ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    日本の安全性を再評価

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 日本の安全性を再評価 あとで読む
    日本は、果たして住み良い国なのか?
    東北大震災以降の日本は、様々なリスクファクターが浮き彫りになってきた。
    現時点の状況を把握して、冷静に分析すべきだろう。

    松風荘四畳半日記 日本は、とっくの昔に住みにくい国に成ってるんだけど、おまえらっていつ迄日本は住み易い国だって言い続けるんだろうな。

    死ぬ迄くさいね



    松風荘四畳半日記 すいませんねえ俺等の世代全滅で

    若い人達、この国はもうダメですよ。
    痴呆が取り仕切ってるんだから。
    生産力を失ってしまったらもうどうしようもありません。
    会社はロクな金も作って無いのに、自分達世代の収入は変えずに取り続けるつもりですから、
    若い人には犠牲になってもらいます。

    俺は、日本から逃げるしか無いと思いますね。
    バカ世代を説得出来る訳無いし。
    大学行かせて貰えるなら、先進国の大学に行ったほうがいいですよ。
    永住権や就職なんかについては大学行ってる間に判りますよ。



    松風荘四畳半日記 でもなんか日本にはもう完全に愛想が尽きちゃったね

    以前は、異様な文化と道徳の国に生きてる国民は可哀想だなと思ってたんだけど、
    世間の言いなりになって生きてる国民が馬鹿なだけなんだよな。
    昔、アメリカで奴隷解放があった時、奴隷をやめたくないっていうアフリカ人が居たんだよな。
    日本人と同じ性格だね。







    日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
    矢部 宏治
    集英社インターナショナル
    2014-10-24
    ¥ 1,296


    『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』 矢部宏治・著 - 三宅商店

     だが、70年前の敗戦がもたらした国際的信用の失墜というダメージは、当の日本人が忘れるほどには世界は忘れていない。むしろ、米メディアによって一部デフォルメ化された「天皇という謎の精神指導者に司られた残忍な日本軍」というイメージは、その後も米軍の「想定敵国」としては重要な位置を占め続けている。最大800万の兵員を要した日本軍は「皇国史観」という米軍からすれば理解不能な精神武装を果たして、極めて統率力のある「やっかいな相手」だったと聞く。それはマッカーサー本人の記述や、その後の徹底した武装解除にも顕われている。

     日本は今でも「こいつらに力を持たせすぎるのは危険」という指定を受けているのだ。



     日米合同委員会で決定した様々な取り決め、合意や「密約」は原則公表されない事になっているが、厳然と日本の政治に大きく影響を与えている。ひとつの国のウラに、もうひとつの法体系が存在するのだ。一体このような「憲法違反」の状態がなぜ存在し得るのか?

     それは、後に「安保法体系」とも呼ばれる事になる日米が織り重なった支配構造を保持しながら、国際法的には主権国家としての体裁を整えるという法的なトリック作りのために、そもそも憲法自体が100%占領軍であるGHQのコントロール下で書かれているからである。憲法草案から、敗戦の詔まで、すべての原文が英語である事に改めて、がく然とさせられる。



    鳩山由紀夫氏:首相の時はわからなかった「見えない敵」の正体/『それはつまり「日米合同委員会」の決定事項が、憲法も含めた日本の法律よりも優先されるということ』 - 新・ほんとうがいちばん

    矢部 在日米軍と日本のエリート官僚で組織された「日米合同委員会」の存在は、当時ご存じなかったということでしょうか?

    鳩山 お恥ずかしい話ですが、わかりませんでした。日米で月に2度も、それも米軍と外務省や法務省、財務省などのトップクラスの官僚たちが、政府の中の議論以上に密な議論をしていたとは! しかもその内容は基本的には表に出ない。



    日米地位協定の改定要請 渉外知事会 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

     要請は例年行われている。今回新たに、地位協定運用改善要求で公務中の在日米軍人、軍属による重大な犯罪で「実質的に日本側に裁判権が行使できるよう米国に働き掛けること」「高病原性鳥インフルエンザの対応への協力」も要請書に盛り込まれた。
     地位協定改定の要求は、実情が見えにくい基地使用の可視化や環境条項の新設など六つの柱で15項目の協定文明記を求めた。




    沈みゆく大国アメリカ (集英社新書)
    堤 未果
    集英社
    2014-11-14
    ¥ 778


    沈みゆく大国アメリカ 〈逃げ切れ! 日本の医療〉 (集英社新書)
    堤 未果
    集英社
    2015-05-15
    ¥ 799


    関東圏で、突然死が急増! - 高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

    問題の東北の某大学病院に潜入取材中ですが、入院患者が多数、心筋梗塞を誘うような症状で入院症状とは明らかに違う!

    セシウム摂取によると思われる!多くの患者が急性の心不全で、集中治療室に、カテーテル手術を受けています。看護師シフトや医者の診察シフトにも影響が出ている!



    重要な事は何も知らされていない=判断材料がないまま生きている。

    オレオレ詐欺を防ぐには、振り込む前に直接本人に確認すれば良いだけ。
    自分で確かめる手間を惜しんではいけない。
    怠惰であってはいけない。

    オレオレ詐欺に引っかかる人は、自分は大丈夫だろうと思い込んでいる。
    慢心は、過信を生み、確認作業を怠らせてしまうのだろう。

    その教訓を活かすなら、日本人は全員、日本の現状を自ら確かめて把握すべきだろう。
    こんなはずじゃなかった!」なんて、嘆かないためにも。




    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1255-10088ab3

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。