ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    芸術と病院の融合~庭園療法(ガーデンセラピー)

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 芸術と病院の融合~庭園療法(ガーデンセラピー) あとで読む
    芸術には、人の心を動かす力があります。

    病院と芸術を融合させ、患者を癒している人々がいました。

    病院の壁画

    yoiart | 病院にアートを置くということ

    【セミナーと展示】医療とアート | SwedenAbroad

    Art in Hospital スウェーデンを旅して
    山本 容子
    講談社
    2013-09-28
    ¥ 1,944


    Keiko Anagrius - Works

    Yvonne+k Health Garden 庭園療法

    この庭園療法はアート・イン・ホスピタルの精神に基づいています。
    創立者であるスウェーデン作業療法士、イヴォンヌ・ウエスタベリーは
    スウェーデン厚生省が最も認める庭園療法士でもあります。
    自然は人生の価値あるものを呼び戻す力を持ち、
    人が季節のリズムに従うことを簡単にし、
    日常のリズムを作り出すことをも教えてくれます。
    人間に与えられた五感を楽しみながら、自然の中で豊かな感性を取り戻し、
    支えることを提唱しています。
    私は日本人初めての弟子としてこの療法を日本人の環境に合わせながら受け継いでまいります。

    ◯自分を 思いやりとやさしさの中で気づくこと
    ◯自身の自信と信念を作ること
    ◯人との、自然とのコミュニケーションを知ること
    ◯心と体のバランスを取り戻すこと
    ◯人間の自己治癒力を活性化すること
    ◯やさしい時間を取り戻すこと・・・・・・・・・・・自然との関わりの中で。



    PLEASURE GARDEN & LIVING プレジャーガー デン株式会社/庭園療法アートインプレジャー

    庭園療法とは。
    スウェーデンでは古くから病院は森の自然環境に建てることを義務ずけられ外環境を重視してきました。1900年代に入ると病院は最新医療システムを組み入れて都心部へと移り、『緑』は忘れ去られて行きました。しかし、1900年後半には多くの研究者が人間の肉体的、精神的健康のための『自然』と『アート』の価値を再び見直されるようになりました。
    アナグリウスケイ子氏は、スウェーデン厚生省が推奨する庭園療法士イヴォンヌ・ウエスタベリー女史の弟子として日本の風土と感情を併せ、独自のアート療法を加味した庭園療法を実践しています。「庭」という小さな自然の中で個人の持つ感性に寄添いながら心身のバランスを取り戻す治癒力が作られます。

    アナグリウスケイ子氏
    スウェーデンへ留学、テキスタイルデザイン・織物・染色などを学び帰国後フリーデザイナーとしてTV,ラジオ、婦人雑誌、新聞、広告、舞台衣装、インテリア等を手がける。
    1994年よりUNESCOプロジェクト・世界10年『Arts in Hospital』の会員に登録し、スウェーデンチームの援助のもとベルリン、オスロ、ウィーン、フランス、スウェーデン各国際会議に出席。千葉県鴨川市・亀田総合病院にて日本で初めてのアート・イン・ホスピタルプロジェクトを導入すると共にこの基本的考えに基づき独自の空間環境アートを各施設で行っている。



    アート・イン・ホスピタル(第1回)-舞山芽生え館

    アート・イン・ホスピタルとは、文化やアートが医療の道具の一つとなることを目的として国連UNESCOが立ち上げたプロジェクトで、ヨーロッパでは国のプロジェクトとして展開されている。スウェーデンでは病院建設時に建築費の何%かをアートに取り入れる法律があり、それはアートを活用し患者に心休まる病院環境を提供する意味がある。



    病院という空間が、パラダイスに変わるとき、アートは有用だと言えるのでしょう。

    病院のみならず、アートを必要とする空間が、他にもまだまだあるのではないでしょうか?

    地球を、彩り豊かな人生の舞台に変えるため、アートとテクノロジーを融合させてみたいです。

    病院のアート―医療現場の再生と未来 (アートミーツケア叢書)

    アートミーツケア学会
    2014-07
    ¥ 2,160

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1206-9749bb86

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。