ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    仕事の生産性

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 仕事の生産性 あとで読む
    仕事をどれくらいやれるかは、人によって違う。
    自分で動かせる現象の大きさは、人によって違う。

    現象を大きく動かす、仕事をたくさんこなすにはどうしたらいいのだろうか?

    プログラマの生産性の上げ方

    どうやったら生産性は高くなるんだろう。
    自分の生産性の低さを認識し、それを高めようと意識して考えて行動することに尽きるか。



    謙虚
    まず謙虚でなければならない。
    謙虚とは「(自分に)あるものはある、ないものはない」と素直に認めることである。
    プライドが高いと、自分にないものをないと認められない。
    卑屈だと、自分にあるものをあると受け入れられない。
    プライドと卑屈さは、どちらも謙虚な態度とは言えないのだ。
    卑屈さはプライドの裏返しなので、卑屈な人というのは往々にして、実はプライドが高いのだ。

    仕事の生産性を上げたいのなら、まずは「自分の生産性の低さ」をシッカリと認識する必要がある。
    プライドが邪魔をして、自分の能力の低さを受け入れられないのなら、仕事の成果を数値化するなどして、客観視すればいいだろう。
    本当に成長したいのなら、ちっぽけなプライドは邪魔なだけだ。何の役にも立たない。
    目の前にグラフでも貼っとけばいいだろう。

    改善
    カイゼンといえばトヨタ。
    トヨタが結果を出している要因として、業務改善を挙げざるを得ない。
    人というものは、もし満足してしまったら、そこで成長が止まってしまう
    もうそれ以上のものを求めようとしなくなる。
    「まだまだ足りない」と思うことで、向上心を培うことができる。

    (1) 今の自分を知る。(証知)
    (2) 欠点をストップする。(捨断)
    (3) 新しい自分を創り上げる。(現証)
    (4) これを繰り返す。(修習)

    そういえば、PDCAサイクルも繰り返しなんだな。

    トヨタ式「改善」の進め方―最強の現場をつくり上げる! トヨタ式「改善」の進め方―最強の現場をつくり上げる!
    若松 義人 (2007/05)
    PHP研究所
    この商品の詳細を見る
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/123-742c9de8

    FC2Ad