ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    CentOS7の変更点

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - CentOS7の変更点 あとで読む
    CentOS7は、大きな変更点がいくつかあるようです。(検索結果をメモ)

    慣れればOKなんだろうけど、面倒くさいですね?
    まあ、無料だから文句あるなら、自分で作れよっていう話で。><

    さくらのVPS 新プラン(v4) メモリ1G、SSD 30Gに乗り換えました | riatw.me

    CentOS 6→CentOS 7に変更
    ・serviceコマンド廃止 → systemctl
    ・iptables → firewalled
    ・chkconfig廃止 → systemctl
    ・MySQL → MariaDBに変更



    iptablesの廃止が痛いかな~?
    蓄積していたノウハウが使えなくなっちゃうね!
    iptablesの設定方法 - 浜村拓夫の世界

    新しい「firewalld」の使い方を勉強せにゃならん。


    ●systemd
    CentOS7では、システムの制御で「init」の代わりに「systemd」という仕組みが導入されたそうです。
    これに伴って、従来あった「service」というコマンドは「systemctl」というコマンドに置き換わります。

    RHEL 7 に採用される systemctl コマンド - /dev/null blog

    init の代替を目指し Fedora 15 に採用されたのが systemd です。
    systemd を採用することで、より速く、効率が良いブート処理を実現しています。
    ユーザーにとっても大きな変化があります。

    ・chkconfig / service コマンドの廃止
    ・runlevel がなくなり、新たにターゲットの概念を採用
    ・サービス制御のために systemctl コマンドの採用



    systemdで使われるsystemctlコマンドは以下のような記法(文法)らしいです。

    まずはサービスの起動と停止です。
    # CentOS 6.4
    service httpd (start|stop)
    # Fedora 19
    systemctl (start|stop) httpd.service

    次は自動起動の設定と解除です。
    # CentOS 6.4
    chkconfig httpd (on|off)
    # Fedora 19
    systemctl (enable|disable) httpd.service

    サービスの制御と自動起動の設定がひとつのコマンドに集約されました。
    httpd.service というこれまで見かけなかったオプションが出てきました。
    これは設定ファイルのシンボリックリンクで、実体は /usr/lib/systemd/system/ にあります。
    中を見てみると init のようなシェルスクリプトではなく、シンプルな設定ファイルであることが分かります。



    へー、コマンドにオプションが付けられて、その実体は設定ファイルなんだと。

    Life with open mind: Systemdコマンド早見表(CentOS 7対応)

    CentOS 7ではsystemdが導入されているので、サービスの管理が従来と大きく変わっています。
    「前のコマンドはsystemdでどう入力するの?」というのだけ、簡単にまとめてみました。



    操作SysV InitSystemd
    起動/etc/init.d/sshd startsystemctl start sshd
    終了/etc/init.d/sshd stopsystemctl stop sshd
    強制終了PID探してkill -9systemctl kill -s 9 sshd
    再起動/etc/init.d/sshd restartsystemctl restart sshd
    設定反映/etc/init.d/sshd reloadsystemctl reload sshd
    状態取得/etc/init.d/sshd statussystemctl status sshd
    自動起動を有効chkconfig sshd onsystemctl enable sshd
    自動起動を無効chkconfig sshd offsystemctl disable sshd
    自動起動の状態確認chkconfig --list sshdsystemctl is-enabled sshd(status でも表示される)
    サービス一覧の表示ls /etc/init.dsystemctl --type service


    こんなかんじで、一通り揃ってると。

    systemd解説のスライド
    Linux女子部 systemd徹底入門 from Etsuji Nakai


    CentOSも、今後どんどんバージョンアップを重ねていくだろうから、今のうちから新しい仕組みに慣れておくかー。

    はじめてのCentOS7 Linuxサーバ構築編 (TECHNICAL MASTER)
    デージーネット
    秀和システム
    2014-09-30
    ¥ 3,456

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1132-5c64dff0

    FC2Ad