ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    アメリカ新世紀プロジェクト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - アメリカ新世紀プロジェクト あとで読む
    アメリカには、「ネオコン」という考え方の人々がいるそうです。

    新保守主義 (アメリカ合衆国) - Wikipedia

    アメリカ合衆国における新保守主義(Neoconservatism(ネオコンサバティズム) in the United States, 略称:ネオコン)は、保守派の政治イデオロギーの1つで、米国においては1970年代から独自の発展をして、共和党政権時のタカ派外交政策姿勢等に非常に大きな影響を与えた。



    ネオコンとイスラエルの関係
    ネオコンを支えているのは共和党の親イスラエル(シオニズム)政策を支持するアメリカ国内在住のユダヤ(イスラエル)・ロビーである。
    アメリカのユダヤ系市民はアメリカの総人口3億人に対して600万人に満たないが、その内富裕層の割合が多くアメリカの国防・安全保障政策に深く関わっている。
    歴史的に数多くの差別を受けてきた経緯からかつてはリベラル派の民主党支持者が多かったが、民主党のビル・クリントン政権が進めた中東政策に対する不満から、共和党に鞍替えしている有権者が多い。
    共和党の掲げる中東の民主化政策が結果的にはイスラエルを利することになるからである。
    また、同時にイスラエルの右派政党リクード党も共和党と利害が一致しているため手を結ぶことが多い。
    このような経緯から、2001年に登場した共和党ジョージ・W・ブッシュ政権には数多くのネオコンが参入しており、同時多発テロ以降の強硬政策を推し進めた。



    ネオコンは、「アメリカ新世紀プロジェクト」という計画を立てているそうです。

    アメリカ新世紀プロジェクト - Wikipedia

    アメリカ新世紀プロジェクト(Project for the New American Century、「新しいアメリカの世紀プロジェクト」、PNAC)は、アメリカの保守系シンクタンクで、1997年に設立された非営利的教育組織である。
    PNACはアメリカの国際的指導力を促進することを目標としており、ワシントンD.C.のアメリカン・エンタープライズ公共政策研究所(w:American Enterprise Institute)と同じ建物に事務所を置いている。
    PNACは20世紀をアメリカ世紀となぞらえることにあやかって21世紀を「新アメリカ世紀」と謳っており、防衛再建計画ではサイバースペースや宇宙のような情報空間や物理空間をアメリカがコントロールすることを主張して「完全支配」と呼ばれるフル・スペクトラム・ドミナンスの確立を目指した。
    これはジョージ・W・ブッシュ政権でのミサイル防衛構想に基づく宇宙および地球規模攻撃機能構成部隊や空軍サイバー軍団、トランスフォーメーション局などの設置に繋がる。



    基本提案
    PNAC自身は以下の基本提案に専心すると宣言している。
    ・アメリカが地球規模での責任を遂行するための軍備、軍事支出の増強
    ・民主主義諸国と同盟を結び、価値観や利益を共有しない政権との対峙
    ・国外での政治的、経済的自由の大義の強化
    ・国際秩序の維持拡張のためにもアメリカのみが勝ち得た唯一無比の役割を果たす



    フランス革命フリーメイソン)の3つの理念
    (1) 「自由」
    (2) 「平等」
    (3) 「博愛」(友愛)
    のうち、
    (1) 「自由」の実験を担当しているのが、アメリカです。
    (2) 「平等」の実験は、ソビエトが担当していましたが、共産主義の欠陥(いくら働いても同じ給料なら、人間は怠惰になり、生産性が落ちる)が露呈して、失敗しました。
    (3) 「博愛」の実験は、EUが担当しており、今後の成果を期待したいところです。

    人類を統治する手段(方法論)には、
    ・知恵
    ・力
    ・愛
    の3要素があり、
    ユダヤ人の中でも、シオニスト(選民思想の実践者、イスラエルの建国者)は、力によって実現されると考えているのでしょう。
    ユダヤ人の中でも、非シオニストは、力ではなく、知恵や愛によって、イスラエルとは違う形でコスモポリタニズムが実現されると考えているのでしょう。
    これは、彼らの「言っていること」ではなく、実際に「やっていること」を見れば、自明です。

    ロバート・ケーガン - Wikipedia

    ロバート・ケーガン(Robert Kagan、1958年9月26日 - )は、アメリカ合衆国の歴史家、政治史家、政治評論家。
    ネオコンの代表的論者。
    ブルッキングス研究所上席フェロー、ジョージタウン大学招聘教授(専攻は歴史学)。
    専門分野はアメリカ近代政治史、特にアメリカの安全保障問題と外交政策に関する研究。
    父はイェール大学名誉教授で古代ギリシア史研究者のドナルド・ケーガン。
    妻は外交官のビクトリア・ヌーランド。
    1997年にアメリカ新世紀プロジェクトの共同発起人となる。

