ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    年金という名の共同幻想

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 年金という名の共同幻想 あとで読む
    結論から言えば、日本人は年金をあてにしない人生設計を検討する必要がある。
    年金保険料を支払うことは、ドブ川にお金を捨てているようなもんだ。

    「記録の誤り大量発生」=社保庁職員からも情報提供-年金問題検証委

    記録の誤りが大量に発生していたことを認めるなど、このうち10件は、社会保険庁の職員やOBによる情報だった。


    社保庁、年金漏れ後始末に巨費…新システム導入に疑問の声

    社保庁は現在も、年金記録のコンピューターシステムをリース契約し、その経費として年間約1000億円を支出している。


    社保庁「極秘ファイル」の威力

    「グリーンピアなどムダな福祉施設の建設を陳情していた国会議員や秘書の名前がズラリと並んでいました」
    ムダな福祉施設の乱立により、回収不能となった年金保険料は総額1兆円以上に上る。歴代の自民党政権が社保庁とツルみ、湯水のように浪費した結果だ。



    ■国家レベルの詐欺
    年金問題とは結局のところ、国をあげての詐欺事件であった。
    「オレだよ、オレオレ。社会保険庁だよ。年金払ってねheart02

    年金

    日本の年金制度は…原則として、20歳以上60歳未満の日本に居住するすべての国民は、国民年金(基礎年金)に強制加入し、資格期間が25年以上ある人が65歳になった時に老齢基礎年金が支給される。


    共同幻想

    共同幻想(きょうどうげんそう)とは、複数の人間で共有される幻想である。
    国家・法律・企業・組合がこれに当たる。



    ・社会保険庁は金の支払いをしない対象を5000万件も持っていた。
    ・毎年1000億円のシステム運用費を使わないと、次年度の予算が取れない!?
    ・記録修正のための名寄せシステムも、何十億円という規模の予算らしい。(ボッタクリSIerは笑いが止まらんな)
    ・年金保険料を投資に回して、1兆円以上が回収不能になったと。

    かき集めた年金保険料で福祉事業を興し、天下りする。私腹をこやす仕組みが出来ている。
    いや~、日本人から金を騙し取るなんて、本当ちょろいもんすね。
    まさに3S政策にまみれた日本ならではの、愚衆政治の真骨頂。

    ■下を見ればキリがない
    人は必ず死ぬ。これは、誰にでも分かること。
    だから、いつ死んでも構わないような心構えで日々を過ごすべきだ。

    生きている間に人間が味わう苦しみなんて、高が知れている。
    毎日屠殺されている家畜動物の死の苦しみ、痛みに比べれば、人間はよっぽど自由で幸せだ。
    たとえ貧乏でも、殺されるわけじゃなきゃ構わない。
    それくらい、楽勝だろ?
    金がないぐらいでガタガタ言っているようでは、器の小ささが知れる。
    年金なんてクソ食らえだ。

    ■自助努力
    考えようによっては、気休めのための安心料だと思えば、年金保険料は安いものだろうか?
    (年金が受け取れないものだと分かれば、ガッカリするだろうけど)

    無政府主義者ではないにしても、政府のサービスがなくても困らないようにしておきたい。老後の生活費が心配なら、自分で資産運用すれば良い。
    なぜ、年金なんか頼りにするんだ?
    年金なんかあてにしなければいい。

    社会保険庁に金を渡すくらいなら、優秀なヘッジファンドに増やしてもらった方がよっぽどましじゃないのか?
    暇なら勉強して、BNF(ジェイコム男)のように自分で資産運用すればいい。

    ■日本の借金
    年金を払わないといけないという人は、「他人に依存しなさい、甘えなさい、そして騙されなさい」と言っているのと等しい。
    それでも、借金まみれの政府に、金を払いたくて仕方がない人もいるのだろう。選択肢が少ない哀れな人たちだ。

    日本の借金時計
    全国都道府県の借金時計

    今さら驚いたりしない。人間のやることなんて、所詮こんなもんだろ?

