ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    アロプリノールで腎臓病を改善できるのか?

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - アロプリノールで腎臓病を改善できるのか? あとで読む
    慢性腎臓病を改善する研究報告がありました。

    尿酸値を減らす薬が慢性腎臓病の進行を抑えた - MEDLEYニュース

    研究班は、慢性腎臓病があり尿酸値が高い54人の患者を対象として、尿酸値を下げる薬のアロプリノールを使って治療をするグループと、アロプリノールを使わない通常の治療を続けるグループ(対照群)に分け、12か月の治療の結果を比べました。

    アロプリノールを使うグループで、透析が常時必要になるなど腎臓の機能が悪化する結果が少なくなっていました。

    研究班はこの結果から「アロプリノールの使用は安全であり、対照に比べて12か月の治療において腎機能を温存することを助ける」と結論しています。



    腎機能の改善はできなくても、温存できる場合があるようです。

    ◆参照文献
    Use of allopurinol in slowing the progression of renal disease through its ability to lower serum uric acid level.
    Am J Kidney Dis. 2006 Jan
    [PMID: 16377385 ]

    Written by 大脇 幸志郎



    アロプリノール - Wikipedia

    アロプリノール(allopurinol)はプリン骨格を有するキサンチンオキシダーゼ阻害薬。
    高尿酸血症などの治療に用いられる。
    体内での尿酸の産生を抑制し、高尿酸血症を改善することにより痛風発作の発生を予防する。
    日本ではザイロリック(製造発売元はグラクソ・スミスクライン)等の商品名で販売されている。



    治療編|高尿酸血症・痛風診療のポイント|ザイロリック【Zyloric】|GlaxoSmithKline

    腎機能が低下し、糸球体濾過が低下すれば、血清尿酸値は上昇することが知られています。
    逆に、痛風や高尿酸血症があると、腎に尿酸塩が沈着して炎症を起こすことなどによって、腎機能が低下してくることがわかっています。
    腎障害と痛風・高尿酸血症は、いわばニワトリとタマゴの関係にあり、両者を合併する率は非常に高くなっているのです。

    腎障害が進むと、腎からの尿酸排泄を促して血清尿酸値をコントロールする尿酸排泄促進薬の効力は次第に低下し、高度障害例ではほとんど無効となってしまいます。
    そのため、腎障害例では、尿酸産生抑制薬であるアロプリノールまたはフェブキソスタットが第一選択となります。
    ただし、アロプリノールは腎排泄型の薬剤であり、腎障害例ではその活性代謝産物のオキシプリノールの血中濃度が上昇するため、副作用が多くなるといわれており、腎機能(クレアチニンクリアランス、Ccr)に応じた投与量の調節を考える必要があります(表)。
    またフェブキソスタットはCcr≧30mL/minであれば通常量が使用できます。



    腎機能が低下するメカニズムには、様々なパターンがある。
    腎機能(糸球体濾過)の低下→尿酸の増加→尿酸塩の沈着による腎機能のさらなる低下、
    というマッチポンプの場合、尿酸の増加を抑えることで、腎機能を保護できると。

    尿酸のコントロールとして、アロプリノールを使っているというわけか?
    まだ他にも選択肢=コントロールの手段があるかもしれないなー。

    腎臓病と診断されたら読む本 (経営者新書)
    鈴木 利昭
    幻冬舎
    2015-05-11
    ¥ 864


    Use of allopurinol in slowing the progression of renal disease through its ability to lower serum uric acid level. - PubMed - NCBI

    Am J Kidney Dis. 2006 Jan;47(1):51-9.
    Use of allopurinol in slowing the progression of renal disease through its ability to lower serum uric acid level.
    Siu YP1, Leung KT, Tong MK, Kwan TH.

    Author information
    1Division of Nephrology, Department of Medicine, Tuen Mun Hospital, Hong Kong, China.

    Abstract

    BACKGROUND:
    Hyperuricemia is associated strongly with the development of hypertension, renal disease, and progression. Allopurinol decreases serum uric acid levels by inhibiting the enzyme xanthine oxidase. We hypothesized that administrating allopurinol to decrease serum uric acid levels to the normal range in hyperuricemic patients with chronic kidney disease may be of benefit in decreasing blood pressure and slowing the rate of renal disease progression in these patients.

    METHODS:
    We conducted a prospective, randomized, controlled trial of 54 hyperuricemic patients with chronic kidney disease. Patients were randomly assigned to treatment with allopurinol, 100 to 300 mg/d, or to continue the usual therapy for 12 months. Clinical, hematologic, and biochemical parameters were measured at baseline and 3, 6, and 12 months of treatment. We define our study end points as: (1) stable kidney function with less than 40% increase in serum creatinine level, (2) impaired renal function with creatinine level increase greater than 40% of baseline value, (3) initiation of dialysis therapy, and (4) death.

    RESULTS:
    One patient in the treatment group dropped out because of skin allergy to allopurinol. Serum uric acid levels were significantly decreased in subjects treated with allopurinol, from 9.75 +/- 1.18 mg/dL (0.58 +/- 0.07 mmol/L) to 5.88 +/- 1.01 mg/dL (0.35 +/- 0.06 mmol/L; P < 0.001). There were no significant differences in systolic or diastolic blood pressure at the end of the study comparing the 2 groups. There was a trend toward a lower serum creatinine level in the treatment group compared with controls after 12 months of therapy, although it did not reach statistical significance (P = 0.08). Overall, 4 of 25 patients (16%) in the allopurinol group reached the combined end points of significant deterioration in renal function and dialysis dependence compared with 12 of 26 patients (46.1%) in the control group (P = 0.015).

    CONCLUSION:
    Allopurinol therapy significantly decreases serum uric acid levels in hyperuricemic patients with mild to moderate chronic kidney disease. Its use is safe and helps preserve kidney function during 12 months of therapy compared with controls. Results of this study need to be confirmed with an additional prospective trial involving a larger cohort of patients to determine the long-term efficacy of allopurinol therapy and in specific chronic kidney disease subpopulations.
    PMID: 16377385 [PubMed - indexed for MEDLINE]



    香港の屯門病院で行われた研究調査、とのこと。
    屯門病院 - 基本情報 - Google+
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1253-f62111a4

    FC2Ad