    論調
    2002年に『ポリシー・レビュー』誌に発表した論文「力と弱さ」の中で、冷戦後の世界において軍事力を重視するアメリカ人と、それをほとんど考慮しようとしないヨーロッパ人の世界観が「火星人と金星人」ほど異なってしまっていると論じ、もはやアメリカはヨーロッパに何事も期待していないと米欧関係の変化を結論したことで、政治的にも大きな議論を巻き起こし、ネオコンの論客として一躍脚光を浴びることとなった。



    ビクトリア・ヌーランド - Wikipedia

    ビクトリア・ヌーランド(Victoria Nuland、1961年 - )は、アメリカの外交官。
    夫は歴史家でブルッキングズ研究所上席フェローのロバート・ケーガンで、子供が二人いる。
    父方の祖父はロシアから移民したユダヤ人である。

    人物
    2014年2月、ジェフ・パイアット駐ウクライナ大使との通話内容がYoutubeに投稿された。
    そこでは2013年末からのウクライナの政情不安についての議論がなされ、ウクライナの今後の体制はアルセニー・ヤツェニュク政権の発足が望ましいものとされ、ビタリ・クリチコやオレグ・チャグニボクの排除が合意された。
    その場でヌーランドは国連によるウクライナへの介入を支持し、ヌーランドの意にそぐわないEUを「fuck EU(EUなんか、くそくらえ)」と侮蔑する発言をした。
    これによりウクライナやロシアから、アメリカのウクライナに対する内政介入を批判する声が上がっている。
    米国務省のサキ報道官はこの会話内容が本物であることを認め、2月6日にヌーランドはEU側に謝罪したと発表した。
    また、2013年12月には、ウクライナを巡る会議において「米国は、ソ連崩壊時からウクライナの民主主義支援のため50億ドルを投資した。」と発言している。



    中東において、イスラエルの番犬の役目を与えられているアメリカは、
    アメリカ国民の意向を無視して、イスラエルの利益のために、働かされています。

    全世界反ユダヤ主義監視法 - Wikipedia

    全世界反ユダヤ主義監視法は、2004年10月に成立したアメリカ合衆国の法律。
    正式名称はThe Global Anti-Semitism Review Act of 2004 (Public Law 108-332, 118 Stat. 1282) 。
    国務省の担当部局が全世界の反ユダヤ主義を調査し、連邦議会に毎年報告することを義務づけている。



    サイモン・ウィーゼンタール・センター - Wikipedia

    サイモン・ウィーゼンタール・センター(英:Simon Wiesenthal Center、略称SWC)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州のロサンゼルスにある寛容博物館(英語版)を運営する組織。
    同センターはホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の記録保存や反ユダヤ主義の監視を行い、国際的影響力を持つ。
    米ロサンゼルスに本部を置き、エルサレム・ニューヨーク・トロント・マイアミ・シカゴ・パリ・ブエノスアイレスなどで事務所を運営。
    民間の寄付で運営される非政府組織で、2012年は2億6000万ドルの寄付を受けた。



    日本人は、いつまでシオニスト・ユダヤ人たちの資金源として、搾取されなければならないのでしょうか?

    思いやり予算 - Wikipedia

    思いやり予算とは、防衛省予算に計上されている「在日米軍駐留経費負担」の通称である。
    在日米軍の駐留経費における日本側の負担のうち、日米地位協定及び、在日米軍駐留経費負担特別協定を根拠に支出されている。



    これだけ、ネオコン(アメリカ)やシオニスト(イスラエル)に献金しているというのに、
    日本国民に対して、感謝状の一つも送って来ないとは、図々しい連中ですな~(笑)

    http://www.informationclearinghouse.info/article37599.htm

    Victoria Nuland Admits: US Has Invested $5 Billion In The Development of Ukrainian, "Democratic Institutions"



    日本政府の特別会計の予算の一部が、アメリカに献金として渡り、さらにアメリカ経由でウクライナに投資されていたと。
    日本人が納付している税金も、少しは世界の和平プロセスに役立っているのでしょうか?(そんな訳ないw)

    TPPで、さらなる献金が期待される日本(金蔓)。
    もう少し、日本人にばら撒く比率をアップして欲しいところですね?(涙)

    米国はどこで道を誤ったか―資本主義の魂を取り戻すための戦い
    ジョン・C. ボーグル
    東洋経済新報社
    2008-03
    ¥ 2,592
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1145-4621a661

    FC2Ad