ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    JavaScript イディオム集

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - JavaScript イディオム集 あとで読む
    「JavaScript イディオム集」という記事がありました。(メモ)

    JavaScript イディオム集 » nmi.jp

    ・(function(){ … })(); // スコープ化

    ;(function() {
    var x = "hello world";
    console.log(x);
    })();

    一番最初のセミコロンは無くても大丈夫です。
    しかし、自分の知らないところでライブラリ等でファイル結合された場合、直前のファイルの最後にセミコロンが抜けていると構文エラーになってしまうので、念の為にセミコロンをつけた方が良いかもしれません。



    へー、行頭に「;」(セミコロン)を前置する記法があるのかー。

    配列とかで、「,」(コンマ)を前置する記法があるみたいに、区切りを明確にしておけば、エンバグ防止に役立つかもね!

    ・!! (論理化)

    var b = !!v;

    vの値をbooleanに変換するイディオムです。
    例えば空文字列、ゼロ、NaN、undefined、nullなどをfalseにし、それ以外をtrueにします。

    実際は、true/falseを明確にしなければいけない状況はあまりないとは思うのですが、他言語からの移植などのライブラリなどでは散見されます。



    そういや、prototype.jsのソースコードを読んでいて、「!!」という記法がありました。
    否定を意味する「!」を2重にすることで、否定の否定=肯定、つまり真偽値が「TRUE」であることを意味しています。
    なんで、こんな書き方をするのかなー?と初見では、意味が分かりませんでしたが、
    型変換(キャスト)で、データの型をboolean(真偽値)に変換していたのですね?

    JavaScriptみたいに、動的な型付けの言語の場合、真偽値へ型変換したいとき、簡潔に「!!」と書けばOKと。

    こういう、細かいTips、コツも、JavaScriptを書く上で、参考になりますね!

    プロになるためのJavaScript入門 ~node.js、Backbone.js、HTML5、jQuery-Mobile (Software Design plus)
    河村 嘉之 / 川尻 剛
    技術評論社
    2012-12-07
    ¥ 3,218

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1179-9c10242e

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。