ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    易怒性とセロトニン

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 易怒性とセロトニン あとで読む
    普段は普通なのに、突然怒り出す人がいます。
    周りは、ビックリして「えっ?なんで?」となり、訳が分からないでしょう。

    人の感情表現には、脳の状態が反映されている場合があります。
    突然怒り出す人の脳は、どのような状態になっているのでしょうか?

    易怒性 - Google検索

    易怒性とは - 日本語表現辞典 Weblio辞書

    些細なことですぐに怒りを露わにする性質を意味する語。
    認知症などの精神障害や、セロトニン症候群などの症状の一つとされる。
    易刺激性と同義とされることもある。



    セロトニン症候群 - Wikipedia

    セロトニン症候群とは抗うつ薬類を服用中に脳内セロトニン濃度が過剰になることによって起きる副作用である。
    特に薬の飲み始めや服用量が増え始めた頃に後述の症状がみられる場合にはセロトニン症候群を疑う必要があり、その場合速やかに医師か薬剤師に連絡をするか、連絡が付かない場合は服用中の薬やおくすり手帳を持参し救急医療機関を受診することが望ましい。



    セロトニンの過不足によって、うつ病や易怒になっている場合があるようです。
    ・セロトニン不足 → うつ (ロー・テンション=谷)
    ・セロトニン過剰 → 易怒 (ハイ・テンション=山)


    易怒の要因は、いろいろあるのでしょうが、過剰なセロトニンが原因になっていた場合、セロトニンの代謝、体内における生産量の調整がうまくできれば、易怒は改善されるかもしれませんね?

    ウンコで健康になる方法(便微生物移植) - 浜村拓夫の世界

    脳で使われているセロトニンという物質は、その前駆体である5HTP(5-ヒドロキシトリプトファン)が、腸で作られているそうです。

    セロトニンはいまでも腸のなかに90%ぐらいありますが、脳にはたった2%しかありません。
    その2%のセロトニンが少なくなると、鬱病になるわけです。




    ●想定されるシナリオ
    (A) 「腸内細菌叢」(腸内フローラ)が減り、セロトニンの生産量が減る。
    (B) セロトニンが減って、うつ病になる。
    (C) セロトニンの補充のために、「うつ病の薬」を飲む。
    (D) セロトニンが増えすぎた場合、躁転して、易怒になる。

    セロトニンの不足を改善するためには、
    ・短期的、即効性=上記のステップ(C)=薬で改善を図るのではなく、
    ・長期的、遅効性=上記のステップ(A)=腸内細菌叢の改善を図る、
    という対処が必要なのではないでしょうか?

    日本人は、便利な生活に慣れているから、何でもかんでも、すぐに結果が得られる、インスタントに慣れ過ぎているんでしょうね?

    ・即効性=お湯をかけたら3分で食べられるカップラーメン
    ・遅効性=何時間もかけてスープを煮込んだり、小麦粉から麺を作ったり、手間暇かけた作ったラーメン
    みたいな違いかなー?

    セロトニンの補充も、インスタントな(C)薬で補充じゃなくて、時間がかかっても(A)整腸作用のある食事を摂る等の体質改善に努めるべきでしょう。


    ●易怒のリスク
    多怒/怒りっぽい/易努性/興奮しやすい/怒りやすい

    怒りっぽい=「易怒性」=「多怒」
    「興奮しやすい」。→「セロトニン症候群」
    (副作用で怒りっぽくなる医薬品)「PL顆粒」「グルコバイ」

    リスク
    ●怒りが心臓病リスクを高める
    米ジョンズホプキンズ大学のグループは、感情が高ぶったときに分泌されるアドレナリンなどの神経伝達物質が心臓疾患のかかりやすさに関連していることを裏付けた。
    神経伝達物質の働きで血管が収縮し、心臓が血液を送り出す負担が増すためだとみている。
    学生1055人を対象に、イライラしやすいかどうかなどを尋ね、32~48年間にわたって健康状態を追跡調査した。怒りっぽいとされた人は50代までに心筋梗塞や冠状動脈疾患になる率が感情が平静な人より約3倍高かった。米医学協会誌に発表した。



    心臓病をチェックしてみよう|厚生労働省     

    オオカミ  心臓病になりやすい性格のヤツがいるって、聞いたことあるけど、ホントか?
       
