンタクトフォームの作成
     第11章 コンタクトフォームの改良
     第12章 コンタクトフォームのリファクタリング
     第13章 データベースの使用
     第14章 管理ページの作成
     第15章 コントローラのユニットテスト
     第16章 コードカバレッジ解析

    付録A 本番環境へのデプロイ時の注意点
    付録B 参考文献



    第4章は、「NetBeansの設定」ではなく、「NetBeansの使い方」になっていました。
    とりあえず、この本を読んで、FuelPHPを試してみよう!

    ●詳細な目次

    はじめに

    第1部 環境構築編

     第1章 FuelPHPとは?
      1.1 フレームワークとは?
       1.1.1 フレームワークとライブラリの違い
       1.1.2 フレームワークを使う利点
      1.2 FuelPHPとは?
      1.3 FuelPHPの特徴
       1.3.1 FuelPHPの設計思想
       1.3.2 FuelPHPの利点
      1.4 FuelPHPのライセンス
      1.5 FuelPHPの開発体制
       1.5.1 コミュニティ主導
       1.5.2 開発の拠点
      1.6 FuelPHPの情報の集め方
       1.6.1 公式ドキュメントを読む
       1.6.2 質問する
       1.6.3 バグを調査する
       1.6.4 イベントやコミュニティへ参加する
       1.6.5 その他

     第2章 PHP開発環境の構築
      2.1 FuelPHPでの開発に必要なソフトウェア
       2.1.1 Gitとは?
        コラム Gitの参考書
       2.1.2 NetBeansとは?
      2.2 WindowsでのPHP開発環境の構築
       2.2.1 XAMPP for Windowsのインストール
        コラム パッチファイル
        コラム Apacheが起動できない場合
       2.2.2 NetBeansのインストール
       2.2.3 msysgitのインストール
      2.3 MacOSXでのPHP開発環境の構築
       2.3.1 MAMPのインストール
        コラム MAMP 2.2でのOPcache
       2.3.2 NetBeansのインストール
       2.3.3 Gitのインストール
      2.4 GNU/LinuxでのPHP開発環境の構築
       2.4.1 XAMPP for Linuxのインストール
       2.4.2 NetBeansのインストール
       2.4.3 Gitのインストール
      2.5 Vagrantを使ったPHP開発環境の構築
       2.5.1 Vagrantとは?
       2.5.2 Vagrantのインストール
       2.5.3 仮想マシンの構築
        コラム 仮想マシンがうまく起動できない場合
       2.5.4 システム構成
       2.5.5 仮想マシンへのSSH接続
       2.5.6 仮想マシンのサーバ環境
       2.5.7 仮想マシンの起動と停止

     第3章 FuelPHPのインストール設定
      3.1 FuelPHP関連ソフトウェア
      3.2 WindowsでのFuelPHPのインストール
       3.2.1 手順1 FuelPHPのインストール
        コラム FuelPHPのブランチ
       3.2.2 手順2 Apacheの設定
       3.2.3 手順3 FuelPHPの動作確認
      3.3 MacOSXでのFuelPHPのインストール
       3.3.1 手順1 /usr/bin/oilコマンドのインストール
       3.3.2 手順2 FuelPHPのインストール
       3.3.3 手順3 Apacheの設定
       3.3.4 手順 FuelPHPの動作確認
      3.4 GNU/LinuxでのFuelPHPのインストール
       3.4.1 手順1 /usr/bin/oilコマンドのインストール
       3.4.2 手順2 FuelPHPのインストール
       3.4.3 手順3 Apacheの設定
       3.4.4 手順4 FuelPHPの動作確認
      3.5 VagrantでのFuelPHPのインストール
      3.6 PHPUnitのインストール
       3.6.1 手順1 PHPUnitのインストール
       3.6.2 手順2 oilコマンドの設定
        コラム composer.jsonとcomposer.lock
      3.7 NetBeans FuelPHPプラグインのインストール
       3.7.1 手順1 FuelPHPプラグインのダウンロード
       3.7.2 手順2 FuelPHPプラグインのインストール
      3.8 NetBeansの設定
       3.8.1 PHPインタプリタの設定
       3.8.2 PHPデバッグの設定
       3.8.3 PHPUnitの設定
      3.9 NetBeansプロジェクトの設定
       3.9.1 fuelphpプロジェクトの作成
       3.9.2 FuelPHPプラグインの有効化
       3.9.3 エディタの設定
       3.9.4 自動補完の設定
       3.9.5 PHPUnitの設定
       3.9.6 デバッグの設定
      3.10 FuelPHPの設定
       3.10.1 config.phpの変更
       3.10.2 bootstrap.phpの設定
       3.10.3 設定値の確認
       3.10.4 設定のGitリポジトリへの保存

