ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    HaskellのコンパイルとGHCiの対話式環境の終了方法

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - HaskellのコンパイルとGHCiの対話式環境の終了方法 あとで読む
    関数型言語の使い方を理解するために、Haskellの学習を始めた。
    教科書として、「すごいHaskellたのしく学ぼう!」という本を読んでいる。

    すごいHaskellたのしく学ぼう!
    Miran Lipovača
    オーム社
    2012-05-23
    ¥ 3,024



    ●HaskellのコードをGHCiでコンパイルする方法
    すごいHaskell本の5ページに、Haskellのコンパイル方法が紹介されていた。

    自分のWindowsパソコンでは、以下のように操作してみた。

    (1) Cドライブに「haskell」というフォルダを作る。
    (2) 「haskell」フォルダ内に、「baby.hs」というファイルを作る。
    (3) 「baby.hs」に「doubleMe x = x + x」と書く。
    (4) Windowsのコマンドプロンプトを起動する。
    (5) カレントディレクトリの位置を「haskell」フォルダに移動する。(cd /haskell)
    (6) 「ghci」と入力する。
    (7) GHCiが起動したら、「:l baby」と入力する。(:l は :load の省略形
    (8) 「doubleMe 9」と入力する。
    (9) 「18」と表示されたらOK
    これで、Haskellスクリプトファイルのコンパイルができることを確認した。

    (参考)
    GHCiを使って学ぶ (はじめて編) - YAMAGUCHI::weblog

    :l は :load の省略形
    GHCiではコマンド名の頭文字が一意になっているので、省略形としてコマンド名の最初の1文字を使うことができます。




    ●HaskellのGHCiを終了する方法
    Haskellのコードを書いて、GHCiでコンパイルした後、
    対話式環境(*Main>というコマンドプロンプト)を終了する(抜け出る)場合、
    ・「:quit」と入力する
    または、
    ・「Ctrl」+「D」を入力する
    これでWindowsのコマンドプロンプトに戻った。

    (参考)
    GHCによるHaskellの3つの実行方法とHello World - Cutting-Edge Programming

    対話式環境から抜けるときは、:quitコマンド、もしくはCtrl-Dを押します。

    Prelude> :quit
    Leaving GHCi.



    長いコードは、いったんスクリプトファイルに記述してから、コンパイルした方がいいな。
    (書き損じ等を直しやすい。)
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1216-93e80e31

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。