ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    誉めることの大切さ

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 誉めることの大切さ あとで読む
    人を育てるとき、良い面を伸ばすことと悪い面を直すことのどちらが大切でしょうか?
    どちらも大切でしょうが、良い面を伸ばすことなくして、人に成長・進歩はありえないのではないでしょうか?

    挫折を知らない人達 : 誉めて誉めて、そして誉める

    誉める社会とは
    誉められるというのは、自分のやった事、考えている事が「認められた。」わけですから、自信を持ちます。
    つまり、生まれてから誉められっぱなしですから、アメリカ人は自信の固まりです。


    みんなと一緒のレベルになったから誉められる、という考え方が全くありませんから、誉められる対象が個人間で違います。
    これは絶対評価を意味します。
    相対評価ではなく、絶対評価の教育社会、そして個人がみんな何らかの大きな自信を持っている社会。



    人を叱る前に、誉めることを考えるべきだと思います。

    どちらがイイか?
    結論から言うとやはり誉める方がいいような気がします。
    自分の場合を考えても、誉められた時は本当に気持ちの良いものだし、やる気がグングン出てくるものです。

    そう、この自信こそか大切で、これに知恵と知識が備わると非常に強い人、社会が出来上がると思います。
    失敗をしても、知恵と知識を駆使して一度やり直す。
    やり直す時も自信を持って。

    アメリカの強さの秘密はいろいろとありますが、その一つは誉める教育、誉める社会にあるのかも知れません。



    相手を誉めることができない人は、人を動かすこともできないと思います。

    「ほめる」技術 「ほめる」技術
    鈴木 義幸 (2002/06/24)
    日本実業出版社
    この商品の詳細を見る


    田中角栄の超人材育成術 田中角栄の超人材育成術
    小林 吉弥 (2001/08)
    講談社
    この商品の詳細を見る

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/115-fbd89fe5

    FC2Ad