     第4章 NetBeansの使い方
      4.1 ファイルの操作
       4.1.1 ファイルの作成
       4.1.2 関数やメソッドなどの定義への移動
       4.1.3 Smart Go To
       4.1.4 ブックマーク
       4.1.5 よく使うショートカット
      4.2 コードの編集や生成
       4.2.1 コメントアウト
       4.2.2 PHPDocコメントの生成
       4.2.3 変数への型指定
       4.2.4 インプレイスリネーム
       4.2.5 フォーマット
       4.2.6 セッターおよびゲッターの自動生成
      4.3 リモートデバッグ
       4.3.1 ブレークポイントの設定
       4.3.2 デバッグの実行
       4.3.3 デバッグの制御
       4.3.4 デバッグの終了
       4.3.5 使用するブラウザの変更

    第2部 入門編

     第5章 はじめてのFuelPHP
      5.1 はじめてのFuelPHPプログラミング
       5.1.1 PHPでファイル表示プログラムを作る
       5.1.2 FuelPHPでファイル表示プログラムを作る
      5.2 "Hello World!"で学ぶFuelPHPの基本
       5.2.1 コントローラとは?
       5.2.2 コントローラのみのHello World!
       5.2.3 ビューとは?
       5.2.4 ビューを使用したHello World!
      5.3 FuelPHPのURL
      5.4 FuelPHPのフォルダ構成
       5.4.1 全体のフォルダ構成
       5.4.2 appフォルダの構成

     第6章 FuelPHPのMVC
      6.1 MVCとは?
       6.1.1 ビュー
       6.1.2 モデル
       6.1.3 コントローラ
      6.2 コントローラ
       6.2.1 コントローラの規約
       6.2.2 コントローラとURLの関係
       6.2.3 コントローラからの返り値
       6.2.4 コントローラの特殊なメソッド
       6.2.5 Templateコントローラ
       6.2.6 Restコントローラ
       6.2.7 Hybridコントローラ
      6.3 ビュー
       6.3.1 ビューの規約
       6.3.2 ビューの使い方
       6.3.3 レイアウト機能
      6.4 モデル
       6.4.1 モデルの規約
       6.4.2 モデルの使い方
        コラム 静的メソッドと静的プロパティ
      6.5 プレゼンタ
      6.6 モジュール

