ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    参考書を雑誌だと思ってパラパラ見る勉強法

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 参考書を雑誌だと思ってパラパラ見る勉強法 あとで読む
    芸能人のGACKT(ガクト)さんが、フランスで人種差別を受けた、というニュースがありました。

    GACKT パリで人種差別に遭い対抗 まさか自分が… (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

    しかしフランス語をしゃべれるGACKTは笑顔で「なんでだ?分かり易いように説明してくれ」と要求した。



    「フランス語を話せる」という部分がスゴイ!と思いました。

    どうやって、フランス語をマスターしたのか?調べたら、語学の勉強法が紹介されていました。(メモ)

    GACKT流語学勉強法〜日本語、英語、中国語(北京語)、韓国語、フランス語を喋る男〜 | 英語ができない人のための通信講座

    「参考書を雑誌だと思って見る」



    東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法
    山口真由
    PHP研究所
    2014-07-02
    ¥ 1,404


    GACKT流語学勉強法〜日本語、英語、中国語(北京語)、韓国語、フランス語を喋る男〜 | 英語ができない人のための通信講座

    GACKTのモチベーショントーク

    「GACKTさんが嫌いなこと苦手なことをする時、どのようにやる気を出していますか?」そんな質問に対するGACKTさんのコメントです。
    「基本的に僕は不器用。
    でも、”できているGACKT”をイメージをするのがとても得意。
    そして現状からそのイメージにどんどん近づいていくように努力する。
    ちょっとでもできるようになると、「あ、できるかも」って思えるから勝手に好きになる。
    最初から自分はできないなんて思わない。
    自分のことを自分で否定することはしない。」
    これとんでもなく素晴らしい発言ですよ。
    成功のイメージを最初に作って、あとはそこに向かうだけというスタイル。
    これができる人は本当に結果を出していきます。
    成功者の重要なマインドセットですね。



    ・ナルシストの強み=ポジティブ思考で、自分を美化したイメージを形成できる。
    ・自分ならできる、という思い込みで行動すれば、結果は後からついてくる。

    GACKT流語学勉強法1

    GACKTさんが操れる語学は日本語、英語、北京語、韓国語、フランス語です。
    さてそのGACKTさんの勉強法なのですが、GACKTさんは基本的に語学の勉強は机の上ではやらないそうです。
    学校で行うような必死に勉強するというスタイルを取らないのです。
    その理由は机にかじりついて勉強をやっていると眠くなるから。
    参考書を前にすれば眠くなるから。
    これとても共感できますね。
    では何が眠くならないか?
    そう考えた時に出てきた答えが雑誌らしいです。
    雑誌は見ていても眠くならない。
    そこでGACKTさんは語学を勉強する時に、まず参考書を買ってはくるが、雑誌を読むようにしてパラパラ捲って勉強するらしいです。
    ここから、肝です。
    参考書を雑誌だと思って見る」です。
    以下でさらに詳しく書きます。



    ・勉強には、眠くならない工夫が必要。
    ・机の上でやる勉強は、眠くなるのでNG
    ・雑誌を読むときは、眠くならないのでOK
    ・だから、雑誌を読むように、適当に参考書をパラパラめくって眺めるだけでOK

    GACKT流語学勉強法2

    「1ページ目から力んでじっくり覚えていこうとすると、いつまでたっても2ページ目に進まない。」
    GACKTさんはそういいます。
    そして参考書に比べて雑誌は読みたいところだけ読む。
    基本的に飛ばす。
    そういう読み方を参考書で行うそうです。
    そして机の上に置いておいて、気が向いた時にまた見る。
    それを何度か繰り返していると、数回見たページは覚えてしまう。
    「あ、このページ読んだことあるな」と。
    GACKT流語学勉強法は雑誌のように参考書を何度もパラパラと読む、でした。
    ここでもお得意のイメージ力が発揮されています。
    イメージがすんなりできる人はIQが高い証拠です。



    ・最初から力んでじっくり覚えていこうとすると、いつまでたっても次に進まない。

    確かに、そうだわ!

    ・力まずに、緩くやる。
    ・緩くして、薄くなった分は、回数でカバーすればOK

    記憶量(成果)=集中力(密度)×時間(回数)
    という式が成立していると仮定。
    →回数を上げれば、1回1回の勉強の密度は下げてもOK、ということになるなー。

    GACKTの名言

    ・記録より記憶で残す方を僕は選ぶよ



    ノート書くのは面倒くさい、だから暗記で頑張る、ってことかな?