    「記録の誤り大量発生」=社保庁職員からも情報提供-年金問題検証委

    8月6日21時31分配信 時事通信

     総務省の年金記録問題検証委員会(座長・松尾邦弘前検事総長)は6日、記録漏れ問題に関する情報を国民から募集したところ、今月3日までに124件の情報提供があったと発表した。このうち、検証委の作業に役立つ事務処理に関するものは29件。記録の誤りが大量に発生していたことを認めるなど、このうち10件は、社会保険庁の職員やOBによる情報だった。
     具体的には、「かつては年金記録の不整合、記録の誤り、読み取りが困難な記録が大量に発生していた」(元職員)、「年金請求時に複数の年金記録を基礎年金番号に統合する手続きで、本人の申し出た情報と社保庁が保有する記録が完全に一致しなければ統合を認めなかった職員もいた」(現職員)などの指摘があったという。



    社保庁、年金漏れ後始末に巨費…新システム導入に疑問の声

    8月9日3時6分配信 読売新聞

     年金記録漏れ問題で、社会保険庁が該当者不明で宙に浮いた年金記録約5000万件を分析するため、新たなコンピューターシステムの導入に向け準備を進めていることがわかった。

     社保庁は現在も、年金記録のコンピューターシステムをリース契約し、その経費として年間約1000億円を支出している。今回、記録漏れの後始末のために新システムを導入すると、さらに億単位の支出が必要となり、社保庁の業務を監視する総務省の「年金業務・社会保険庁監視等委員会」の委員からも疑問視する声が出ている。

     安倍首相は今年2月、社保庁に記録漏れの実態調査を指示。政府・与党は7月5日、来年3月までに、5000万件の内容を解明し、年金の受給者や加入者の記録と突き合わせて統合すると発表した。



    社保庁「極秘ファイル」の威力

    8月9日10時1分配信 日刊ゲンダイ

     月内にも召集される秋の臨時国会で、再び“年金爆弾”が炸裂しそうだ。すでに、小沢・民主党は国政調査権の発動を視野に、強力な隠し玉を用意。安倍「死に体」内閣は防戦一方である。

     民主党は、野党が過半数を握った参院で「年金保険料流用禁止法案」を提出する方針を固めた。その審議の過程で、安倍政権と社保庁がひた隠しにしてきた「極秘ファイル」を白日の下にさらそうというのだ。
    「実は、先の国会の閉会間際に“ミスター年金”の長妻昭衆院議員が、東京・品川にある社保庁の無人倉庫で、怪しいファイルを発見したのです。その中には、グリーンピアなどムダな福祉施設の建設を陳情していた国会議員や秘書の名前がズラリと並んでいました」(民主党関係者)
     この資料の提出を民主党は求めたが、社保庁はかたくなに拒否した。だが、野党が参院の多数を取った以上、もはや隠蔽は許されない。
    「参院で国政調査権の発動を決議すれば、強制力を持って社保庁にファイルを提出させることができます。これまで与党が抵抗すれば発動できなかったが、与野党が逆転したこれからは、それが可能になるのです」(民主党議員)
     ムダな福祉施設の乱立により、回収不能となった年金保険料は総額1兆円以上に上る。歴代の自民党政権が社保庁とツルみ、湯水のように浪費した結果だ。極秘ファイル公開で、利権に群がり年金を食い物にしてきた議員があぶり出されたら、自民党が大パニックに陥るのは間違いない。
    「ほかにも、社保庁は重要データを隠している。まず、年金相談の集計です。本人にも社保庁にも納付の証拠が見つからず、調査を終えた記録は3月末までに2万件。それ以降は公表されず、どれだけ増えたか不明です。国民年金保険料の納付率も更新されないまま。2月時点の納付率は65.5%で、07年度の目標値80%に届かないのは確実。都合の悪いデータを出し渋っているとしか思えません」(政界関係者)
     こうしたデータも、今後は野党の追及でバンバン暴露される。安倍の退陣は時間の問題だ。


    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/124-34facde1

    FC2Ad