    博士  よく知ってるね。狭心症や心筋梗塞を起こしやすい人には一定のタイプがあるといわれて、そのタイプをA型人間とかA行動とか呼んでいるんだよ。
       
    アライグマ  A型人間って、血液型のA型のこと?
       
    博士  ときどき誤解する人がいるけど、血液型のA型とはちがうんだよ。
    仕事熱心、負けず嫌い、せっかち、支配欲や成功への欲求が強い、気性が激しく、思いどおりにならないとイライラする、自信家などがA型人間の特徴なんだ。



    A型行動の特徴である易怒性は、心臓病を招く、危険因子になるでしょう。


    ●投薬による易怒の管理
    【2670】7年間安定していた統合失調症の妻が、薬をやめて4カ月で大変な状態になってしまいました | Dr林のこころと脳の相談室

    林: 長年安定していて、しかし断薬をした後にこのように激しい再発があった以上、今後は薬を飲み続けなければいけないと考えるべきです。

    また断薬した場合、断薬の途中に禁断症状や再発のように見える陽性症状などがあってもそれを乗り越えれば、安定した状態になるのでしょうか?

    なりません。



    物事には順番というものがあります。
    セロトニンを補充する薬に依存している人は、断薬する前に、腸内のセロトニン生産量を正常値に戻しておく必要があるでしょう。
    腸内のセロトニン生産量が低下したままで、断薬すれば、セロトニン不足になり、症状が再発するのは当然でしょう。

    セロトニンの代謝異常による易怒性は、意外な盲点として、腸の調子をチェックしてみる必要もあるのではないでしょうか?

    まあ、易怒性の原因は、セロトニンの量と関係ない事例もあるでしょう。
    とにかく、他人に迷惑をかけさえしなければ、何でもいいです。

    クスリに殺されない47の心得 体のチカラがよみがえる近藤流「断薬」のススメ
    近藤誠
    アスコム
    2015-01-24
    ¥ 1,188


    火病 - Wikipedia

    火病(かびょう、ひびょう、ファッピョン、朝: 화병)もしくは鬱火病(うっかびょう、うつひびょう、ウラッピョン、朝: 울화병)は文化依存症候群(文化結合症候群)のうち、朝鮮民族特有の精神疾患と指摘されている病気である。

    概説
    火病または鬱火病は、怒りの抑制を繰り返すことで、ストレス性障害を起こす精神疾患を指す。ヒステリーと類似した症状を発症する。 現行の『精神障害の診断と統計マニュアルⅤ』には記載がない。

    アメリカ精神医学会は、火病を「朝鮮民族特有の文化依存症候群の一つ」として扱い、『精神障害の診断と統計マニュアルⅣ』の付録である、文化に結びついた症候群に記載が見られる。

    火病は症候として、疲労、不眠、パニック、切迫した死への恐怖、不快感、食欲不振、消化不良、動悸、呼吸困難、全身の疼痛、心窩部に塊がある感覚などを呈する[5]。英語では「anger syndrome」(憤怒症候群)と訳され、原因は怒りの抑制によるとされている。

    引っ込み思案で弱気な40代以上の女性の間で多く見られ、原因としては家族間での諍いなどの個人や家庭に起因するもの、貧困や苦労などの社会経済的な問題に起因するものなどがあり、それらを解決しようにもうまくいかないことによる諦め、怒り、悲しみなどが挙げられる。

    メディアでの使用例
    日本語のインターネット掲示板、特に2ちゃんねる上では、一種の癇癪(かんしゃく)やヒステリーを表すスラング的な意味合いとして「火病」が使われている。
    議論で反論に窮した場合などに冷静さを失って感情的になるという意味や、韓国人や朝鮮人を揶揄する目的で使われる事が多い。
    ファビョンや、動詞化してファビる、ファビョる、ファビョってるとも言われる。


    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1171-56b6ef8b

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。