ようこそ!浜村拓夫の世界へ

    ブログ内検索

    最近の記事

    ブックマーク数の多い記事

    Blog Translation

    Powered By FC2ブログ

    Powered By FC2ブログ
    ブログやるならFC2ブログ


    FC2ブログ LOGIN

    with Ajax Amazon

    コンピューターで「意味」を扱う方法

    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - コンピューターで「意味」を扱う方法 あとで読む
    コンピューターで扱うデータは、0と1の塊であり、そのままでは意味や感情を扱いづらい。

    (1)データに属性を付与する。
    (2)属性に基づいて、意味を処理する。
    (3)意味に基づいて、感情を処理する。
    というようなステップを踏めば、意味や感情を処理することができるだろうか?

    ステップ(1)の属性は、どのようなフォーマット(書式)で記述すれば良いのだろうか?

    トピックマップは何故流行らないのでしょうか。 - Yahoo!知恵袋

    トピックマップは照会言語やスキーマ言語が完成していませんので、実用にはいま一歩という段階だと思います。



    トピックマップ入門 (セマンティック技術シリーズ)
    内藤 求
    東京電機大学出版局
    2006-12
    ¥ 3,564


    RDF/XML はもちろん、私個人としては RDFa さえ煩雑だと考えています。
    現実問題として構文的に「壊れた」HTML だらけのウェブで、ちゃんとした RDF グラフを抽出できるように RDFa 属性を埋め込ませるのは、今のウェブ制作者には無理だと思います。

    だから、Google、Yahoo!、Microsoft が、HTML5 派生の Microdata をベースにメタ情報を埋め込むための schema.org を立ち上げたわけで。
    HTML5 のひとつの側面として、ウェブ制作者に構文的な厳密さを求めることをあきらめ、その代わり要素の意味論を徹底的に強化することで、どんなに「壊れた」HTML からでも一定の意味を抽出できるようにした、というのがあると思います。
    Microdata の手軽さは、その延長線上にあります。

    メタデータ自身のフォーマットのみならず、メタデータをやり取りするための窓口・道順の整備も必要なわけで、まだまだ問題は山積みだと思います。



    セマンティックWeb プログラミング
    Toby Segaran / Colin Evans / Jamie Taylor
    オライリージャパン
    2010-06-26
    ¥ 3,456


    トピックマップ - Wikipedia

    トピックマップ(英: Topic Maps)は、情報のファインダビリティ(findability)に注目した、知識の表現と交換に関するISO標準。



    Resource Description Framework - Wikipedia

    Resource Description Framework (リソース・ディスクリプション・フレームワーク、RDF) とは、ウェブ上にある「リソース」を記述するための統一された枠組みであり、W3Cにより1999年2月に規格化されている。
    RDFは特にメタデータについて記述することを目的としており、セマンティック・ウェブを実現するための技術的な構成要素の1つとなっている。
    RDFの応用例にはRSS(RDF site summary)やFOAF(Friend of a Friend)などがある。
    また、RDFをXHTMLに埋め込む規格としてRDFa(英語版)がある。



    セマンティックWebとは - IT用語辞典 e-Words

    Webページおよびその中に記述された内容について、それが何を意味するかを表す情報(メタデータ)を一定の規則に従って付加することで、コンピュータが効率よく情報を収集・解釈できるようにする構想。
    インターネットを単なるデータの集合から知識のデータベースに進化させようという試みがセマンティックWebである。



    RDFa関連の3仕様が勧告に!その時Microdataは……? | HTML5Experts.jp

    RDFaのもろもろが勧告に至ったのに比べ、Microdataは未だにワーキングドラフト。
    仕様の成熟度で言うと、少しMicrodataに分が悪いか、というところ。
    その他のサービスによる対応状況ですが、GoogleもBingも、MicrodataとRDFaの双方をサポートしています。
    少なくとも、Microdataもここまで普及している以上、RDFa勢に押されてすぐに駆逐されるということはあり得ません。
    当面、安心して使えるテクノロジーと言ってよいのではないでしょうか。



    [構造化データ初級者向け] schema.orgとMicrodata、RDFaって何が違うの?

    schema.orgはボキャブラリー
    MicrodataやRDFaはシンタックス



    ・トピックマップ → ツールが揃ってない。不便?
    ・RDF → W3Cが押してる?
    ・Microdata → HTML Microdataとして仕切り直し?
    ・JSON-LD → 機械に優しい?

    リッチスニペットとは (Rich Snippets): - IT用語辞典バイナリ

    【英】Rich Snippets
    リッチスニペットとは、Web検索の検索結果ページ(SERP)に表示されるスニペットに、より多くの情報を表示させることができる拡張機能である。
    Googleが2009年に発表した。

    リッチスニペットでは、Webページの本文中から抜粋された通常のスニペットに加えて、製品やサービスの価格帯、ユーザー評価などの情報を表示させることができる。
    これによって、より効率的に探しているページを見つけることが期待できる。

    リッチスニペットを表示させるには、Webサイトの運営者側がメタデータを追加してGoogleに申請、GoogleのWebクローラによってクローリングされる必要がある。
    メタデータの記述形式としては、マイクロフォーマットやRDFaなどの標準形式に対応している。



    リッチ スニペットと構造化データについて - Google

    スニペットは、検索結果の下に表示される数行のテキストで、ユーザーがページの内容やクエリとの関連性を把握できるようにするためのものです。
    HTML マークアップをすべてのページに追加する代わりに、データ ハイライターを使用して Google でページのコンテンツが認識されるようにすることもできます。



    普及の度合いを無視すると、仕様として洗練されているフォーマットは、RDFa Liteだろうか?
    RDFを採用した後に、やっぱMicrodataに変換しなくちゃいけなくなったとか、面倒な手間は省きたい。

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/tb.php/1090-383ce153

    FC2Ad