ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    スポンサーサイト

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    接続元を隠蔽するWebブラウザー「Tor Browser」

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 接続元を隠蔽するWebブラウザー「Tor Browser」 あとで読む
    インターネットの接続経路を隠す技術「Tor」を組み込んだWebブラウザーがありました。

    Tor Browser


    Tor
    https://www.torproject.org/

    Tor Browser
    https://www.torproject.org/projects/torbrowser.html
    https://www.torproject.org/download/download-easy.html

    【レビュー】接続経路の匿名化を実現する技術“Tor”が組み込まれたWebブラウザー「Tor Browser」 - 窓の杜

    「Tor Browser」は、接続経路の匿名化を実現する技術“Tor”が組み込まれたWebブラウザー。
    Windows/Mac/Linuxに対応する寄付歓迎のフリーソフト
    “Tor”の開発元である“Tor Project”のWebサイトからダウンロードできる。

    「Tor Browser」は「Firefox」の延長サポート版「Firefox ESR」をベースに、“Tor”ネットワークを利用するための拡張機能や、「No Script」「HTTPS Everywhere」といったプライバシー保護保護に役立つ拡張機能が追加されている。
    USBメモリなどに入れて持ち運べるポータブルアプリになっているので、どこでも利用できるのがうれしい。
    なお、日本語版は提供されていないので、英語版などを利用する必要がある。



    Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
    浅井 智也 / 池田 譲治 / 小山田 昌史 / 五味渕 大賀 / 下田 洋志 / 寺田 真 / 松澤 太郎
    オライリージャパン
    2011-10-26
    ¥ 3,672

    どこからアクセスしているかを隠して匿名化できるブラウザ「Tor Browser」 - GIGAZINE

    インターネットにつながるあらゆる機器を識別するために割り振られるのがIPアドレスですが、これを匿名化することでユーザーがどこからアクセスしてきているのかを隠してしまうのが「Tor Browser」です。



    設定不要の匿名接続「Tor(トーア)」の簡単な使い方 - BTOパソコン.jp

    逆探知が不可能へと限りなく近くなるTorの使い方。
    今回使うTorは、正確にはTor Browserというウェブブラウザ形式となっており、基本はFirefoxでそれをTor仕様のオリジナルに改造されていると思われるソフトウェアを指しております。




    ●Torの欠点
    Torにも、欠点はあるようです。

    Torを破る方法~NSAのQuantum cookie攻撃? - 浜村拓夫の世界

    NSAのQuantum cookie攻撃。クッキーを利用してTorを破る必殺技。

     Guardianによれば、NSAは通信経路を隠蔽できるソフトウエア「Tor」をベースにしたネットワークを攻撃して、ユーザーに関する情報を入手しようとした。「Firefox」ブラウザーなどソフトウエアの脆弱性を突いて、Torユーザーのコンピュータを完全に制御する方法を開発したという。

     しかしNSAはTorシステムの根本的なセキュリティを破ることはできなかったようで、NSAの内部文書には「全Torユーザーの匿名性を解くことは不可能」との報告がある。「手動による分析で、ごくわずかなユーザーの匿名解除はできる」ものの、特定の要求に応じたユーザーの匿名解除には成功していない。なお、NSAが利用したFirefoxの脆弱性は2012年11月に修正されている。

     Torに対しては開発費の約60%を米政府が拠出し、主に米国務省と、NSAが属する米国防総省が出資した。



    所詮は人間が作る技術に完璧を求めるのは難しいのでしょう。
    Torもクラックする方法はありそうだから、過剰な期待は禁物です。

    USBメモリーに入れて使えるなら、Tor Browserは便利ですね。
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1113-87b01c54

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。