     第7章 FuelPHPの機能概要
      7.1 FuelPHPの処理フロー
      7.2 環境別の設定ファイル
       7.2.1 環境の設定
       7.2.2 有効になる設定ファイル
        コラム 多次元配列のドット表記
      7.3 ルーティング
       7.3.1 基本的なルーティング
       7.3.2 予約済みのルート
       7.3.3 正規表現によるルーティング
       7.3.4 高度なルーティング
      7.4 セキュリティ
       7.4.1 FuelPHPのセキュリティ機能
       7.4.2 安全なWebアプリケーション構築のための原則
      7.5 Coreクラス
       7.5.1 コアとなるクラス
       7.5.2 データベース関連のクラス
       7.5.3 HTML関連のクラス
       7.5.4 HTTP関連のクラス
       7.5.5 ファイル関連のクラス
       7.5.6 その他のクラス
       7.5.7 Coreクラスの使い方
      7.6 パッケージ
      7.7 名前空間とオートロード
       7.7.1 名前空間とは?
       7.7.2 名前空間とクラス名のエイリアス
       7.7.3 FuelPHPの名前空間
       7.7.4 オートロード
      7.8 HTTPエラー処理
       7.8.1 404エラー
       7.8.2 500エラー
      7.9 データベース機能
       7.9.1 DBクラス
       7.9.2 クエリビルダー
       7.9.3 DBUtilクラス
       7.9.4 データベースマイグレーション
       7.9.5 ORMパッケージ
      7.10 デバッグとログ出力
       7.10.1 デバッグ用メソッド
       7.10.2 プロファイラ
       7.10.3 ログ出力
      7.11 コマンドラインからの実行(タスク)
       7.11.1 タスクの作成方法
       7.11.2 タスクの実行方法
      7.12 コマンドラインからのコード生成

     第8章 FuelPHPの拡張
      8.1 ライブラリの作成
       8.1.1 クラスの初期化
      8.2 サードパーティ製ライブラリの使用
       8.2.1 PSR-0準拠のライブラリの使用
      8.3 Coreクラスの拡張
      8.4 イベントによる拡張
       8.4.1 ユーザ定義イベント

     第9章 FuelPHPでのユニットテスト
      9.1 ユニットテストとは?
       9.1.1 テストの自動化
       9.1.2 テスティングフレームワーク
       9.1.3 PHPUnitとは?
      9.2 はじめてのPHPUnit
       9.2.1 テストコードの作成
       9.2.2 テストの実行
       9.2.3 setUp()とtearDown()
       9.2.4 データプロバイダ
      9.3 FuelPHPでのユニットテスト
       9.3.1 Coreクラスのユニットテスト
       9.3.2 アプリケーションのユニットテスト
       9.3.3 NetBeansからのテスト実行
        コラム Git作業フォルダをきれいにする

    第3部 実践編

     第10章 コンタクトフォームの作成
      10.1 コンタクトフォームの設計
       10.1.1 機能の洗い出し
       10.1.2 ページ遷移とメソッド名の検討
       10.1.3 ビューのデザイン
       10.1.4 フォームの設計
       10.1.5 フォルダ構成
      10.2 コンタクトフォームのコーディング
       10.2.1 入力ページのビューの作成
       10.2.2 コントローラファイルの作成
       10.2.3 入力ページのアクションメソッドの作成
        コラム 制御構造の別の構文
       10.2.4 検証ルールの定義
       10.2.5 確認ページのアクションメソッドの作成
       10.2.6 確認ページのビューの作成
        コラム CSRF(クロスサイトリクエストフォージェリ)
       10.2.7 検証エラーメッセージの日本語化
       10.2.8 例外の作成
       10.2.9 完了ページのアクションメソッドの作成
       10.2.10 完了ページのビューの作成
        コラム Gmail経由でメールを送信する方法

     第11章 コンタクトフォームの改良
      11.1 入力データの検証と強化
       11.1.1 文字エンコーディングの検証
       11.1.2 入力フィルタのテスト
       11.1.3 入力フィルタの追加
       11.1.4 入力フィルタの設定
       11.1.5 独自の検証ルールの作成
       11.1.6 独自の検証ルールの追加
      11.2 セキュリティ対策の強化
       11.2.1 クリックジャック対策
        コラム クリックジャックとは
      11.3 ファンクショナルテストの追加
       11.3.1 ファンクショナルテストとは?
       11.3.2 Goutteのインストール
       11.3.3 FunctionalTestCaseクラスの作成
       11.3.4 入力ページのテスト
       11.3.5 フォームのテスト
       11.3.6 確認ページのテスト
       11.3.7 完了ページのテスト
        コラム ファンクショナルテストは壊れやすい

