ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    PHPに代わるWebプログラミング言語

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - PHPに代わるWebプログラミング言語 あとで読む
    Webサイト、Webアプリを作ることに特化したプログラミング言語には、何かあるだろうか?

    ・PHP
    ・JavaScript
    この2つを上回る、明らかな利便性を備えたプログラミング言語は、あるのだろうか?

    ●論点、選定基準
    ・そのプログラミング言語を使わなければならない必然性は、何か?
    ・目的と手段は、合致しているか?

    Perl、Python、PHP、Rubyについて - Qiita

    テキスト処理最強のスクリプト言語 - Perl 登場 -
    シェルスクリプトの不満を解決するために誕生したのがPerlであった。シェルやsed、awkの機能を内包し、テキスト処理に必要な各関数に加え、強力な正規表現が実装されていた。
    CGI用に作られた言語ではないため、CGIを実装するには多くのprint文が入るなど冗長な表現が多くなる。



    Perlは、シェルやawkを補完する目的があった。
    正規表現が強力だが、今やPerlの専売特許ではない。

    Python、PHP、Rubyと比べて、Perlにしかできないことがなければ、Perlを選ぶ必然性はない。
    今までPerlを使ってきたノウハウや資産があるなら、Perlを使い続ければ良い。
    今や、Perlを新たに使う理由はなくなった。(正確には、Perl5)

    誰でも同じコードになればいいという発想 - Python 登場 -
    インデントをブロックにするという他の言語にはあまり見られないスタイルを用いることもあり、読みやすさは群を抜いている。



    Pythonの特徴は、一言で言えば「インデント」(字下げ)
    可読性が高くなる、という点以外には、メリットがない。

    Perl、PHP、Rubyと比べて、Pythonにしかできないことがなければ、Pythonを選ぶ必然性はない。
    Pythonの開発者は、人種差別的な傾向があり、英米人中心指向だったため、日本等マルチバイト文字文化圏への対応がお粗末だった。
    おかげで、日本じゃ不人気。今さら、Pythonを使おう!なんて遅いわなw
    Google App EngineがPython3に対応してから、出直して来い!ってかんじ?
    まあ、Linuxのシステム管理ツールがPythonで作られてるとか、世界的に見ればPythonは広く浸透しているから、PHPの代替としては、第1候補だよね?
    Pythonで大規模なシステムを作ったら、スケールしないから、将来はゴミになるけどね?w

    Pythonは、使い捨ての小さいツールを作り、でも後でメンテも必要、という可能性があるときだけ使えば良いかも?

    Webに特化すればいいという発想 - PHP 登場 -
    コードでHTMLを作るのでは無く、HTMLの中にコードを埋め込めば、冗長なprint文も不要になるという発想で作られたのがPHPである。
    ちょっとしたWeb動的ページを作るには最適な言語になった。



    そうなんよ。
    PHPは学習コストが低くて、バカでもすぐ使えるところが最大のメリット。
    バカな俺でも使えてるから、誰でも使えんだろ?(笑)
    FacebookがPHPをバリバリチューンナップしてくれてるから、PHPのシステムは、将来スケールさせることも可能。
    PHP7が出たら、ますます便利になる。

    Perl、Python、Rubyは、PHPよりも簡単に使えるようにすれば普及するよ。
    まあ、個人的にはイスラエル(=サイコパス)が開発しているPHPを使うことは、屈辱的だと思うけど。
    自分の利益になるなら、イスラエルも糞もないけどね?(割り切り)

    純粋なオブジェクト指向言語が使いたいという願望 - Ruby 登場 -
    はじめから純粋なオブジェクト指向言語として設計して作られたのがRubyである。



    Rubyを使う必然性は、ほぼイコールでRuby on Railsを使うことだろう。
    で、Railsの必然性は、スキャフォールディング=アプリの雛形を一発で自動生成する機能。
    でも、今やRailsの真似が蔓延していて、スキャフォールディングは、Railsの専売特許じゃないし。
    最初は楽できてるように思えても、実はテスト地獄に陥って、生産性はそんなに高くない。
    →DHH自身がそう言ってるのだから、そうなんだろう。
    今さら、Railsに飛び付いてる連中は、周回遅れでやってきた奴らだな。

    Perlと同じ理由で、今までRailsを使ってきたノウハウや資産があるなら、Railsを使い続ければ良い。
    Ruby縛りで開発しなければならず、フレームワークが必要なら、RailsじゃなくてSinatraとかもありでしょ?

    JavaScript - Webとの統合を夢見て -
    最後に、ここにきて、JavaScriptがただのWeb用言語を越えて使われるようになってきている。サーバサイドのnode.jsという存在もあり、Perlとそこから派生していったPython、PHP、Rubyの牙城を将来崩すかもしれない。しかし、JavaScript自体の言語仕様が駄目すぎて、そのままでは使い物にならない。Alt JSといわれるJavaScriptへコンパイルする言語や次のECMAScript6がどのように発展していくのか、そして、それらはかつてのPerlを越えるのか?未来はまだ未確定のままである。



    PHPの代替候補は、
    1位: JavaScript (正確には、Alt JS) → TypeScriptとか?
    2位: Python
    あたりかなー?

    3位: Ruby → Rails抜きでも、再考の余地あり。
    Pythonのインデントが馴染まないなら、RubyでOK?

    テスト地獄(TDD)を避けたいなら、関数型言語も視野に入れないといけないような気がします。
    HaxeがOcamlで作られてるから、実用性や機能の豊富さで、Ocamlとか?
    ScalaとかJavaは、冗長かな?

    (おわり)

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1175-b15542a5

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。