ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    CentOSにNode.jsをインストールする方法

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - CentOSにNode.jsをインストールする方法 あとで読む
    Node.jsを使う必要が出てきた。

    とりあえず、テスト環境(CentOS 6.5)に、Node.jsをインストールしてみよう。


    ●Node.jsのインストール
    CentOS 7 に Node.js をインストールする - Qiita

    RPMから
    公式には配布されていないので、EPELリポジトリからインストールします。

    $ sudo yum install epel-release
    $ sudo yum install nodejs

    $ node -v
    v0.10.32



    数分でインストールが完了した。早っ!!!

    実践Node.js プログラミング (Programmer's SELECTION)
    Mike Cantelon / Marc Harter / T.J. Holowaychuk / Nathan Rajlich
    翔泳社
    2014-06-10
    ¥ 3,888



    ●Node.jsの動作確認

    MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門(2):いまさら聞けないNode.jsの基礎知識とnpm、Gulpのインストール (1/2) - @IT

    REPLでNode.jsの動作確認
    インストールできたのでNode.jsの簡単な動作確認をしてみます。
    コンソールでnodeコマンドを入力すると、REPL(Read eval print loop:対話的実行環境)が起動します。
    これを使用すれば対話的にJavaScriptコードを記述して、その都度結果を確認することが可能になります。

    % node //REPL起動
    >
     変数を定義してみましょう。

    > var message = "hello";
    undefined
     変数を入力すればそのまま評価できます。

    > message
    'hello'



    Node.jsのコンソール画面で、「hello」を表示できた。

    これで、サーバーサイドで、JavaScriptを実行する環境が用意できた。
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1167-53edb943

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。