     第12章 コンタクトフォームのリファクタリング
      12.1 Fieldsetクラスの使用
       12.1.1 フォームの定義
       12.1.2 action_index()メソッドの変更
       12.1.3 form/indexビューの変更
       12.1.4 action_confirm()メソッドの変更
       12.1.5 action_send()メソッドの変更
      12.2 モデルの追加
       12.2.1 Mailモデルの作成
       12.2.2 Mailモデルのテスト
       12.2.3 Formコントローラの変更
      12.3 設定ファイルの使用
       12.3.1 設定ファイルの作成
       12.3.2 Mailモデルの変更

     第13章 データベースの使用
      13.1 使用するデータベースとFuelPHPのデータベース機能
      13.2 データベースおよびユーザの作成
      13.3 データベース接続設定
       コラム PDOドライバ(MySQL)での文字エンコーディングの指定方法
      13.4 テーブルの設計
      13.5 テーブルの作成
       13.5.1 マイグレーションによるテーブルの作成
       13.5.2 手動でのテーブルの作成
      13.6 モデルの作成
      13.7 モデルのテスト
       13.7.1 テストデータの準備
       13.7.2 DbTestCaseクラスの作成
       13.7.3 Model_Formクラスのテスト
       13.7.4 データ挿入のテスト
      13.8 コントローラの変更

     第14章 管理ページの作成
      14.1 管理ページの作成方針
      14.2 パッケージを使用するための設定
      14.3 Simpleauthの設定
       14.3.1 グループの設定
       14.3.2 ソルトの設定
       14.3.3 データベーステーブルの作成
      14.4 管理者ユーザの登録
      14.5 管理ページの生成
       14.5.1 formテーブルの削除
       14.5.2 データベーステーブルからUserモデルを自動生成
       14.5.3 Userモデル
       14.5.4 管理ページの自動生成
       14.5.5 Formモデル
       14.5.6 Formモデルのテストの変更
       14.5.7 Formコントローラの変更
       14.5.8 ファンクショナルテストの追加
      14.6 管理ページの閲覧
      14.7 生成されたコードの変更
       14.7.1 ログインページ
       14.7.2 一覧ページ
       14.7.3 表示ページ
       14.7.4 使用しないコントローラのアクション

     第15章 コントローラのユニットテスト
      15.1 AspectMockとは?
      15.2 AspectMockのインストール
       15.2.1 Composerによるインストール
       15.2.2 FuelPHPへの統合と設定
      15.3 ユニットテストの作成
       15.3.1 AmTestCaseクラスの作成
       15.3.2 controller_form_Testクラスの作成
      15.4 action_index()メソッドのテスト
       15.4.1 Responseオブジェクトのテスト
       15.4.2 モックによるCoreクラスの置き換え
      15.5 action_confirm()メソッドのテスト
      15.6 action_send()メソッドのテスト
       15.6.1 例外のテスト
       15.6.2 モックによるモデルの置き換え
       15.6.3 モックで例外を発生させる
      15.7 その他のケース
       コラム AspectMock使用時のクラスロードのエラー

     第16章 コードカバレッジ解析
      16.1 コードカバレッジ解析とは?
      16.2 コードカバレッジレポートの設定
      16.3 コードカバレッジレポートの作成
       16.3.1 全体のレポート
       16.3.2 controllerフォルダのレポート
       16.3.3 modelフォルダのレポート
       16.3.4 テストされていないファイル

    付録A 本番環境へのデプロイ時の注意点
     A.1 public/index.php
      A.1.1 エラー表示
      A.1.2 実行時間とメモリ使用量の表示
     A.2 暗号鍵などの秘密情報
      A.2.1 秘密情報の環境変数からの取得
      A.2.2 app/config/crypt.php
      A.2.3 秘密情報が含まれる設定ファイル
     A.3 Composer

    付録B 参考文献



    Webサイトを作るのが楽になったらいいなー!!!

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1271-78f50a9f

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。