    まとめ

    自分の語学を身につけた姿をイメージして、そのイメージに向かっていくというやり方がGACKTさんをマルチリンガル足らしめる要因です。



    それで、フランス語をしゃべれるってわけなのかな?

    GACKT パリで人種差別に遭い対抗 まさか自分が… (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

    デイリースポーツ 3月31日(火)12時53分配信

     ミュージシャンのGACKTがパリのホテルで露骨な人種差別に遭い、そのいきさつを30日配信のブログマガジンに記した。

     GACKTはイタリアへの途次パリに立ち寄り、29日の夜は空港近くのホテルで1泊した。

     そして朝、1人で朝食を取ろうとホテル内のビュッフェに入った。

     他に誰も客はおらず、入口近くの眺めのいい席に腰を下ろすと、店員に奥の席へ行くよう告げられた。

     「外の景色が見たかったボクからしたら 入り口の景色が見える席が良かったな…とは思ったんだけれどな」

     仕方なく席を移ると、後から来た白人客が、GACKTがさっきまで座っていた席に着いたが、店員は何も言わなかった。

     そこまではGACKTもただ不思議に思っただけだった。やがてアジア人客がまた入り口近くの席に座ろうとしてGACKTの近くの席を指示され、次に中国人の団体客がやはり同じ目に遭った。

     奥の席はアジア系の客で埋まり、さらに入って来たアジア人は白人客の近くが空いているにもかかわらず入店を断られた。

     そこまで観察して、GACKTも「あははははははは。わかるか、これ?ものすごく分かり易い差別だよ」と確信した。

     「まさか、自分がこんな風にあからさまに差別を受けるとは思っても見なかったから大ウケだよ」とあきれて笑ってしまうGACKT。ただ、そのままで引き下がりはしない。

     いったんビュッフェを出たGACKTは2分後に再入店、今度は入り口近くの席に座った。

     店員が飛んできて「向こうに座れ」と“アジア人席”を指差した。しかしフランス語をしゃべれるGACKTは笑顔で「なんでだ?分かり易いように説明してくれ」と要求した。

     店員が口の中で何かモゴモゴつぶやいたので「大きい声で、わかりやすく言ってくれ」と再び説明を求めた。店員はあきらめて去っていった。

     GACKTは感情的になったわけではない。「ムカついたら何か変わるわけじゃないだろ?ムカついて文句言って何もしないのは、愚の骨頂だよ。だったら、笑ってサラッと行動した方が意味があると思わないか?」と、あくまで冷静に振る舞った。

     そして、マナーの悪い中国人団体客もいることを指摘、ホテルの方針について「誰がマナーがまもれて、誰がマナーがなってないなんて、瞬時にわかるわけがない」から肌の色で“区別”したのだろうと思い浮かべた。

     その上で「最近の日本人もマナーのないヤツが多いだろ?国の問題じゃない」と、この体験を単に差別問題として片付けはしなかった。

     パリでは今年2月、地下鉄に乗ろうとした黒人男性がチェルシーの白人サポーターたちに乗車を妨げられ、その様子が報じられて世界的なニュースとなった。



    GACKT - Wikipedia

    GACKT(がくと、1973年7月4日 - )及び神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。
    沖縄県出身。
    旧芸名:Gackt(読み同じ)。
    ちなみに彼のファンは「LOVERS」と呼称される。



    【もう真っ黒】Gacktの金と欲とこれまでとこれから《脱税、暴行、隠し子、マレーシアに逃亡・・・》 - NAVER まとめ

    「GACKTさんに6時間暴行され…」被害女性の衝撃告発( GACKT) - 女性自身[光文社女性週刊誌]

    脱税、暴行…「火のない所に煙は立たない」とも言いますから、
    いろいろとヤバイこともあるのでしょう。。。

    まあ、それでも、ナルシストで自分勝手な人が、楽して語学を習得しよう!って発想は参考になるかな?

    外国語がペラペラになれる方法があれば、それはそれでOK。
    (是々非々)

    英語は英語で考えないと話せません
    ダン 上野
    創英社/三省堂書店
    2014-09-19
    ¥ 1,512

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1194-44be6f1a

    FC2Ad